268件中 91 - 100件表示
  • カラス

    カラスから見たアメリカ空軍

    アメリカ空軍の電子戦機EF-111のニックネームはレイヴン(大鴉、ワタリガラス)である。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た旧約聖書

    メソポタミアを中心に旧約聖書・『創世記』5章から10章でも伝わる世界を襲った大洪水の後に、『創世記』8章7節において、炯眼から偵察として初めて外に放たれた動物である。洪水後、船から放され、水がひいたことを知らせた。旧約聖書ではカラスに次ぎ鳩が放たれた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た竹林

    繁殖中のつがいは巣の周辺でねぐらをとることが多いが、それ以外の個体は夜間人が立ち入ることのないよく茂った林や竹林に集団ねぐらをとる。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たからす座

    異説として、アポロンの走駆や密偵または水くみの仰せをつかったカラスが、地上で道草をしてしまい地上の状況の報告または水くみが遅れ、「嘘をついて言い訳をした」または「コロニスとイスキュスの密会をでっち上げた」というものもあり、水くみについては、仕えたカラスの死後、天上に星座としてかたどったとしながらも、コップ座がちょうどからす座の嘴(くちばし)に届かない微妙な位置にあることから、水くみの異説を裏付けるものとして捉えられている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た日本野鳥の会

    カラス~都市におけるカラス問題~ - 日本野鳥の会サイト内カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た魔法

    イギリスでは、アーサー王が魔法をかけられてワタリガラス(大ガラス)に姿を変えられたと伝えられる。このことから、ワタリガラスを傷付けることは、アーサー王(さらには英国王室)に対する反逆とも言われ、不吉なことを招くとされている。また、ロンドン塔においては、ロンドンの大火の際に大量に繁殖したワタリガラスが時の権力者に保護され、ワタリガラスとロンドン塔は現在に至るまで密接な関係にある。なお、J.R.R.トルーキンのホビットの冒険作中に、ワタリガラス(原文は Raven。訳書によってはオオガラス)の一族が登場するが、これも英国王室に少なからぬ関係を持つワタリガラスを尊重しての登場だと言われている。ただし、指輪物語にも登場するクレバインと呼ばれる大鴉たちはむしろ邪悪の陣営の走駆としての役どころである。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たエジプト

    古代エジプトでは太陽の鳥とされた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たネヴァン

    ケルト神話に登場するバズヴ、ヴァハ、ネヴァンの三位一体の女神(戦いの神)とされるモリガンは、戦場にワタリガラスの化身となって表れる。もしくは、肩にカラスが留まっている姿で描写されたり、三位の一つであるバズヴがカラスの化身であるとされるなどとして、伝承される神である。神といっても清廉や崇高な印象ではなく、戦場に殺戮と死をもたらすものとして描かれることが多い。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た松明

    カラスは古来、吉兆を示す鳥であった。神武天皇の東征の際には、3本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が松明を掲げ導いたという神話がある。日本サッカー協会のシンボルマークはこの八咫烏である。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た踊り

    長野県の北信地方に伝わる「烏踊り」といわれる民謡と踊りがあり、足さばきにおいて九種類の型を繰り返すことから、修験者である山伏が唱えた呪法である九字切り(九字護身法)を手ではなく足で行ったとされる。このことと、山岳信仰を起源に持つ修験道では、「カラスは神の使い」とされてきたことと合わせて、この烏踊りは山岳信仰に基づく烏に対する信仰と修験者の踊りが、民謡になっていったと考えられている。カラス フレッシュアイペディアより)

268件中 91 - 100件表示

「カラス」のニューストピックワード