497件中 51 - 60件表示
  • エナガ

    エナガから見たカラスカラス

    3月ごろから繁殖期に入りつがいとなって、樹木の枝や幹のまたに、苔をクモの糸で丸くまとめた袋状の精巧な巣を作る。このため巧婦鳥(たくみどり)と呼ばれることもあった。1腹7-12個の卵を産む。4月には雛が見られることがある。産座には大量の羽毛が敷きつめられる。抱卵期間は12-14日で、日中は雌のみが抱卵し夜は雄も抱卵を行う。雛は14-17日で巣立ちする。つがい以外の繁殖に失敗した雄が育雛に参加することもあり、シジュウカラの育雛にも参加する例が確認されている。雛が無事に育つ確率は低く、原因は悪天候やカラス、イタチ、ヘビに巣の卵や雛が捕食されることなどが主な原因である。エナガ フレッシュアイペディアより)

  • デッド

    デッドから見たカラス

    メイヘムのツアー中、彼はの死骸を見つけ、それをポリ袋に採集した。彼はしばしばそれを彼と共に運び、ステージに行く前には、"彼の鼻孔に死臭を伴って"歌うためにその鳥の臭いを嗅ごうとした。彼はまた鳥の死骸をベッドの下に保管していた。デッド フレッシュアイペディアより)

  • 猛禽ちゃん

    猛禽ちゃんから見たカラスカラス

    グワイヒアの隣に出来たライバル店。店員の正体は基本カラスである。猛禽ちゃん フレッシュアイペディアより)

  • スコーカー

    スコーカーから見たカラスカラス

    スコーカー (ミッドレンジスピーカー)とは3way以上のスピーカーシステムにおいて中音域を受け持つスピーカーユニットで、ネズミやリスの鳴き声、あるいはカラスの鳴き声から名付けられている(英語では squawker)。ミッドレンジとも言う。音楽再生で最も比重の高い部分であり、この帯域がボーカルやメイン楽器の表情を決定すると言っても過言ではない。概ね500Hz?5000Hzの帯域に特化しており、振動系も適度な剛性が求められる事から、低音用のウーファーに比べてストロークは浅めである。しかし低音部・高音部の二つのユニットで構成された2ウェイスピーカーではこれがなく、ウーファーに中音域をすべてカバーさせるか、中音域の中間的地点(概ね2000Hz程度)でカバーする帯域を分けるといった工夫もされている。スコーカー フレッシュアイペディアより)

  • 高思好

    高思好から見たカラスカラス

    浩氏の子として生まれ、高思宗に養われてその弟とされたが、待遇は良いものではなかった。若くして高澄に仕えて騎射をつとめた。北斉が建国されると、左衛大将軍の号を受けた。554年(天保5年)に柔然を討ち、文宣帝にその武勇を喜ばれて、「爾が賊を撃つは、鶻の群に入るが如し。宜しく好事を思うべし(宜思好事)」と言われたことから、思孝の名を思好と改名した。尚書令・朔州道行台・朔州刺史・開府に累進し、南安王に封じられた。高思好 フレッシュアイペディアより)

  • ツミ

    ツミから見たカラスカラス

    本来ツミは、巣の半径50m以内に侵入するカラスなどの捕食者に対し防衛行動を行うことから、卵や雛の捕食を避けるためにオナガがツミの巣の周囲で繁殖することが多かった。だが近年ではカラスの個体数が増加し、ツミが防ぎきれなくなったことからカラスに対しあまり防衛行動を行わなくなり、オナガがツミを頼りにすることが減ってきている。ツミ フレッシュアイペディアより)

  • ニシル山

    ニシル山から見たカラスカラス

    エンリル神が起こした大洪水によって世界の大部分が沈没した後、アトラ・ハシースが作った方舟に搭乗していた者達だけは難を逃れた。その方舟が漂着したのが、ニシル山であった。アトラ・ハシースは、ニシル山で避難生活を送りながら、鳩や燕、を飛ばして、洪水後の地上の様子を確かめさせたという。ニシル山 フレッシュアイペディアより)

  • ほしうた

    ほしうたから見たカラスカラス

    勉強が得意な優等生で意外と体力もあり、料理も得意であるが、やや世間知らずで庶民的な文化に疎い一面もある。幼いころから絵を描くのが好きで、かなりの腕前だが、とある理由により何年も絵から離れている。珍しいとされるオスの三毛猫を探しており、三毛猫を見つけると近づいて性別を確かめようとする。好きな食べ物はカレーパン。苦手な動物はカラスほしうた フレッシュアイペディアより)

  • 訓閲集

    訓閲集から見たカラスカラス

    巻十二「気伝」の禽獣の事において、鳥占術に関する記述があり、具体的には、カラスが何回鳴くかで吉凶を判断した。訓閲集 フレッシュアイペディアより)

  • カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)

    カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)から見たカラスカラス

    企画の佐藤は演出について、「ドラマは分かりやすさを重視する傾向にあるが、今作は視聴者に心情を読み取ってもらうため、あえて不親切な演出を心がけた」と述べている。また、「カラマーゾフ」はロシア語で「黒く塗る」という意味を持つことから、日本でのドラマ化に当たりカラマーゾフ家を「黒澤家」、舞台をカラスが飛び回る「烏目町」とし、さらに黒を基調とした画面づくりをしている。カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

497件中 51 - 60件表示