497件中 31 - 40件表示
  • 美味求真

    美味求真から見たカラスカラス

    「美味の真」、「人類と食的関係」、「料理の通則」、「各国料理の概観」、「栄養学研究」、「善食類」、「悪食篇」、「魚類篇」の8章からなり、美食の道から、古今東西の料理、昆虫食やカラスなどの悪食や人肉食までを論じた博覧強記の書である。北里柴三郎は『美味求真』に序を寄せ、木下が政界に身を投じたのは一大損失であると嘆じている。美味求真 フレッシュアイペディアより)

  • 冬景色

    冬景色から見たカラスカラス

    (からす)啼(な)きて木に高く、人は畑(はた)に麦を踏む。げに小春日ののどけしや。かへり咲(ざき)の花も見ゆ。冬景色 フレッシュアイペディアより)

  • キメラ (漫画)

    キメラ (漫画)から見たカラスカラス

    ガラハットと共に行動するカラスのような鳥。性別は雌。トビィに惚れている。キメラ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 鴉鷺合戦物語

    鴉鷺合戦物語から見たカラスカラス

    京都、祇園の林のカラスの東市佐林真玄が、中賀茂の森のサギの山城守津守正素の娘に恋をし、その夫になろうと望むが却って辱めを受け、立腹のあまり、同志を集めて激戦になるが、カラスの東市佐林真玄側が敗北を喫する。鴉鷺合戦物語 フレッシュアイペディアより)

  • ガサルス

    ガサルスから見たカラスカラス

    伝説上の存在であったが、アーヴの得意とする遺伝子改造の結果、実際に金色の烏が産み出され、レトパーニュ大公爵城館に九羽現存する。『星界の断章』収録の短編『君臨』にガサルスの詳細な描写が登場するが、カラスを元に作り出したらしく、鳴き声はお世辞にも良いとは言えない。ガサルス フレッシュアイペディアより)

  • ゆきの咲くにわ

    ゆきの咲くにわから見たカラスカラス

    実は千尋が大好きな百合っ娘。カラスを手なづけ、千尋の下着(ピンクのフリルつき)を盗ませるほどである。また、同じく千尋に強い好意を寄せるゆきとは、千尋をめぐる恋のライバルであると同時に「貴重な(千尋の、おもにえっちな)画像を交換できる仲間」という立場でもある。さらに、ゆきに関して「あんな楽しいオモ…」と言いかけたように、物の怪すら手玉に取れるほどの、恐るべき人物でもある。ゆきの咲くにわ フレッシュアイペディアより)

  • IN SILENCE

    IN SILENCEから見たカラスカラス

    PVに子役時代のウエンツ瑛士が出演している。役どころは少年の頃のRYUICHIという設定。手に持っていたの死体は本物で、「泣きそうなほど怖かった」と後にテレビ番組で語っていた。IN SILENCE フレッシュアイペディアより)

  • 忘れられた者 (ムソルグスキー)

    忘れられた者 (ムソルグスキー)から見たカラスカラス

    戦争画家として知られるヴァシーリー・ヴェレシチャーギンが1871年にの一環として描いた同名の絵画に触発されて作曲された。この絵は、前線で斃れそのまま戦場に置き去りにされたロシア軍兵士の遺体と、それをついばもうと群がるカラスの群れを描いている。ムソルグスキーは、1874年にサンクトペテルブルクで開催された展覧会でこの絵を観て心を動かされ、同じく絵に感銘を受けたアルセニイ・ゴレニシチェフ=クトゥーゾフが書いた詞に付曲、画家に献呈している。ムソルグスキーとゴレニシチェフ=クトゥーゾフの最初の合作となった作品で、作曲家と詩人の協力はこの後、歌曲集『日の光もなく』、『死の歌と踊り』などの諸作品を生み出すこととなった。曲調は陰鬱で、葬送行進曲を思わせるものとなっている。作曲された年にベッセリ社から出版され、ムソルグスキーの死後、1887年にグートヘイル社から再版された。忘れられた者 (ムソルグスキー) フレッシュアイペディアより)

  • 綺麗展覧会

    綺麗展覧会から見たカラスカラス

    怜太郎に懐いている魔物。普段カラスの姿をしているため綺羅は「カラス」と言っているが、実はカラスであるかどうかすらわからない。カラスの姿だけではなく、一つ目の大蛇や人間の姿にもなる。人間の姿になる時はたいていお腹が空いている時であり、餌である「綺麗なもの」に襲い掛かる。「綺麗なもの」と引き換えに願い事を一つだけ叶えることができる(ただしそれは美しさにもよる)。人間の姿は長い白髪に金色の目で、妙な白っぽい服。綺麗展覧会 フレッシュアイペディアより)

  • エゾシカ大量死/記録文書

    エゾシカ大量死/記録文書から見たカラスカラス

    1879年(明治12年)4月18日号「根室では3月4日から6日にかけて続いた大雨が急速に氷結し、そのために放牧されていた馬が多数斃死したことを4月12日に報じたが、その詳細が伝わってきた。放牧されていた馬の斃死数は200頭に上るという。山野が一面凍結したためにが餌を拾うことができず、その烏が数千羽の群れで牧場へやってきて、放牧されていた馬の背中に乗って喙で突き、生き馬の肉を食べる事態となった。そのため馬は弱ってしまい死に至ったという」エゾシカ大量死/記録文書 フレッシュアイペディアより)

497件中 31 - 40件表示

「カラス」のニューストピックワード