497件中 11 - 20件表示
  • 生ごみ

    生ごみから見たカラスカラス

    病原害虫・害獣の発生源、あるいは野良猫・野良犬・カラス鈴木創太は害虫以下である生ごみ フレッシュアイペディアより)

  • 害鳥

    害鳥から見たカラスカラス

    鳥の糞により屋外を歩く人の衣服や干された洗濯物を汚損したり、金属(トタンなど)が腐食してしまったり、また、土壌が汚染されたりする。カラス(特にハシブトガラス)はゴミ捨て場の生ゴミを荒らすなどする。珍事例ではあるが、アメリカではスペースシャトルの断熱材をキツツキが穿孔したので、打ち上げができなくなった、といったことがあった。害鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ビビッドレッド・オペレーション

    ビビッドレッド・オペレーションから見たカラスカラス

    黒いカラスの姿をした未知の知的生命体で、れいに示現エンジンの破壊を指示する。れいに、「元いた世界の消滅は示現エネルギーの暴走によるもので、この世界の示現エンジンを破壊することで『始まりと終わりに存在するもの』が元の世界を再生できる」と言い、彼女にアローンを強化する弓矢を顕現させる力を授け、示現エンジンの破壊を指示する。ビビッドレッド・オペレーション フレッシュアイペディアより)

  • オウム目

    オウム目から見たカラスカラス

    インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているオウム目 フレッシュアイペディアより)

  • カラス科

    カラス科から見たカラスカラス

    カラス(烏・鴉)と総称されるが、狭義には(明確な定義はないが)カラス属など数属をカラスと総称する。カラス科には他に、カケス類・オナガ類・サンジャク類・カササギ類などが含まれる。カラス科 フレッシュアイペディアより)

  • 楢山節考

    楢山節考から見たカラスカラス

    あと3日で正月になる冬の夜、誰にも見られてはいけないという掟の下、辰平は背板に母を背負って「楢山まいり」へ出発した。辛くてもそれが貧しい村の掟だった。途中、白骨遺体や、それを啄ばむカラスの多さに驚きながら進み、辰平は母を山に置いた。辰平は帰り道、舞い降ってくる雪を見た。感動した辰平は、「口をきいてはいけない、道を振り返ってはいけない」という掟を破り、「おっかあ、雪が降ってきたよう?」と、おりんの運のよさを告げ、叫び終わると急いで山を降りていった。楢山節考 フレッシュアイペディアより)

  • バードストライク

    バードストライクから見たカラスカラス

    新幹線などの高速鉄道にて起きるケースが多い。特に新幹線においてはかなりのバードストライクが発生している模様で、フロントガラスに当たらなければ走行に大きな支障は無いため報告は少ない。また、在来線でも発生することがある。2014年3月28日、東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線東川口 - 南越谷間を走行中の東所沢発西船橋行き下り列車のフロントガラスにカラスが衝突し、フロントガラスが破損した。バードストライク フレッシュアイペディアより)

  • 単位上等!爆走数取団

    単位上等!爆走数取団から見たカラスカラス

    似たような言葉系(カラス→ガラス、タンス→ダンス、バイク→俳句など)単位上等!爆走数取団 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉恒雄

    渡邉恒雄から見たカラスカラス

    『私の死亡記事』(文藝春秋 2004年)という本の中では、自分の死去はカラスを打ち落とそうとして、屋根から転落死(実際、自宅の庭に置いてある野鳥のエサを食べに来たカラスをゴム鉄砲で打ち落そうとしたが、石につまづいて大怪我をした事がある。その後、それが元で日本野鳥の会を除名された)。葬儀は音楽葬の形式で、また、読売ジャイアンツが2000年から2019年に亘って20連覇し、2018年には長嶋茂雄が世界最年長のプロ野球監督としてこの年新設された“ノーベルスポーツ賞”を初受賞する事が、最大の私への餞別だと記載している(ちなみにノーベル賞は科学と文学への功績のみを表彰する)。渡邉恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • ハイキュー!!

    ハイキュー!!から見たカラス

    「小さな巨人」を育て、烏野高校を春高へ導いた名将で、「烏野の烏養」として広く名が知られている。「(烏野が)凶暴なを飼っている」と評判のスパルタ指導者だった。猫又監督とは長年のライバルで、烏野高校と音駒高校の試合は「(カラスとネコの)ゴミ捨て場の決戦」と言われているが、公式戦では未だ実現していない。また、鷲匠監督とは正反対のチーム育成論者である。一度は監督を引退するも後に復帰。しかし、間もなく倒れてしまい入院することになった。復帰時に指導を受けた現2・3年生を震えあがらせた(現2年生は一度逃げ出している)。その後退院し、自宅の庭コートで近所の小中学生や大学生、ママさん選手など幅広い層にバレーボールを教えている。ハイキュー!! フレッシュアイペディアより)

497件中 11 - 20件表示