255件中 91 - 100件表示
  • カラス

    カラスから見たイスキュス

    しかし、ある時にカラスは、天界のアポロンと離れて地上で暮らす妻コロニスが、人間の男であるイスキュスと親しくしている(見間違いとも)とアポロンに密告(虚偽の報告とも)をした。アポロンは嫉妬し怒り、天界から弓で矢を放ち、コロニスを射抜いてしまった。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た熊野神社

    カラスは熊野三山の御使いでもある。熊野神社などから出す牛王宝印(ごおうほういん=熊野牛王符)は、本来は神札であり、近世には起請文を起こす用紙ともされたが、その紙面では、カラスの群れが奇妙な文字を形作っている。これを使った起請を破ると、熊野でカラスが3羽死に、その人には天罰が下るという。また、「誓紙書くたび三羽づつ、熊野で烏が死んだげな」という小唄もある。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たオオウミガラス

    カラス科以外では、ウミガラス、オオウミガラス(共にチドリ目ウミスズメ科)、チシマウガラス(ペリカン目ウ科)、カワガラス(スズメ目カワガラス科)、ハゴロモガラス(スズメ目ムクドリモドキ科)、ハイイロモズガラス、フエガラス(共にスズメ目フエガラス科)などもいるが、生物学上のカラスの仲間とはみなされない。ただし、スズメ目シジュウカラ科のヒメサバクガラスは、かつてはサバクガラス属に近縁だと考えられ、カラス科に含められていた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た防波堤

    ハシボソガラスが硬くて自分の嘴では砕けない食べ物を飛行場の滑走路・防波堤・建物の屋上などの硬い場所に落として割る行動が見られ、広島県では、カキ貝を落とす例もある。それだけには留まらず、道路にクルミを置き、自動車にひかせて殻を割るという行動が、仙台市の青葉山をはじめ、日本の至る所で報告されている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た東アジア

    ハシボソガラスはユーラシアに広く生息するが、ハシブトガラスの分布は東アジアと南アジアに限られる。ヨーロッパでは、ハシボソガラス (carrion crow)、ワタリガラス (common raven)、ミヤマガラス(rook)、ニシコクマルガラス (jackdaw) などが分布する。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た狂言

    『鴉』 - 清水重道の詩。氷の上を飄々(ひょうひょう)と歩く大ガラスを印象的に歌う。信時潔は歌曲集「沙羅」の中でこれをとりあげ、狂言を思わせる曲を付けた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た爬虫類

    雑食性で生ゴミや動物の死骸をついばんでいるところがよく目撃される。都市部では食物を得るためにごみ集積所を荒らすという行動や、農耕地では農作物を食害するという行動が問題となっている。その他にも昆虫類、小動物(小型哺乳類、鳥類の卵や雛、爬虫類、両生類、ザリガニなど多数)果実、種子、動物の糞なども食べる。ハシブトガラスは動物食傾向、ハシボソガラスは植物食傾向が強い。獲得した食物を物陰に隠し、後で食べるという貯食行動も行う。大型鳥類ということもあり、都市部では、最も馴染みのある鳥類であるドバトを捕食する場面も稀に確認される。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た三羽烏

    三羽烏(さんばがらす、三人組のたとえ)カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た

    多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、などではよく白いサギと対比させられる。ただし、実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラスなどもおり、必ずしも真っ黒のものだけではない。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たエリヤ

    預言者エリヤがアハブ王から逃れていた間、主の遣いであるカラスの持ってくるパンと肉によって養われていた(列王記上17章2-6節)。カラス フレッシュアイペディアより)

255件中 91 - 100件表示

「カラス」のニューストピックワード

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン

  • KENARE/AFPPhotographer

  • Eisen/BloombergPhotographer