255件中 51 - 60件表示
  • カラス

    カラスから見た

    前述のように昔から知能の高い動物として知られており、イソップ寓話には、瓶の中で水に浮く餌を取り出すためにを沈めて水位を上げる『カラスと水差し』という話が伝承されているなど、霊長類に匹敵する問題解決能力や観察力を有している。具体的には、以下のような例が観察されている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た哺乳類

    鳥類の中で、最も知能が発達しているとされる。ある程度の社会性を持っており、協力したり、鳴き声による意思の疎通を行っている。遊戯行動(電線にぶら下がる、滑り台で滑る、雪の斜面を仰向けで滑り降りるなど)をとることも観察されている。4色型色覚で色を識別でき、人間と同じRGBに加えて紫外線も識別できる。人間の個体を見分けて記憶したり、植物・家畜やペットを含む哺乳類・鳥類などを区別して認識できるといわれている。詳細は後掲する「」の節を参照。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た日本

    ハシボソガラスが硬くて自分の嘴では砕けない食べ物を飛行場の滑走路・防波堤・建物の屋上などの硬い場所に落として割る行動が見られ、広島県では、カキ貝を落とす例もある。それだけには留まらず、道路にクルミを置き、自動車にひかせて殻を割るという行動が、仙台市の青葉山をはじめ、日本の至る所で報告されている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たホシガラス

    多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、諺などではよく白いサギと対比させられる。ただし、実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラスなどもおり、必ずしも真っ黒のものだけではない。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たカケス

    カラスは、最も広義にはスズメ目カラス科の総称だが、通常はその一部とされる。最も広義のカラス、つまりカラス科は、通常のカラスのほか、カケス類、サンジャク類、オナガ類、カササギ類などを含む。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た繁殖

    繁殖期は春から夏で、一夫一妻制で協力して子育てを行う。巣は樹上に小枝を組んで作るが、最近では電柱や看板などに営巣することもあり、また巣の材料も針金・プラスチックなどさまざまなものを利用するようになっている。電柱や送電塔に針金類で営巣した場合、しばしばショートの原因となり、問題となっている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たカラス科

    カラス(烏、鴉、鵶、雅)は、鳥類カラス科の1グループ。カラス属 または近縁な数属を含む。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た濡烏

    日本では、カラスの実際の羽色は、「烏の濡羽色(からすのぬればいろ)」という表現もある通り、深みのあるつややかな濃紫色である烏の濡羽色は、黒く青みのあるつややかな色の名前で、特に女性の美しい黒髪の形容に使われることが多く、濡烏(ぬれがらす)、烏羽(からすば)、烏羽色ともいう。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た八咫烏

    カラスは古来、吉兆を示す鳥であった。神武天皇の東征の際には、3本足のカラス「八咫烏(やたがらす)」が松明を掲げ導いたという神話がある。日本サッカー協会のシンボルマークはこの八咫烏である。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たエアバスA320

    スターフライヤーのエアバスA320も機体のほぼ全体が黒色のためカラスと言われることがある。カラス フレッシュアイペディアより)

255件中 51 - 60件表示

「カラス」のニューストピックワード

  • 新型コロナウイルス感染症ワクチン

  • KENARE/AFPPhotographer

  • Eisen/BloombergPhotographer