268件中 81 - 90件表示
  • カラス

    カラスから見たマッハ (ケルト神話)

    ケルト神話に登場するバズヴ、ヴァハ、ネヴァンの三位一体の女神(戦いの神)とされるモリガンは、戦場にワタリガラスの化身となって表れる。もしくは、肩にカラスが留まっている姿で描写されたり、三位の一つであるバズヴがカラスの化身であるとされるなどとして、伝承される神である。神といっても清廉や崇高な印象ではなく、戦場に殺戮と死をもたらすものとして描かれることが多い。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た北欧神話

    北欧神話では、主神であり、戦争と死を司る神、オーディンの斥候として、2羽のワタリガラス「フギン(=思考)とムニン(=記憶)」が登場する。このワタリガラスは世界中を飛び回り、オーディンに様々な情報を伝えているとされる。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た植物

    鳥類のなかでも最も知能が発達しているとされる。ある程度の社会性を持っており、協力したり、鳴き声による意思の疎通を行っている。遊戯行動(電線にぶら下がる、滑り台で滑る、雪の斜面を仰向けで滑り降りるなど)をとることも観察されている。4色型色覚で色を識別でき、人間と同じRGBの他にV(紫)も識別できる。人間の個体を見分けて記憶したり、植物・家畜やペットを含む哺乳類・鳥類などを区別して認識できるといわれている。以下はカラスの行動を示す事例。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た熊野牛王符

    カラスは熊野三山の御使いでもある。熊野神社などから出す牛王宝印(ごおうほういん=熊野牛王符)は、本来は神札であり、近世には起請文を起こす用紙ともされたが、その紙面では、カラスの群れが奇妙な文字を形作っている。これを使った起請を破ると、熊野でカラスが3羽死に、その人には天罰が下るという。また、「誓紙書くたび三羽づつ、熊野で烏が死んだげな」という小唄もある。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た夕焼小焼

    夕焼小焼』 - 中村雨紅の詩。草川信作曲の童謡。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た群れ

    巣立ち後も2?3ヶ月程度は家族で群れを組んで生活し、その後独り立ちをする。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た鳥葬

    知能が高い面が狡猾(こうかつ)な印象を与えたり、食性の一面である腐肉食や黒い羽毛が死を連想させることから、様々な物語における悪魔や魔女の使い(使い魔)や化身のように、悪や不吉の象徴として描かれることが多い。その逆に神話・伝承にあるように、古来から世界各地で「太陽の使い」や「神の使い」としてあがめられてきた生き物でもある。これは、古代には世界各地で朝日や夕日など太陽に向かってるように見えるカラスが飛ぶ姿(近年では太陽の位置と体内時計で帰巣する姿であるという研究がある)を目にした当時の人々がその性質と太陽と結びつけ、神聖視されたという説がある。また、古代には鳥葬の風習がかつてあった地域も世界には存在し、猛禽類やカラスなど肉食性の鳥類が天国へ魂を運ぶ、死の穢(けが)れを祓(はら)ってくれる、あるいは神の御使いであるなどの理由で神聖視されたという説もある。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た牛王宝印

    カラスは熊野三山の御使いでもある。熊野神社などから出す牛王宝印(ごおうほういん=熊野牛王符)は、本来は神札であり、近世には起請文を起こす用紙ともされたが、その紙面では、カラスの群れが奇妙な文字を形作っている。これを使った起請を破ると、熊野でカラスが3羽死に、その人には天罰が下るという。また、「誓紙書くたび三羽づつ、熊野で烏が死んだげな」という小唄もある。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見たチェンバロ

    チェンバロのジャックの爪は元々鳥の羽根を使い、元気なカラスが飛び去ったあとに落ちた羽をオリーブオイルで浸けたものが一番よいとされている。カラス フレッシュアイペディアより)

  • カラス

    カラスから見た鳥類

    カラス(烏、鴉、鵶、雅)は、鳥類カラス科の1グループ。カラス属 または近縁な数属を含む。カラス フレッシュアイペディアより)

268件中 81 - 90件表示

「カラス」のニューストピックワード