92件中 31 - 40件表示
  • 喫茶店

    喫茶店から見た新聞

    また、店内に設置されていることが多い、新聞や雑誌を目当てに入る人もいる。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た日本茶

    また、本来の「茶」である日本茶や中国茶なども出される場合があるが、これらの提供が主となる場合は、喫茶店と呼ぶよりも「茶店」(ちゃみせ)、「茶屋」(ちゃや)、「茶館」(ちゃかん)などと、別の名で呼ばれる事が多い。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た都道府県知事

    日本において喫茶店を営業するためには、食品衛生法第51条の規定に基づき、喫茶店営業としての建物や調理場、衛生設備を含む各施設の基準を満たした上で、都道府県知事の許可(同法第52条)を得る必要がある。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た定食

    食品衛生法施行令が定める喫茶店営業では茶菓を提供できる。しかし、実際には、日本で喫茶店と言われる店には、ケーキ、ホットケーキ、パフェなどの菓子だけでなく、サンドイッチ、スパゲティなどの軽食、モーニングセット・ランチセットなどの独自のメニューがある場合も多く、都市部では、サラリーマン、学生等が朝食に利用する事が多い。また、昼食時(ランチ)限定で提供される店が多いカレーライスや定食類を求めて入る場合も多い。この様な店の場合、飲食店営業の許可を取った上で、主に飲み物や茶菓を提供している。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た喫煙

    喫茶という言葉は「茶を喫む(のむ)」という意味であり、喫煙とは関係がない。なお、「喫煙」とは「煙草(たばこ)を喫む」という行為を指す。多くの人々に喫煙の習慣があった時代に、喫茶店でコーヒーとともにタバコを一服する人が多かったこと、また「喫む」という動詞を使う機会が少ないことから、「喫煙+お茶」という意味に誤解されることがある。喫茶店における喫煙について、現在でも喫煙を前提とした店舗は存在するが、喫煙率の低下や健康増進法の施行などに伴い、多くの喫茶店で分煙や禁煙等の措置が進められている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た鎌倉時代

    日本語の「喫茶」とは、もともと鎌倉時代(源実朝の時代)に中国から伝わった茶を飲用し効用を嗜む習慣や作法をさす言葉である。しかし、現在では、茶に限らず、コーヒーなど、他の湯で成分を抽出する飲み物や、さらには各種果汁や清涼飲料水なども含めて、これらを飲むことや、飲みながら菓子を食べたり、談笑することも「お茶する」などといい、「喫茶」の概念に含めることが多い。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たパトライト

    愛知や岐阜などの飲食店ではパトライトを取り付けている事があり、これは競合他店より少しでも目立たせるためだと言われている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たジャズ喫茶

    1950年代後半 - 日本でジャズ喫茶(JAZZ喫茶)、歌声喫茶、名曲喫茶などが流行。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た公営競技

    歌声喫茶、ノーパン喫茶、カラオケ喫茶、メイド喫茶、執事喫茶、漫画喫茶、インターネット喫茶、猫喫茶、スポーツ喫茶(主に公営競技投票券のノミ行為を行う)、ポーカーゲーム喫茶、ゴーゴー喫茶等は「喫茶」という言葉を含んでいるものの、「喫茶」の前に冠しているサービスが主目的であるため、それぞれの独立項目で扱う。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た大阪府

    平成18年事業所・企業統計調査結果に基づく県別の喫茶店事業所数は、大阪府が全国1位(約12,000店)となっており、以下愛知県(約11,000店)、東京都(約8,000店)、兵庫県(約6,000店)と続く。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「カフェ」のニューストピックワード