378件中 11 - 20件表示
  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たカラスカラス

    『私の死亡記事』(文藝春秋 2004年)という本の中では、自分の死去はカラスを打ち落とそうとして、屋根から転落死(実際、自宅の庭に置いてある野鳥のエサを食べに来たカラスをゴム鉄砲で打ち落そうとしたが、石につまづいて大怪我をした事がある。その後、それが元で日本野鳥の会を除名された)。葬儀は音楽葬の形式で、また、読売ジャイアンツが2000年から2019年に亘って20連覇し、2018年には長嶋茂雄が世界最年長のプロ野球監督としてこの年新設された“ノーベルスポーツ賞”を初受賞する事が、最大の私への餞別だと記載している(ただし、この分野のノーベル賞は2010年現在、現実には存在しない)。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類

    鳥類から見たカラスカラス

    オオグンカンドリ、カモメ やトウゾクカモメなど一部の種は、寄生的略奪(kleptoparasitism)-- 他の鳥から食料になるものを奪いとること -- を行う。寄生的略奪による食料はいずれの種においても、食料の主要な部分と言うよりは、むしろ狩猟による収穫を補うものであると考えられている。オオグンカンドリについての研究によれば、かれらはアオツラカツオドリの食料から、多くてもその40%、平均ではたった5%しか奪っていないと見積もられている。他の鳥には腐肉食のものがある。中にはコンドルのように、屍肉に特化したものもあるし、また一方、カモメやカラス、あるいは他の猛禽類のような便宜主義者もある。鳥類 フレッシュアイペディアより)

  • かかし

    かかしから見たカラスカラス

    カラスなどは特にその能力が高いが、田畑を狙う側も当然ながら学習能力があり、動かない案山子は無害なものと認識されてしまう。そのため、風やその他の動力によって不規則な動作をするものも工夫された。田畑の上に糸を走らせ、そこに風車の類を通したり、銀色のテープを多数吊り下げることで、きらきらと光り鳥獣を威嚇する効果を出すものなどがある。かかし フレッシュアイペディアより)

  • ミオグロビン

    ミオグロビンから見たカラスカラス

    ミオグロビン(英:Myoglobin)は、筋肉中にあって酸素分子を代謝に必要な時まで貯蔵する色素タンパク質である。1本のポリペプチド鎖と1分子のヘムからなり、酸素分子を結合する。筋繊維中に広く見られ、球状タンパクで酸素を蓄える。クジラ、アザラシ、イルカなど水中に潜る哺乳類は大量の酸素を貯蔵しなければならないので、これらの筋肉には特に豊富に含まれている。カラスにも豊富とされる(「カラスの肉」を参照)。また一般に動物の筋肉が赤いのはこのタンパク質に由来する。ミオグロビン フレッシュアイペディアより)

  • 黒

    から見たカラスカラス

    黒はアジア人にとっては髪の色であり、美しい黒色、あるいは麗しい女性の黒髪を『カラスの濡れ羽色』『濡烏』という。この表現は男性には用いない。 フレッシュアイペディアより)

  • オウム目

    オウム目から見たカラスカラス

    インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているオウム目 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ大量死/記録文書

    エゾシカ大量死/記録文書から見たカラスカラス

    1879年(明治12年)4月18日号「根室では3月4日から6日にかけて続いた大雨が急速に氷結し、そのために放牧されていた馬が多数斃死したことを4月12日に報じたが、その詳細が伝わってきた。放牧されていた馬の斃死数は200頭に上るという。山野が一面凍結したためにが餌を拾うことができず、その烏が数千羽の群れで牧場へやってきて、放牧されていた馬の背中に乗って喙で突き、生き馬の肉を食べる事態となった。そのため馬は弱ってしまい死に至ったという」エゾシカ大量死/記録文書 フレッシュアイペディアより)

  • かかしに御用心

    かかしに御用心から見たカラスカラス

    トウモロコシ畑の主であるクマのバーニーは畑を荒らすカラスの大群に手を焼いていた。そんな悩めるバーニーの前に現れたのは「かかしのジョー」なる怪しい人物。お人好しのバーニーは言われるがまま彼にカラスの駆除を任せたところ、軽快な音楽とゼンマイ仕掛けのメスのカラス人形を用いて大群を畑の外へ追っ払ってもらい、バーニーもその音楽に合わせて思わず踊ってしまうほど上機嫌に。だが、かかしのジョーの正体は何とカラスのジョー&兄貴のコンビ。バーニーが油断した隙にトウモロコシ畑をまた荒らし始める。これに気付いたバーニーはジョー&兄貴のコンビと農場を舞台に大捕物を繰り広げるが、コンビは一向に捕まらず、完全になめられてしまう始末。そんなバーニーの目に飛び込んだのは高圧電線。これをトウモロコシ畑に括りつけて電気で駆除しようするが、作業の一部始終をコンビに見られてしまう。堂々と畑に入っていったコンビを見つけ、電気を流そうとしたところ、畑の中から「降参、参った」の立て札が。それを見たバーニーの横にかかしのジョーが現れ、畑に入ってコンビをやっつけるようそそのかす。まだ正体に気付かないバーニーは言われるがままに畑の中へ。するとトウモロコシ畑に電気が流され、せっかく育てたトウモロコシはポップコーンの山となった。すると先ほどの軽快な音楽に合わせてカラスの大群が現れ、ポップコーンをあっという間に平らげた。地面にはいつくばって失望するバーニーを尻目にまるで勝ち誇るかのように踊りながら去っていくカラスの大群。その列の最後尾にいたのがかかしのジョー、その中から出てきて手を振るジョー&兄貴のコンビ。バーニーはようやく騙されたことに気付いたのであった。かかしに御用心 フレッシュアイペディアより)

  • 邪呀

    邪呀から見たカラスカラス

    テロリスト組織である邪呀の首領。忍術の他にも妖術を駆使する事が可能で、普段は姿をカラスに変え、その登場時には真獅子王の居城を怪しげな異空間へと変貌させている。真獅子王が倒された後、ソード・オブ・レオを操り、真獅子王の胸に突き刺している(ただし絶命はしていなかった)。邪呀 フレッシュアイペディアより)

  • アグラウロス

    アグラウロスから見たカラスカラス

    神話によればアグラウロスとその姉妹たちはアテーナーから赤子のエリクトニオスの入った箱を預かった。しかしアグラウロスとヘルセーは中を見ることを禁じられていたにもかかわらず、箱を開いて見てしまい、エリクトニオスを守っていた蛇に殺されたとも、アテーナーの怒りに触れて気が狂い、アクロポリスから身を投げたともいわれる。またあるいは3人で中を見たがそのことをカラスがアテーナーに知らせ、3人は気を狂わされて海に身を投げたともいわれる。アグラウロス フレッシュアイペディアより)

378件中 11 - 20件表示

「カラス」のニューストピックワード