1165件中 11 - 20件表示
  • コンピュータエンターテインメントレーティング機構

    コンピュータエンターテインメントレーティング機構から見たカプコンカプコン

    日本国外で開発されたゲームソフトをローカライズする際、ある程度表現を修正してからCEROの区分を受けて発売されることがある。事例としてはRockstar Gamesが発売し、日本ではカプコンによって発売されたグランド・セフト・オートシリーズ(IIIからバイスシティ・ストーリーズまで)は、CEROの倫理規定に基づきいくつかの機能の削除や仕様変更を行ってからローカライズされたが、それでもなお「18才以上のみ対象」に区分されている。コンピュータエンターテインメントレーティング機構 フレッシュアイペディアより)

  • saku sakuの出演者、登場キャラクター

    saku sakuの出演者、登場キャラクターから見たカプコンカプコン

    ゲームコーナーに広報担当として登場する女性。現在はカプコン所属。香川県出身。ゲームの広報を担当しながらもゲームが下手で、数々の「見本プレイ」をしてみせているがほとんど上手くいかず。マイクロソフト担当時代、Xbox 360が発売になった際は、何と自身で撮影・編集したVTRをsaku sakuに直接投稿するという荒業をみせた。このVTRがあまりにシュールで意味不明だったため、黒幕から「世界の監督・世界の豊田」と呼ばれるようになった。その後カプコンの広報に転職し、2006年5月19日にカプコン広報としての番組初登場。なお、マイクロソフト時代以前にはタイトーの広報を担当していた。saku sakuの出演者、登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 富野由悠季

    富野由悠季から見たカプコンカプコン

    プライベートでは基本的に無趣味だと語るが、夫婦で家庭用TVゲーム版『パズルボブル』などのパズルゲームをプレイして楽しんでいる様子をインタビューにおいて語っている。なお、ゲームに関しては自身の性格からして、のめり込んで身を滅ぼすだろうという想いから、触れないよう尋常ならざる努力をしてきたと語っている。『A,C,E2』の特典DVDでは、「ゲームは麻薬」「ゲームに携わる仕事をしている人間は嫌い」との発言をしているが、ゲーム技術の発展について理解も示しており、冗談で語っていたようである。また、台北のゲームショーへ赴くなどしており、積極的にゲーム関連のイベント(自身の関連した作品が出展されたからだろうが)に参加している。また、ガンダムのゲーム作品を代表する『ガンダム vs.シリーズ』ではゲームの企画にも関わっている。この時訪問したカプコンで出会ったのが『∀ガンダム』以降の盟友となる安田朗である。富野由悠季 フレッシュアイペディアより)

  • 対戦型格闘ゲーム

    対戦型格闘ゲームから見たカプコンカプコン

    1984年のテクノスジャパンの『空手道』、任天堂の『アーバンチャンピオン』、セガの『アッポー』、1985年のバンダイの『キン肉マン マッスルタッグマッチ』、コナミの『イー・アル・カンフー』、1987年のカプコンの『ストリートファイター』など、格闘技を題材とした作品は1980年代から存在した。対戦型格闘ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たカプコンカプコン

    『逆転裁判』(ぎゃくてんさいばん)は、カプコンの法廷バトルアドベンチャーゲーム及びシリーズ名。同作品に関連した漫画、小説、舞台などを指す。スピンオフ作品『逆転検事』シリーズについては、当該項目を参照。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • デビルメイクライシリーズ

    デビルメイクライシリーズから見たカプコンカプコン

    デビルメイクライシリーズ(Devil May Cry Series)は、カプコンが発売したアクションゲームのシリーズ。略称は「デビクラ」「DMC」「デビルメイ」「デビル」など。デビルメイクライシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • イクシオン サーガ DT

    イクシオン サーガ DTから見たカプコンカプコン

    『イクシオン サーガ DT』(イクシオン サーガ ディーティー、IXION SAGA Dimension Transfer)は、2012年10月より放送中のテレビアニメ。2013年3月14日に正式サービスを開始予定のカプコンのオンラインゲーム『イクシオン サーガ』を原作とするファンタジーアニメである。イクシオン サーガ DT フレッシュアイペディアより)

  • チョコバナナ (雑誌)

    チョコバナナ (雑誌)から見たカプコンカプコン

    あかねこかの書き下ろし原作「勇者伝説アギーレ!」を漫画化(8ページ)する。投稿作品は本来、増刊「CBヒーローズ」の目玉になる予定だった。10巻で原作を発表(コーナー名は「ストーリー漫画部門」)、13巻で応募作品発表と寸評。参加者の中には元カプコンの西尾仁志も。模範作品として、同じ原作で山本貴嗣が執筆。チョコバナナ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • ハテナ?の大冒険

    ハテナ?の大冒険から見たカプコンカプコン

    『ハテナ?の大冒険』(ハテナ?のだいぼうけん)は、カプコンが発売したクイズゲームである。もともとはアーケード用に製作されたゲームだが、後に異なる内容でゲームボーイ用ソフトが製作された。ハテナ?の大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • Stickam JAPAN!

    Stickam JAPAN!から見たカプコンカプコン

    カプコン - 『ロックマンメガミックス』復刊記念番組、ロックマン誕生22年バースディStickam JAPAN! フレッシュアイペディアより)

1165件中 11 - 20件表示

「カプコン」のニューストピックワード