378件中 41 - 50件表示
  • ナベリウス

    ナベリウスから見たカラスカラス

    召喚されると、黒いカラスの姿で現れ、しわがれた声で話すという。あらゆる人文科学、自然科学を教え、特に修辞学に長けているという。また、失われた威厳や名誉を回復する力を持つともいう。ナベリウス フレッシュアイペディアより)

  • 列車往来危険

    列車往来危険から見たカラスカラス

    列車往来危険が生じる場面として、鉄道の線路の上に石などの障害物が意図的あるいは過失的に置かれた場合が挙げられる。このうち、意図的に石を置く行為は「置石(おきいし)」と呼ばれ、子供が悪戯でする場合だけでなく、カラスが置石をするケースも相次いでいる。小さな障害物の場合、列車はそれを跳ね飛ばして走行することができるが、置かれたサイズが大きいなど、列車運行に対して危険な置石の場合は、脱線などの事故を発生する原因にもなるため、鉄道会社では対策に苦慮している。列車往来危険 フレッシュアイペディアより)

  • マジカ デ スペル

    マジカ デ スペルから見たカラスカラス

    もともと自分の弟だったカラスを側近にしている。マジカ デ スペル フレッシュアイペディアより)

  • コルバス

    コルバスから見たカラスカラス

    コルバスとは、その形状からカラスを意味する。コルバス フレッシュアイペディアより)

  • アスラウグ

    アスラウグから見たカラスカラス

    そうして、2人がノルウェーにたどり着くと、竪琴の中に貴重品が隠してあると誤解した夫婦によって、ヘイミルが眠っている間に竪琴が破壊された。夫婦は竪琴の中から出てきた少女にクラカ(カラスの意味)と名づけて養育した。また、夫婦はアスラウグが高貴な生まれであることを隠すため、彼女に汚れた服を着せることにした。アスラウグ フレッシュアイペディアより)

  • ツルドクダミ

    ツルドクダミから見たカラス

    ツルドクダミの塊根を生薬として何首烏と呼ぶ。古くから強壮剤として利用され、また、烏のように髪を黒くする作用があることから「」の文字がつけられている。生何首烏は潤腸、瀉下および消炎の作用が強く、熱加工した製何首烏は肝腎補益の作用が強い。ツルドクダミ フレッシュアイペディアより)

  • パンツぱんくろう

    パンツぱんくろうから見たカラスカラス

    この作品の主人公。3歳くらいの男の子。白いパンツを履いている。うんちを漏らしたことはないが、おしっこを漏らすことはある。歌が好き。暗いところと長湯が嫌い(「カラスの行水」にかけている)。モチーフはカラス(クロウ)。パンツぱんくろう フレッシュアイペディアより)

  • ペリット

    ペリットから見たカラスカラス

    ワシタカ類やフクロウのペリットは灰色または茶色で、形状は球状から楕円、くさび形などである。大型の種では3〜5cmほどの大きさになるものもあるが、スズメくらいの小鳥では1〜2cm程度である。他にもカイツブリ、サギ、ウ、カモメ、アジサシ、カワセミ、カラス、カケス (en)、カワガラス、モズ、ツバメ、シギなどのペリットが見られる。ペリット フレッシュアイペディアより)

  • カササギ属

    カササギ属から見たカラスカラス

    カササギ属(Pica)はカラス科の鳥で、新世界にも旧世界にも生息する。長い尾を持ち、体色は主に黒で白い模様が入っている。ある種の生息範囲はヨーロッパからアジア、またある種は北アメリカ全体、またカリフォルニア州に限定される種もいる。アジアのカササギに近い種だと考えられてきたが、近年の研究(Ericson et al., 2005)で、ユーラシア大陸のカラスに近いことが明らかとなった。カササギ属 フレッシュアイペディアより)

  • ブライスキャニオン国立公園

    ブライスキャニオン国立公園から見たカラスカラス

    ほとんどの鳥は冬には暖かい地域に移動するが、カケス、カラス、ゴジュウカラ、ワシ、フクロウはここに留まる。冬にはミュールジカ、ピューマ、コヨーテは低い場所に移動する。ジリスとマーモットは冬眠して冬を過ごす。ブライスキャニオン国立公園 フレッシュアイペディアより)

378件中 41 - 50件表示

「カラス」のニューストピックワード