92件中 11 - 20件表示
  • 喫茶店

    喫茶店から見た酒類

    喫茶店(きっさてん)は、「喫茶を提供する店」という意味で、主に店内でコーヒーや紅茶など、酒類を除く飲み物を飲ませたり、茶菓を提供する飲食店。茶房(さぼう)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た岐阜市

    また、市町村レベルの人口1万人あたりの店舗数では、大阪市が24.1軒で全国1位であり、以下、高知市、名古屋市、岐阜市の順となっている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た食品衛生法

    日本において喫茶店を営業するためには、食品衛生法第51条の規定に基づき、喫茶店営業としての建物や調理場、衛生設備を含む各施設の基準を満たした上で、都道府県知事の許可(同法第52条)を得る必要がある。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たインターネットカフェ

    歌声喫茶、ノーパン喫茶、カラオケ喫茶、メイド喫茶、執事喫茶、漫画喫茶、インターネット喫茶、猫喫茶、スポーツ喫茶(主に公営競技投票券のノミ行為を行う)、ポーカーゲーム喫茶、ゴーゴー喫茶等は「喫茶」という言葉を含んでいるものの、「喫茶」の前に冠しているサービスが主目的であるため、それぞれの独立項目で扱う。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たジャズ

    ジャズ喫茶 - 店内にジャズを流す喫茶店喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た総務省

    愛知県、岐阜県では、飲食店の内でも喫茶店の占める割合が高い。特にこの中京2県の場合、1999年の総務省統計局発表データによれば、全飲食店のうち喫茶店の占める割合が、全国平均は24.3%、東京都は17.7%、喫茶店の店舗数が全国1位の大阪府でも36.1%に対し、愛知県は41.5%、岐阜県は40.4%となっており、喫茶に対する支出も愛知県は全国平均の約2倍、岐阜県は約2.5倍となっている。当然ながら数が多い分だけ競争も激しく、それらの地域ではコーヒーを頼めば菓子やピーナッツがついてくるのが半ば常識化している。常連客が多い店ではレジの近くにコーヒーチケットを保管しておくポケットが壁に設置されている。また1960年頃から豊橋市、豊田市、一宮市などで「モーニングサービス」と称し、コーヒー1杯分の値段で、朝の開店時刻から10時ごろまで、トーストやゆで卵をつけるサービスもはじめられ、中京圏域に広まっている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た名古屋市

    また、市町村レベルの人口1万人あたりの店舗数では、大阪市が24.1軒で全国1位であり、以下、高知市、名古屋市、岐阜市の順となっている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たパフェ

    食品衛生法施行令が定める喫茶店営業では茶菓を提供できる。しかし、実際には、日本で喫茶店と言われる店には、ケーキ、ホットケーキ、パフェなどの菓子だけでなく、サンドイッチ、スパゲティなどの軽食、モーニングセット・ランチセットなどの独自のメニューがある場合も多く、都市部では、サラリーマン、学生等が朝食に利用する事が多い。また、昼食時(ランチ)限定で提供される店が多いカレーライスや定食類を求めて入る場合も多い。この様な店の場合、飲食店営業の許可を取った上で、主に飲み物や茶菓を提供している。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た

    日本語の「喫茶」とは、もともと鎌倉時代(源実朝の時代)に中国から伝わったを飲用し効用を嗜む習慣や作法をさす言葉である。しかし、現在では、茶に限らず、コーヒーなど、他の湯で成分を抽出する飲み物や、さらには各種果汁や清涼飲料水なども含めて、これらを飲むことや、飲みながら菓子を食べたり、談笑することも「お茶する」などといい、「喫茶」の概念に含めることが多い。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たアーケードゲーム

    1970年代 - スペースインベーダーの登場にはじまるアーケードゲームブームが興り、多くの喫茶店にテーブル筐体が設置された(ゲーム喫茶)。ゲームが子供の教育上よくないと思われたことにより、学校の校則に喫茶店への入店を制限するものが日本全国でみられた。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「カフェ」のニューストピックワード