前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
378件中 1 - 10件表示
  • 生ごみ

    生ごみから見たカラスカラス

    かつては屎尿とともに、堆肥に混ぜられたり、庭や空き地に埋められたりして処分されていた。放置すると悪臭が発生したり、ネズミ・ハエ・ゴキブリといった病原害虫・害獣の発生源、あるいは野良猫・野良犬・カラスなどの誘引源となるため、適切な回収と処理が求められる。生ごみ フレッシュアイペディアより)

  • ゴミ袋

    ゴミ袋から見たカラスカラス

    指定袋は透明ないし半透明であることが多く、これは分別収集の徹底、資源化可能物の混入防止、収集時の安全確保などを理由とする。その反面、プライバシーの保護に欠ける、あるいはネコやカラスにより荒らされるといった短所もある。2004年頃からはカラス対策として黄色いゴミ袋を使用する例も増えている(詳細についてはハシブトガラスを参照)。ゴミ袋 フレッシュアイペディアより)

  • 三足烏

    三足烏から見たカラスカラス

    三足烏(さんそくう、さんぞくう)は神話や絵画などに見られる三本の足を持ったカラスのこと。アジア、アナトリア半島、北アフリカなどに見られる。三足烏 フレッシュアイペディアより)

  • コルウス

    コルウスから見たカラスカラス

    コルウスまたはコルバス (corvus) とは、ローマ帝国海軍の兵器の一種で、ガレー船に備え付けられた渡し板、もしくは梯子である。「コルウス」はラテン語でカラスを意味し、そこから日本語訳ではカラスが使われることもある。カラスが餌を啄む姿に似ていることからこの名称が付けられた。コルウス フレッシュアイペディアより)

  • たびびと

    たびびとから見たカラスカラス

    世界中を旅する写真家三郎太と、1枚の写真を手掛かりに故郷を探す料理人みちる、そしてカラス(実は九官鳥)のクロの2人と1羽が世界中を渡り歩き、みちるの故郷(生まれた場所)を見つけるため旅をする物語。世界観は比較的現代に近いが、登場する地名や通貨などはほとんどが架空の物となっている他、仲間キャラにステータスが設定されているなど、RPGを意識した演出が随所に見られる。たびびと フレッシュアイペディアより)

  • 害鳥

    害鳥から見たカラスカラス

    鳥の糞により屋外を歩く人の衣服や干された洗濯物を汚損したり、金属(トタンなど)が腐食してしまったり、また、土壌が汚染されたりする。カラス(特にハシブトガラス)はゴミ捨て場の生ゴミを荒らすなどする。珍事例ではあるが、アメリカではスペースシャトルの断熱材をキツツキが穿孔したので、打ち上げができなくなった、といったことがあった。害鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター

    ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクターから見たカラスカラス

    一見大きめのカラスにしか見えないがれっきとした妖怪。人語を話す事もでき、事件の発生を鬼太郎たちに知らせるなど連絡係として活躍、戦闘では大勢のカラスを率いて集団戦術を行う。また武器の「封じフン」は鳥もちのように相手にへばりついて身動きを封じる。ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • カラス科

    カラス科から見たカラスカラス

    カラス(烏・鴉)と総称されるが、狭義には(明確な定義はないが)カラス属など数属をカラスと総称する。カラス科には他に、カケス類・オナガ類・サンジャク類・カササギ類などが含まれる。カラス科 フレッシュアイペディアより)

  • トビ

    トビから見たカラスカラス

    タカ科の中では比較的大型であり、全長は60?65cmほどで、カラスより一回り大きい。翼開長は150?160cmほどになる。体色は褐色と白のまだら模様で、眼の周囲が黒褐色になっている。地上や樹上にいるときは尾羽の中央部が三角形に切れ込んでいるが、飛んでいるときは尾羽の先端が真っ直ぐに揃う個体もいる。また、飛んでいる時は翼下面の先端近くに白い模様が見える。トビ フレッシュアイペディアより)

  • トリさん

    トリさんから見たカラスカラス

    トリさんは、松本零士作・原作の漫画・アニメに登場する架空の鳥。松本零士の新人時代の下宿生活の最中、近所で飼われ、人語を話す騒がしいオウムと、カラスがモデルになったといわれる。トリさん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
378件中 1 - 10件表示

「カラス」のニューストピックワード