53件中 31 - 40件表示
  • 日産・リーフ ZE0

    日産・リーフ ZE0から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    搭載されるリチウムイオンバッテリーは座間事業所内のNECとの合弁会社、オートモーティブエナジーサプライ株式会社により製造されるほか、2012年から米国スマーナ工場、英国日産サンダーランド工場、ポルトガル アヴェイロのルノーカシア工業団地、およびフランスのルノーフラン工場でも生産される予定となっている。また、モーターの生産は日産横浜工場で、インバータの生産は座間事業所およびカルソニックカンセイ児玉工場で行われ、モーターの生産は2013年初頭より米国テネシー州のデカード工場での生産も予定される。日産・リーフ ZE0 フレッシュアイペディアより)

  • エア・コンディショナー

    エア・コンディショナーから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    カルソニックカンセイ(自動車向け)エア・コンディショナー フレッシュアイペディアより)

  • 日産・R90CK

    日産・R90CKから見たカルソニックカルソニックカンセイ

    開幕戦となった富士500kmでは予選7位からじわじわと順位を上げ、レース後半になると2位に浮上。終盤には燃費が苦しくなったワークスの23号車・カルソニックニッサン・R91CPを猛烈に追い上げて1秒071差の2位に入り、ノバのチーム力の高さを知らしめた。日産・R90CK フレッシュアイペディアより)

  • 日産・RB26DETT

    日産・RB26DETTから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    1990年3月17日、前年まで参戦していたR31型 スカイラインGTS-Rに替わり、RB26DETTを搭載した2台のR32型 スカイラインGT-RがJTC第1戦・西日本サーキット(後のMINEサーキット)に登場した。この日の予選では、カルソニックスカイラインとリーボックスカイラインとが、それまでグループA最強を誇っていたフォード・シエラに大差をつけ、フロントロウを独占し、ポールポジションをカルソニックスカイラインに乗り込む星野一義/鈴木利男組が獲得する。翌3月18日の決勝では、スタートと同時に2台のスカイラインGT-Rが同クラス(ディビジョン1)の他のマシンを、別クラスであるかのように突き放し、カルソニックスカイライン以外の車両は全て周回遅れという離れ業で優勝を遂げるという、この上ないスタート切る。その後、破竹の勢いで1990年シーズンを戦い、カルソニックスカイラインがシリーズチャンピオンを獲得し、1戦だけリタイアしたリーボックスカイラインがシリーズ2位を獲得した。もはや、スカイラインGT-RのライバルはスカイラインGT-Rのみという状態となり、事実上のワンメイクレースとなっていく。日産・RB26DETT フレッシュアイペディアより)

  • 二本松市

    二本松市から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    株式会社CKF(カルソニックカンセイ福島(カルソニックカンセイ連結子会社))二本松市 フレッシュアイペディアより)

  • ホシノインパル

    ホシノインパルから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    日本ラジヱータ→カルソニック(現・カルソニックカンセイホシノインパル フレッシュアイペディアより)

  • 高崎健康福祉大学短期大学部

    高崎健康福祉大学短期大学部から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    富士通・京セラ・日本電気・日立製作所・三洋電機・三菱電機・沖電気工業・ミツバ・澤藤電機・富士重工業・住友軽金属工業・大同特殊鋼・日立金属・明電舎・信越化学工業・日本板硝子・松下電工・サンデン・大成建設・佐田建設・三菱マテリアル・旭ホームズ・日本シイエムケイ・日本ペイント・カルソニックカンセイ・本田技研工業・関電工・住宅金融公庫・農林中央金庫・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・北越銀行・八十二銀行・武蔵野銀行・東和銀行・野村證券・大和証券・日興コーディアル証券・第一生命保険・明治安田生命保険・東京海上日動火災保険・三井住友海上火災保険・あいおい損害保険・東京海上日動火災保険・リコー・両毛システムズ・東芝インフォメーションシステムズ・ゼネラルソフトウェア・FFC・高島屋・西武百貨店・ダイエー・内田洋行・岩谷産業・資生堂・群馬トヨタ・群馬日産自動車・ジェイティービー・近畿日本ツーリスト・トップツアー・日本通運・三菱倉庫・ジェイアール東海パッセンジャーズ・東京電力・東京瓦斯ほか高崎健康福祉大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • ETC

    ETCから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    カルソニックカンセイ株式会社(販売は子会社のシーケー販売株式会社が行う)ETC フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    全日本GT選手権ではホシノインパルよりカルソニックスカイラインで参戦し、ブノワ・トレルイエとのコンビで2勝をあげた。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・プリメーラ

    日産・プリメーラから見たカルソニックカンセイカルソニックカンセイ

    1994年 英国ツーリングカー選手権 (BTCC) にヤン・レーシングから3台がシーズン通して参戦。メインスポンサーはオールドスパイス、ボディカラーはレッド、タイヤはダンロップ。ドライバーは元F1ドライバーのエリック・ヴァン・デ・ポール、キース・オードア、ティフ・ニーデルの3人だった。同年から始まった全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) にNISMOからエントリーの2台がシーズン開幕からフル参戦。カストロール・プリメーラ(ボディカラーはグリーン)を長谷見昌弘が、カルソニック・プリメーラ(ボディカラーはブルー)を星野一義がそれぞれドライブした。タイヤは2台ともブリヂストン。1994年10月、富士スピードウェイで行われた最終戦インターTEC・ラウンド17にてカルソニック・プリメーラが優勝。日産・プリメーラ フレッシュアイペディアより)

53件中 31 - 40件表示

「カルソニックカンセイ」のニューストピックワード