378件中 81 - 90件表示
  • きよしとこの夜

    きよしとこの夜から見たカラスカラス

    2005年1月7日にパイロット版が放送された。2005年度は「月曜劇場」のテレビ番組枠で放送された。番組はグッチ裕三が大家を勤めるアパートを舞台に各界の著名人・芸能人を多数ゲストとして招き歌、コント、トークを展開する内容となっている。また歌謡曲界の大御所である美川憲一、瀬川瑛子がカラスのキャラクター(前者が「おだまり」、後者が「モ〜オ」)の声優をしているのも話題となった。6月13日、ゲストに上沼恵美子が来た時、彼女がファンだという石澤典夫アナが出演した。さらに氷川の隣人として徳田章アナも出演していた。きよしとこの夜 フレッシュアイペディアより)

  • 中央通り (高松市)

    中央通り (高松市)から見たカラスカラス

    中央分離帯のクスノキにはムクドリが生息しており、夏秋冬の非繁殖期には約3000羽のムクドリが騒音、糞害などを起こす。ムクドリは有害鳥獣の一種でカラスやヘビなどの天敵のよりつきにくい市街地にねぐらをとり、日中は周辺に餌を取りに行く。そのことから、高松市周辺ではまだ自然が残されていることや、中央分離帯に生息しているため歩行者への糞害は少ないこと、自然との共存などを考慮し駆除は行われていない。中央通り (高松市) フレッシュアイペディアより)

  • マーチャーシュ1世

    マーチャーシュ1世から見たカラスカラス

    マーチャーシュ1世(I. Mátyás, 1443年2月23日 - 1490年4月6日)は、ハンガリー王(在位:1458年 - 1490年)。ボヘミア王(対立王)でもあった(在位:1469年 - 1490年)。「正義王」の異名がある。フニャディ・マーチャーシュ(Hunyadi Mátyás)、マティアス・コルヴィヌス(Matthias Corvinus Huniades)とも呼ばれる。コルヴィヌスあるいはコルウィヌスは「(corvus コルウス)の人」を意味するラテン語名で、フニャディ家の烏(カラス)の紋章に由来し、それはヴァイダフニャド城の別名に由来する。1479年にはオーストリア大公国の支配権も得る。マーチャーシュ1世 フレッシュアイペディアより)

  • 起請文

    起請文から見たカラスカラス

    鎌倉時代後期ごろから、起請文は各地の社寺で頒布される牛王宝印(ごおうほういん。牛玉宝印とも書く)という護符の裏に書くのが通例となった。ここから、起請文を書くことを「宝印を翻す」ともいう。特に熊野三山の牛王宝印(熊野牛王符)がよく用いられ、熊野の牛王宝印に書いた起請文の約束を破ると熊野の神使であるカラスが三羽死に地獄に堕ちると信じられ熊野誓紙と言われた。起請文 フレッシュアイペディアより)

  • 松下烏石

    松下烏石から見たカラスカラス

    幕臣の松下常親の次男として生まれる。書は佐々木玄竜・文山兄弟に学んだ。欧陽詢の流れを汲んだ唐様の書法だったという。また詩文を服部南郭に学んでいる。表面にカラスの模様のある天然石を磐井神社(東京都大田区大森)に寄進したことで知られる。この石は「烏石」と呼ばれ評判となり、多くの文人墨客が見学に訪れたという。松下烏石 フレッシュアイペディアより)

  • 風のカラッペ

    風のカラッペから見たカラスカラス

    オスのカラス。喧嘩っ早いが可愛い人間の女の子には弱い。風のカラッペ フレッシュアイペディアより)

  • 蟻浴

    蟻浴から見たカラスカラス

    アリなどの昆虫はギ酸などの、殺虫剤・・殺菌剤 として機能しうる化学物質を分泌する。また、味の悪い酸を除去してそれらの昆虫を食べられるようにするという目的とも考えられている。鳥自身のから出る分泌物を補っているとも見られる。アリの代わりにヤスデが用いられることもある。250以上の種が蟻浴をすることが知られている。日本に生息する鳥類の例ではカラス、ムクドリなど。蟻浴 フレッシュアイペディアより)

  • 持ち送り

    持ち送りから見たカラスカラス

    "corbel" という語は古フランス語で、ラテン語の corbellus(すなわち corvus(大ガラス)の小さいものを意味する)に由来し、くちばしのような見た目を表している。同様にフランス語では、室内の持ち送り構造を corbeau(カラス)と呼ぶ。cul-de-lampe(釣束飾り)はヴォールトを支持する一種の持ち送り構造だが、下に行くほど先細りになった持ち送り全般を指すこともある。なお、イタリア語では mensola、ドイツ語では Kragstein と呼ぶ。また、フランス語では古典建築の持ち送りを modillon と呼ぶのが一般的である。持ち送り フレッシュアイペディアより)

  • バイヴ・カハ

    バイヴ・カハから見たカラスカラス

    バイヴ・カハ()は、ケルト神話に登場する死、破壊と戦争の三女神と呼ばれる三人の女神の呼び名である。その名は「戦の(または、戦の魔女)」の意。古アイルランド語でバズヴ・カタ(Badhbh Cath)とも呼ばれる。バイヴ・カハ フレッシュアイペディアより)

  • カラスウリ

    カラスウリから見たカラスカラス

    雌花の咲く雌株にのみ果実をつける。果実は直径5?7cmの卵型形状で、形状は楕円形や丸いものなど様々。熟する前は縦の線が通った緑色をしており光沢がある。10月から11月末に熟し、オレンジ色ないし朱色になり、冬に枯れたつるにぶらさがった姿がポツンと目立つ。鮮やかな色の薄い果皮を破ると、内部には胎座由来の黄色の果肉にくるまれた、カマキリの頭部に似た特異な形状をした黒褐色の種子がある。この果肉はヒトの舌には舐めると一瞬甘みを感じるものの非常に苦く、人間の食用には適さない。鳥がこの果肉を摂食し、同時に種子を飲み込んで運ぶ場合もある。しかし名前と異なり、特にカラスの好物という観察例はほとんどない。カラスウリ フレッシュアイペディアより)

378件中 81 - 90件表示

「カラス」のニューストピックワード