268件中 31 - 40件表示
  • カラス

    カラスから見た海辺のカフカ

    海辺のカフカ』 - 村上春樹の小説。主人公の名前の由来となっている。またこの小説には「カラスと呼ばれる少年」という存在が登場している。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た漫画

    鳴き声が「アホーアホー」と聞こえることがあるため、漫画・アニメーションやコントではこれを用いたその設定の上での、なにかを嘲笑した表現としてカラスが使われる。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た森林

    トリンギット族(クリンギット)とトリンギット亜族(チルカット族・ツィムシアン族・ハイダ族)に伝わるカラスは、創世に関わるものが複数あり、代表的なものとしては、「ワタリガラスがを作り、人を始めとした生き物が住み着いたが、あるときに寒波が襲い、生き物は死に絶えそうになった。一計を案じたワタリガラスは、ワシに太陽まで飛んで行ってそのかけらを持ち帰ってほしいと頼んだ。ワシは承諾し、身を焦がしながらも火を持ち帰り、大地の様々な所に火を灯した。それが、生きとし生けるものの魂となった」というものがあり、この伝承の影響からかハイダ族は、カラス族とワシ族の2部族に分かれている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た帯広畜産大学

    2003年の報道によると、帯広畜産大学畜産科学科関川三男助教授らのグループが、カラスの食用化を探る研究を進めている。研究は、将来の食糧難対策と、有害鳥獣として処分されるカラスの有効活用にメドをつけるのが目的。カラスの胸肉は、鯨肉にも豊富に含まれるミオグロビンと呼ばれる色素が多く、赤みが強いのが特徴。食感や味は鶏の胸肉に似ており、学生に食べさせたところ、評判も上々だったという。また、関川の報告によると、カラスの肉に残留した重金属や農薬などもなく、微生物検査においても問題がなかったために、食肉としての安全性も認められるとされている。その他に、カラスの肉は鶏肉と比較して鉄分が高いことが分かっている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た中国

    日本を始めとし中華文明圏の周辺国に伝わる3本足のカラスという外形そのものは、中国起源の「日烏」である。中国では古来、太陽にはカラス、月にはウサギまたはヒキガエルが棲むとされてそれぞれの象徴となった。月日のことを「烏兎(うと)」と呼ぶ用例等にこれが現れている。足が3本あるのは、中国では奇数は陽・偶数は陰とされるので、太陽の象徴であるカラスが2本足では表象にずれが生じるからである。このカラスの外形の起源に付いては、黄土の土煙を通して観察された太陽黒点から来ているのではないかとする説がある。清朝においては、太祖がカラスに命を救われた逸話に基づき神聖な動物として尊重された。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た民謡

    長野県の北信地方に伝わる「烏踊り」といわれる民謡と踊りがあり、足さばきにおいて九種類の型を繰り返すことから、修験者である山伏が唱えた呪法である九字切り(九字護身法)を手ではなく足で行ったとされる。このことと、山岳信仰を起源に持つ修験道では、「カラスは神の使い」とされてきたことと合わせて、この烏踊りは山岳信仰に基づく烏に対する信仰と修験者の踊りが、民謡になっていったと考えられている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た東京都知事

    東京都知事の石原慎太郎が、カラス対策の一環としてミートパイにして東京名物にすべきだと提唱したことがある。これは実現しなかったが、後に石原は東京MXテレビの番組「TokYo,Boy」の企画で、テリー伊藤らが用意したカラス肉のミートパイとその他2品のカラス料理を食べた。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た東京六大学野球

    「ねぐらへ帰る烏が二羽、三羽」(昭和のアナウンサーである松内則三が、1929年(昭和4年)秋の東京六大学野球早慶3回戦の実況の際、夕暮れの神宮球場の情景をラジオで伝え、これがレコード化されたため著名になった文句)カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た日本サッカー協会

    カラスは古来、吉兆を示す鳥であった。神武天皇の東征の際には、3本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が松明を掲げ導いたという神話がある。日本サッカー協会のシンボルマークはこの八咫烏である。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たスパイ

    異説として、アポロンの走駆や密偵または水くみの仰せをつかったカラスが、地上で道草をしてしまい地上の状況の報告または水くみが遅れ、「嘘をついて言い訳をした」または「コロニスとイスキュスの密会をでっち上げた」というものもあり、水くみについては、仕えたカラスの死後、天上に星座としてかたどったとしながらも、コップ座がちょうどからす座の嘴(くちばし)に届かない微妙な位置にあることから、水くみの異説を裏付けるものとして捉えられている。カラス フレッシュアイペディアより)

268件中 31 - 40件表示

「カラス」のニューストピックワード