497件中 91 - 100件表示
  • 社会生物学

    社会生物学から見たカラスカラス

    例えば、鳥の雛はピヨピヨと大声で鳴くことが知られている。これはキツネやカラスなどの外敵に自身の居る位置を教えてしまう事になりこの行動の説明は、今までの論理では困難であった。社会生物学 フレッシュアイペディアより)

  • CANON (漫画)

    CANON (漫画)から見たカラスカラス

    不治の病にかかりながらも健気に生きてきた少女氷室かのんの高校生活はある日突然終わりを迎えた。突然現れた吸血鬼によって級友39名が皆殺しにされ、彼女自身も「下僕(サーバント)」として人間としての意識を残したまま吸血鬼にされてしまったのである。それ以来、彼女は人間の生き血を求める吸血鬼の生存本能に抗いながらも、胸に十字架を掲げて吸血の風威とともに自分を吸血鬼に変えた者への復讐をするために旅を続けていた。CANON (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 黒猫エース

    黒猫エースから見たカラスカラス

    外伝では、幼い猫を守ってカラスと戦っていた際に銀と出会う。相変わらず人間嫌いだが、毒団子を食べてしまい動けなくなったところを銀の飼い主に助けられ、人間に対する意識をわずかながら改めた。黒猫エース フレッシュアイペディアより)

  • 都市鳥研究会

    都市鳥研究会から見たカラスカラス

    都心のカラスの3大ねぐら(明治神宮、国立科学博物館附属自然教育園、豊島岡墓地)におけるカラスの個体数調査(1985年から5年ごとに調査)都市鳥研究会 フレッシュアイペディアより)

  • みこみみみみこ〜妖魔討伐神子録〜

    みこみみみみこ〜妖魔討伐神子録〜から見たカラスカラス

    謎の人物で本名は元より性別、容姿も不明。呪詛避けなのか、徹底的に個人情報を秘匿したいらしく、人前に出る際は使い魔のカラスが喋る。みこみみみみこ〜妖魔討伐神子録〜 フレッシュアイペディアより)

  • カラスと水差し

    カラスと水差しから見たカラスカラス

    長い旅をしていたは喉がカラカラに渇いていた。そんな時、一つの水差しを見つけ、水が飲めると喜んで飛んで行った。その水差しには、ほんの少ししか水が入っておらず、どうしても嘴が水面には届かなかった。カラスは途方に暮れたものの、あらゆる手段を講じて水を飲もうとしたが、その努力もみな徒労に終わった。まだ諦めきれないカラスは、集められるだけの石を集めると、一つ一つ嘴で水差しの中へ落としていく。すると中の水はどんどん嵩を増して、ついに嘴のところまで届いた。こうしてカラスは喉を潤し、また旅に出るのだった。カラスと水差し フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯宮成

    佐伯宮成から見たカラスカラス

    承和元年(834年)左近衛将曹の官職にあった際、朝廷に対して白いを献上した。佐伯宮成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ふかし話

    日本ふかし話から見たカラスカラス

    主人公。「桃太郎の木」が枯れた時に実を落とし、川へ流れた末っ子であるが兄たちは実が落ちる前にカラスの餌食になったりおじいさんが桃を割るのに失敗して死屍累々を築いたりで結果的にただ1人、運良く生き残った。成長し、鬼退治の旅に出る決意をするがその理由は功名心から。常に幟を背負っており、幟には現在の自分の感情が文字(四字熟語であることが多い)となって表れる。想像力が相当に貧困。日本ふかし話 フレッシュアイペディアより)

  • 烏天狗

    烏天狗から見たカラスカラス

    烏天狗または鴉天狗(からすてんぐ)は、大天狗と同じく山伏装束で、のような嘴をした顔をしており、自在に飛翔することが可能だとされる伝説上の生物。小天狗、青天狗とも呼ばれる。烏と名前がついているが、猛禽類と似た羽毛に覆われているものが多い。烏天狗 フレッシュアイペディアより)

  • 持ち送り

    持ち送りから見たカラスカラス

    "corbel" という語は古フランス語で、ラテン語の corbellus(すなわち corvus(大ガラス)の小さいものを意味する)に由来し、くちばしのような見た目を表している。同様にフランス語では、室内の持ち送り構造を corbeau(カラス)と呼ぶ。cul-de-lampe(釣束飾り)はヴォールトを支持する一種の持ち送り構造だが、下に行くほど先細りになった持ち送り全般を指すこともある。なお、イタリア語では mensola、ドイツ語では Kragstein と呼ぶ。また、フランス語では古典建築の持ち送りを modillon と呼ぶのが一般的である。持ち送り フレッシュアイペディアより)

497件中 91 - 100件表示