1433件中 81 - 90件表示
  • 音楽ゲーム

    音楽ゲームから見たカプコンカプコン

    ソニー・コンピュータエンタテインメント(後のソニー・インタラクティブエンタテインメント)の『パラッパラッパー』、コナミ(後のコナミアミューズメント)のBEMANIシリーズ『ビートマニア』の大ヒット以降、さまざまなゲームが発売された。セガ(後のセガ・インタラクティブ)の子供向けカードゲーム『オシャレ魔女 ラブandベリー』や、カプコンとタカラトミー共同開発の『ワンタメ ミュージックチャンネル』などもこれに分類される。音楽ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 草薙京

    草薙京から見たカプコンカプコン

    カプコンとのクロスオーバー作品ではSNK側の主人公的存在で、リュウとライバル関係にあり、名実共にSNKの「顔」的存在。『餓狼伝説』シリーズのテリー・ボガードと並ぶ、SNKキャラクターの筆頭格である(テリーは『SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ』で、リュウと対比されている)。リュウのことを「強い」と評している。草薙京 フレッシュアイペディアより)

  • ときめきヒルズ高校白書

    ときめきヒルズ高校白書から見たカプコンカプコン

    第12話の最後のコマでノブ子が呟いている「かゆ…うま…」はカプコンのゲーム「バイオハザード」の飼育係の日誌から。ときめきヒルズ高校白書 フレッシュアイペディアより)

  • プラサカプコン

    プラサカプコンから見たカプコンカプコン

    プラサカプコン(PLAZA CAPCOM)は、カプコンがオペレーション事業として立ち上げ全国展開している、いわゆるアミューズメントパークのブランドである。「プラザカプコン」は誤り。プラサカプコン フレッシュアイペディアより)

  • 富野由悠季

    富野由悠季から見たカプコンカプコン

    1998年、『機動戦士ガンダム』誕生20周年記念作品として、『∀ガンダム』の原作・総監督・絵コンテ。井荻麟名義で作詞。「∀」は、数学や論理学などで「すべての〜」という意味で用いられる全称記号で、全てを包括して原点に返るという意味を込めて、タイトル「ターンエー」として用いられた。過去に作られた「ガンダム」と名の付くすべての作品を、全否定かつ全肯定する作品を目指したものである。キャラクターデザインにはカプコンの安田朗を、メカニックデザインはアメリカの工業デザイナー・シド・ミードを起用した。ミードがデザインした革新的なガンダムのデザイン(見た目と劇中の俗称から「ヒゲ」と呼称されることが多い)は放送前から意見が分かれたが、放送が始まると徐々に評価が高まり、2002年には劇場版2部作『∀ガンダム I 地球光/II 月光蝶』として公開された。劇場版は『∀ガンダム』テレビシリーズ全50話に新作カットを加え再編集した作品。「サイマル・ロードショー」方式という日替わりで1部・2部を上映する公開方法がとられた。43話の初代ガンダムでさえ映画は3部作だったが、50話の『∀ガンダム』を2部構成にまとめている上、∀には編集する上で省略しやすい戦闘シーンが少なく、ストーリーも複雑なので、非常に展開が早く、富野自身も、1stガンダムに比べて編集が困難と語る。なお、この作品のノベライズを福井晴敏と佐藤茂が個別に引き受けており、両小説ともに富野による初期構想案メモを元にしている。なお福井小説版においては、構成案メモから先の物語は福井晴敏独自の展開にすることを富野自身が了解している。安田朗のカプコンによる「ガンダムのゲーム作っていいですか?」という質問に「いいよ」と答えたのが、ガンダムゲームの代表作のひとつ『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』である。富野由悠季 フレッシュアイペディアより)

  • 土林誠

    土林誠から見たカプコンカプコン

    土林 誠(つちばやし まこと、1971年6月30日 - )は、日本のキャラクターデザイナー。元株式会社カプコン第4開発所属のデザイナー。現在はフリー。大阪府出身。男性。土林誠 フレッシュアイペディアより)

  • ミリオンセラー

    ミリオンセラーから見たカプコンカプコン

    日本における家庭用ゲームソフトのミリオンセラーは、1983年の『麻雀』(任天堂)を皮切りに毎年数作品が達成している。ミリオンセラーが最も多い年は1986年と2006年で14作品、ダブルミリオンが最も多い年は2006年と2009年で6作品である。また、1983年以降ダブルミリオンがない年は1991年のみである。最高のセールスを記録した作品は1985年発売の『スーパーマリオブラザーズ』(任天堂)で出荷本数は681万本、サードパーティー製では2010年発売の『モンスターハンター ポータブル 3rd』(カプコン)で出荷本数は480万本である。ミリオンセラー フレッシュアイペディアより)

  • ゴッド・オブ・ウォー

    ゴッド・オブ・ウォーから見たカプコンカプコン

    日本では2005年11月17日にカプコンから発売され、その後、カプコレ・BestPrice! と二度にわたって廉価版が発売された。BestPrice! 版には購入特典として『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』の体験版が店頭配布された。ゴッド・オブ・ウォー フレッシュアイペディアより)

  • ロックマンX (漫画)

    ロックマンX (漫画)から見たカプコンカプコン

    『ロックマンX』は岩本佳浩による漫画作品。カプコンのアクションゲームのロックマンXシリーズの内、『ロックマンX』から『ロックマンX4』までを原作とした漫画化作品で、1994年から1998年まで『コミックボンボン』で連載された。講談社では最後のロックマンの漫画作品であり、以後、カプコン側が講談社のロックマンシリーズの連載契約を解除し、21世紀(2001年)になってからは小学館との契約、ロックマンエグゼシリーズからは小学館刊の『月刊コロコロコミック』等に連載移籍した。ロックマンX (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ

    バイオハザード アンブレラ・クロニクルズから見たカプコンカプコン

    『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』(Resident Evil: The Umbrella Chronicles)は、カプコン・キャビア開発、カプコン発売のWii専用ゲームソフト。バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ フレッシュアイペディアより)

1433件中 81 - 90件表示

「カプコン」のニューストピックワード