115件中 61 - 70件表示
  • カプコン

    カプコンから見たGrand Theft Auto

    海外のゲームソフトの日本語版のパブリッシャーでもあり、かつては『Grand Theft Auto』 (Rockstar Games) 』『DiabloII』『WarCraftIII』『Dark age of Camelot』『ゴッド・オブ・ウォー』などについても日本でのパブリッシャ権限を有していた。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たプライズゲーム

    アーケードゲームでは自社開発のシステム基板『CPシステム (CAPCOM PLAY SYSTEM)』シリーズで多くの名作を残す。『CPシステムIII』以降は他社開発の基板(『NAOMI』など)へと転換していった。『ストリートファイターII』の大ブーム以降は対戦型格闘ゲームを多数制作・発売していたが、現在はこれらの業務用ビデオゲームからはほぼ手を引き、メダルゲーム機の開発・販売およびプライズゲームの販売を中心としている。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見た七星闘神ガイファード

    1996年にはテレビ特撮ドラマ『七星闘神ガイファード』を東宝と共同で製作。番組スポンサーとしても名を連ね、2年後の1998年にはゲームソフトも発売した。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たイギリス

    1989年8月 イギリス・ロンドンに英国駐在員事務所設置。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たヤンマーディーゼルサッカー部

    セレッソ大阪 - Jリーグ準会員となった1994年にヤンマーディーゼルサッカー部の法人・クラブチーム化に伴い主力スポンサーとして出資。1996年度で撤退カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たスペースインベーダー

    中でも1991年にアーケード用ゲームとしてリリースした対戦型格闘ゲーム『ストリートファイターII』では、アーケードゲーム業界において「スペースインベーダー以来」とも呼ばれる大ブームを巻き起こし、『ブロックくずし』より後に創業したアーケードビデオゲーム会社としては、唯一かつ最大の大手メーカーとなった。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たCAPCOM VS. SNK

    分野を問わず他社とのコラボレーションが多いのもカプコンの特徴であり、マーヴルヒーローとカプコンのキャラクターの競演を実現した『マーヴルVSカプコン』シリーズ、格闘ゲームの分野でカプコンと双璧をなしたSNKのキャラクターと自社キャラクターを競演させる『CAPCOM VS\. SNK』シリーズ、ナムコの各種ゲームのキャラクターと自社キャラクターが競演する『NAMCO x CAPCOM』(共同開発、ナムコより発売)など多数存在する。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見た日本プロサッカーリーグ

    かつてはサッカー・Jリーグのセレッソ大阪のユニフォームスポンサーも務めていた(1997年まで)。また、1990年代前半には、カプコンレーシングチームとして、F3000(今のフォーミュラニッポン)にも出場していた。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たNAOMI

    アーケードゲームでは自社開発のシステム基板『CPシステム (CAPCOM PLAY SYSTEM)』シリーズで多くの名作を残す。『CPシステムIII』以降は他社開発の基板(『NAOMI』など)へと転換していった。『ストリートファイターII』の大ブーム以降は対戦型格闘ゲームを多数制作・発売していたが、現在はこれらの業務用ビデオゲームからはほぼ手を引き、メダルゲーム機の開発・販売およびプライズゲームの販売を中心としている。カプコン フレッシュアイペディアより)

  • カプコン

    カプコンから見たアクションゲーム

    アクションゲーム・対戦型格闘ゲームの雄として『ストリートファイター』『魔界村』『ロックマンシリーズ』『ファイナルファイト』『機動戦士ガンダム vs.シリーズ』『デビルメイクライシリーズ』『鬼武者』『モンスターハンターシリーズ』『大神』『ビューティフルジョー』『ヴァンパイア』などの傑作を多数製作している。カプコン フレッシュアイペディアより)

115件中 61 - 70件表示

「カプコン」のニューストピックワード