255件中 21 - 30件表示
  • カラス

    カラスから見た二宮忠八

    二宮忠八は、カラスが翼を広げて滑空する姿から、この翼の原理を応用すれば空を飛ぶ機械が作れると発想。1891年(明治24年)にゴム動力模型飛行機カラス号の初飛行を成功させた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たサギ

    多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、諺などではよく白いサギと対比させられる。ただし、実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラスなどもおり、必ずしも真っ黒のものだけではない。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た鉄道

    1996年、神奈川県で鉄道のレール上にハシボソガラスが石を置くという事件が頻発した。「JRの人間に巣を撤去されたことに対する復讐として、列車を転覆させようとしたのでは」と言われたこともあったが、実際は敷石(バラスト)の下にパンを貯食した際にくわえ上げた石を偶然レール上に置き、それを放置することで起きていたというのが真相であった。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た鶏肉

    2003年の報道によると、帯広畜産大学畜産科学科関川三男助教授らのグループが、カラスの食用化を探る研究を進めている。研究は、将来の食糧難対策と、有害鳥獣として処分されるカラスの有効活用にメドをつけるのが目的。カラスの胸肉は、鯨肉にも豊富に含まれるミオグロビンと呼ばれる色素が多く、赤みが強いのが特徴。食感や味はの胸肉に似ており、学生に食べさせたところ、評判も上々だったという。また、関川の報告によると、カラスの肉に残留した重金属や農薬などもなく、微生物検査においても問題がなかったために、食肉としての安全性も認められるとされている。その他に、カラスの肉は鶏肉と比較して鉄分が高いことが分かっている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たヌルハチ

    日本を含む、中華文明圏とその周辺国に伝わる「三足烏」は、中国の「日烏」が起源である。中国では古来、太陽にはカラス、月にはウサギまたはヒキガエルが棲むとされてそれぞれの象徴となった。月日のことを「烏兎(うと)」と呼ぶ用例等にこれが現れている。足が3本あるのは、中国では奇数は陽・偶数は陰とされるので、太陽の象徴であるカラスが2本足では表象にずれが生じるからである。このカラスの外形の起源に付いては、黄土の土煙を通して観察された太陽黒点から来ているのではないかとする説がある。清朝においては、太祖がカラスに命を救われた逸話に基づき、神聖な動物として尊重された。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た飛行機

    二宮忠八は、カラスが翼を広げて滑空する姿から、この翼の原理を応用すれば空を飛ぶ機械が作れると発想。1891年(明治24年)にゴム動力模型飛行機カラス号の初飛行を成功させた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たアハブ

    預言者エリヤがアハブ王から逃れていた間、主の遣いであるカラスの持ってくるパンと肉によって養われていた(列王記上17章2-6節)。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た装身具

    宝飾品やガラス製品など光る物を好んで収集したり、公園の滑り台で遊ぶなど、繁殖・生命維持に無関係と思われる行動も行う。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たカキ (貝)

    ハシボソガラスが硬くて自分の嘴では砕けない食べ物を飛行場の滑走路・防波堤・建物の屋上などの硬い場所に落として割る行動が見られ、広島県では、カキ貝を落とす例もある。それだけには留まらず、道路にクルミを置き、自動車にひかせて殻を割るという行動が、仙台市の青葉山をはじめ、日本の至る所で報告されている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た仙台市

    ハシボソガラスが硬くて自分の嘴では砕けない食べ物を飛行場の滑走路・防波堤・建物の屋上などの硬い場所に落として割る行動が見られ、広島県では、カキ貝を落とす例もある。それだけには留まらず、道路にクルミを置き、自動車にひかせて殻を割るという行動が、仙台市の青葉山をはじめ、日本の至る所で報告されている。カラス フレッシュアイペディアより)

255件中 21 - 30件表示

「カラス」のニューストピックワード

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン

  • KENARE/AFPPhotographer

  • Eisen/BloombergPhotographer