497件中 81 - 90件表示
  • イエスタデイをうたって

    イエスタデイをうたってから見たカラスカラス

    不思議な雰囲気の少女。常に黒を基調とした服を着て、カンスケという足の悪いカラスをつれている。イエスタデイをうたって フレッシュアイペディアより)

  • 風のカラッペ

    風のカラッペから見たカラスカラス

    オスのカラス。喧嘩っ早いが可愛い人間の女の子には弱い。風のカラッペ フレッシュアイペディアより)

  • 大きい1年生と小さな2年生

    大きい1年生と小さな2年生から見たカラスカラス

    身体は大きいけれど気が弱い小学1年生の男子・まさやと、逆に小さいけど気の強い小学2年生の女子・あきよ。いつも通学路ではカラスが舞う暗がりな坂道を怖がるまさやのために、あきよは手をつないで歩いてくれた。そんな彼女を頼もしく思うまさやだったが、ある日まさやはいつもと違って泣いているあきよの姿を見てしまう。彼女が好きだというホタルブクロの花を摘んで持ってきたところ、絡んできた上級生に踏みにじられてしまったのだ。まさやはあきよを元気付けようと勇気を振り絞り、ホタルブクロの花が数多く咲いているという「一本杉の森」へ行く事を決心する。大きい1年生と小さな2年生 フレッシュアイペディアより)

  • 合鴨農法

    合鴨農法から見たカラスカラス

    トビ、カラス、タヌキなど外敵の侵入、およびアイガモの逃亡を防ぐために防鳥糸や柵で囲む必要がある。合鴨農法 フレッシュアイペディアより)

  • 竹石康晴

    竹石康晴から見たカラスカラス

    アシスタントディレクター時代から、度々テレビ画面に登場(あっぱれさんま大先生、テレビの裏側全部見せます、爆笑ヒットパレード、愛のヒナ壇、やっぱりさんま大先生、ほか)する。特にあっぱれさんま大先生の「あっぱれニュース」のコーナーでは、カラスに蹴られた男として、一躍脚光を浴び、同番組の特番ではコーナーにもなった。竹石康晴 フレッシュアイペディアより)

  • ブライスキャニオン国立公園

    ブライスキャニオン国立公園から見たカラスカラス

    ほとんどの鳥は冬には暖かい地域に移動するが、カケス、カラス、ゴジュウカラ、ワシ、フクロウはここに留まる。冬にはミュールジカ、ピューマ、コヨーテは低い場所に移動する。ジリスとマーモットは冬眠して冬を過ごす。ブライスキャニオン国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 起請文

    起請文から見たカラスカラス

    鎌倉時代後期ごろから、起請文は各地の社寺で頒布される牛王宝印(ごおうほういん。牛玉宝印とも書く)という護符の裏に書くのが通例となった。ここから、起請文を書くことを「宝印を翻す」ともいう。特に熊野三山の牛王宝印(熊野牛王符)がよく用いられ、熊野の牛王宝印に書いた起請文の約束を破ると熊野の神使であるカラスが三羽死に地獄に堕ちると信じられ熊野誓紙と言われた。起請文 フレッシュアイペディアより)

  • 子守のおばちゃま

    子守のおばちゃまから見たカラスカラス

    原子力発電所が出てくるとカラスが泣くようにしている。子守のおばちゃま フレッシュアイペディアより)

  • 聖ゲオルギオス修道院 (ワジケルト)

    聖ゲオルギオス修道院 (ワジケルト)から見たカラスカラス

    この聖ゲオルギオス修道院はヨルダン川西岸地区のエリコの西郊外にある正教会の修道院である。ワジケルト(:en:Wadi Qelt)というワジ(涸れ川)の断崖に480年頃に建設されてた。キプロス島生まれのコジバの聖ゲオルギオス(St. George of Koziba)の名から、コジバの聖ゲオルギオス修道院とも呼ばれている。預言者のエリヤがカラスに養われてそこに住んだ(旧約聖書・列王記上17章)といわれる洞窟がこの修道院内にある。聖ゲオルギオス修道院 (ワジケルト) フレッシュアイペディアより)

  • 虚飾で彩られたカラス

    虚飾で彩られたカラスから見たカラスカラス

    は自分が黒く醜いことを知っていたので、美しく装うために、野や森を見てまわり、他の鳥たちが落とした羽を拾い集め、身体中に貼りつけた。そして約束の日、鳥たちはゼウスの前に集まった。そして、色とりどりの羽で着飾った鴉も姿を見せた。虚飾で彩られたカラス フレッシュアイペディアより)

497件中 81 - 90件表示

「カラス」のニューストピックワード