前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 星野一義

    星野一義から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    1990年代に入ると全日本ツーリングカー選手権や全日本GT選手権にカルソニックカラーのスカイラインGT-Rで参戦し数多くのチャンピオンを獲得、「カルソニックの星野」のイメージが強くなる。1997年シーズン開幕直前に持病の腰痛の悪化の為、国内トップフォーミュラ(フォーミュラ・ニッポン)からの引退を発表。以後も全日本GT選手権に参戦を続けるが、2002年8月に現役ドライバー引退を発表した。星野一義 フレッシュアイペディアより)

  • ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

    ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    No.12 P10カルソニック・プリメーラ 星野一義ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    GTデビューとなった2008年3月16日に鈴鹿サーキットで行われた開幕戦では圧倒的な速さを見せ、デビューウィンをXANAVI NISMO GT-R、MOTUL AUTECH GT-Rの1‐2フィニッシュで飾った(ちなみに3月15日の予選ではカルソニックインパル GT-Rが3位に入り1-3位グリッドを独占したが、同車は本戦でクラッシュしている)。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • カルソニック

    カルソニックから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    カルソニック フレッシュアイペディアより)

  • 佐野短期大学

    佐野短期大学から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    経営情報科:一般企業への就職者が最も多い。国民生活金融公庫・足利小山信用金庫・桐生信用金庫・群馬銀行・常陽銀行・東和銀行・中央労働金庫・ダイドードリンコ・日本電産コパル電子・育良精機・大昌電子・タマポリ・森六・大協精工・日東電機製作所・電気興業・滝沢ハム・富士食品工業・北関東綜合警備保障・やじま印刷・富士機材サービス・五十鈴・福田屋百貨店・フェニックス・ヤマダ電機・かましん・フジタコーポレーション・たいらや・イトキン・第一倉庫冷蔵・イエローハット・東日本旅客鉄道(JR東日本)・丹平中田・カルソニックカンセイなどがある。佐野短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 逆川 (さいたま市)

    逆川 (さいたま市)から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    旧大成建設敷地内(カルソニックカンセイ研究所)の南部分には、鴻沼川(霧敷川、鴻沼排水路)の上流部が流れているが、逆川とは互いに本流・支流の関係は無い。2本の川はこの付近で端を発し、霧敷川はさいたまの他の多くの河川と同様に南に向って流れ、逆川は文字通り、逆さ向きに北へ向かって流れるのである。逆川 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • カーウイングス

    カーウイングスから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    日産自動車の他に、ツーカー&デジタルツーカーグループ、NTTドコモ、ザナヴィ・インフォマティクス、カルソニックカンセイ、ベルシステム24、クラリオン、ゼンリンが出資していた。カーウイングス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・91C-V

    トヨタ・91C-Vから見たカルソニックカルソニックカンセイ

    その第3戦ではデンソー・トヨタがトヨタ勢にとってシーズン初のポールポジションを獲得。決勝でもレース中盤からペースを上げたミノルタ・トヨタが終盤にカルソニック・ニッサンを逆転、シーズン初優勝を飾った。トヨタ・91C-V フレッシュアイペディアより)

  • 日産・RB26DETT

    日産・RB26DETTから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    1990年3月17日、前年まで参戦していたR31型 スカイラインGTS-Rに替わり、RB26DETTを搭載した2台のR32型 スカイラインGT-RがJTC第1戦・西日本サーキット(後のMINEサーキット)に登場した。この日の予選では、カルソニックスカイラインとリーボックスカイラインとが、それまでグループA最強を誇っていたフォード・シエラに大差をつけ、フロントロウを独占し、ポールポジションをカルソニックスカイラインに乗り込む星野一義/鈴木利男組が獲得する。翌3月18日の決勝では、スタートと同時に2台のスカイラインGT-Rが同クラス(ディビジョン1)の他のマシンを、別クラスであるかのように突き放し、カルソニックスカイライン以外の車両は全て周回遅れという離れ業で優勝を遂げるという、この上ないスタート切る。その後、破竹の勢いで1990年シーズンを戦い、カルソニックスカイラインがシリーズチャンピオンを獲得し、1戦だけリタイアしたリーボックスカイラインがシリーズ2位を獲得した。もはや、スカイラインGT-RのライバルはスカイラインGT-Rのみという状態となり、事実上のワンメイクレースとなっていく。日産・RB26DETT フレッシュアイペディアより)

  • 長谷見昌弘

    長谷見昌弘から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    「長谷見とトミカ」は、「星野一義とカルソニック」「中嶋悟とEPSON・PIAA」と同じく長年のパートナーとして広く認識されている。なお、長谷見とトミーの関係は、星野・中嶋のそれぞれの関係よりも長期間に及ぶものである。2009年の自身のチームのマシンのカラーリングがかつてのフォーミュラシリーズを彷彿とさせるものとなったのも、長年スポンサーを務めてくれたトミカへの感謝の念があったからであるといわれている。長谷見昌弘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「カルソニックカンセイ」のニューストピックワード