カルレス・プジョル ニュース&Wiki etc.

カルラス・プジョル・サフォルカーダ(Carles Puyol Saforcada IPA:pu?jol i s?fu??kað?, 1978年4月13日 - )は、スペインカタルーニャ州ラ・ポブラ・デ・セグール出身の元サッカー選手。ポジションはDF(センターバック、右サイドバック)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「カルレス・プジョル」のつながり調べ

  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たカルレス・プジョル

    2010年にはスペイン代表が2010 FIFAワールドカップで優勝を果たしたが、このうちの8人はFCバルセロナ出身であり、7人がラ・マシア出身選手であった。スペイン代表のスタメンにはピケ、カルレス・プジョル、イニエスタ、シャビ、セルヒオ・ブスケ、ペドロの6人が名を連ね、FIFAワールドカップ決勝における単一クラブからの最多人数記録を更新した。ロイターはスペイン代表のFIFAワールドカップでの成功にラ・マシアの存在が大きく影響しており、その他の要因としては経済の発展と幸運が挙げられることを示した。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督はFIFAワールドカップ決勝後に「スペイン代表のパスを中心としたプレースタイルはFCバルセロナのそれとそっくりだ。どうやっても彼らには勝てない。ボール回しの際には強い自信と冷静さを兼ね備えている」と述べ、両者に通じる部分があることを指し示した。2010年のFIFAバロンドール投票の最終候補3人(シャビ、イニエスタ、メッシ)はすべてラ・マシア出身者で占められたが、同賞の最終候補3人が同一チームの選手で占められた例は過去に2度しかなく、3人すべてが同一チームの育成組織出身者なのは史上初の快挙だった。(ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たカルレス・プジョル

    バルセロナのカンテラで同期だったジェラール・ピケやカルレス・プジョルとは仲がいい。また、シャビは彼を「未来型フットボーラーのプロトタイプ」と表現している。(セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

「カルレス・プジョル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ