前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • ジェラール・ピケ

    ジェラール・ピケから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    ガブリエル・ミリートの長期負傷離脱という幸運もあり、ラファエル・マルケスやカルレス・プジョルと共にセンターバックのコンビを組んだ。2008年11月26日、5-2で勝利したチャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦(アウェー)で移籍後初得点を挙げた。スペイン国内での初得点は2009年1月29日のコパ・デル・レイ、エスパニョール戦で、57分にコーナーキックから挙げた彼のゴールにより試合の流れが変わって3-2で勝利を収めた。5月2日、6-2と完勝したレアル・マドリードとのエル・クラシコではサミュエル・エトオのクロスからリーグ戦初得点を決めた。5月13日のコパ・デル・レイ決勝では4-1でアスレティック・ビルバオを破り、FCバルセロナでの初タイトルを獲得した。その3日後のリーグ戦で2位のレアル・マドリードが2-3でビジャレアルに敗れたため、2節を残してのFCバルセロナのリーグ優勝が決定した。5月27日にはチャンピオンズリーグ決勝で古巣マンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利して歴史的な3冠目のトロフィーを獲得した。異なるクラブで2年連続優勝を経験することとなったが、これはマルセル・デサイー、パウロ・ソウザに続く史上3人目の記録である。ジェラール・ピケ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・カプデビラ

    ジョアン・カプデビラから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2006 FIFAワールドカップ後はスペイン代表に定着し、不動の左SBとして君臨するようになった。UEFA欧州選手権2008予選のスウェーデン戦で代表初得点。2008年2月6日には、マラガで行われたフランスとの親善試合でも決勝点を決めた。UEFA欧州選手権2008前には友人のスポーツライター中嶋亨から明治神宮のお守りを貰ったが、そのお守りがスペイン代表チーム内で流行し、シャビなど中嶋に「お守りが欲しい」という選手が続出した。UEFA欧州選手権2008本大会グループリーグのスウェーデン戦では自陣からのロングパスでダビド・ビジャの決勝点をアシストした。セルヒオ・ラモス、カルレス・プジョル、カルロス・マルチェナと4バックを組み、決勝トーナメント以後の3試合すべてを完封して優勝を勝ち取った。ジョアン・カプデビラ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・イバニェス

    パブロ・イバニェスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2004年11月17日、マドリードで行われたイングランド戦(1-0)でスペイン代表デビューした。2006 FIFAワールドカップではカルレス・プジョルとともにセンターバックのレギュラーであった。同大会後はカルロス・マルチェナもしくはラウール・アルビオルの控えとなり、2008年にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任してからはスペイン代表に招集されていない。パブロ・イバニェス フレッシュアイペディアより)

  • ウナイ・ベルガラ

    ウナイ・ベルガラから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    カタルーニャ州のセグンダ・ディビシオンB所属クラブであるUEサン・アンドレウ、UDAグラメネットから1999年セグンダ・ディビシオン所属のCPメリダへ移籍しレギュラーとして活躍、クラブは財政難により翌年限りで解散となるも自らは同年プリメーラ・ディビシオン昇格を果たしたビジャレアルCFへと順調なステップアップを続ける。2000年のシドニー五輪にカルレス・プジョルやシャビらとともに参加し、銀メダルを獲得した。ベルガラは3試合に出場した。2001年2月28日のイングランド戦でスペイン代表デビューした。バスク州選抜でもプレーした。ウナイ・ベルガラ フレッシュアイペディアより)

  • ロレンソ・セラ・フェレール

    ロレンソ・セラ・フェレールから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    1997年にFCバルセロナの下部組織のコーチに就任し、2000年にトップチームのルイス・ファン・ハール監督が解任されたために後任監督に就任した。ファン・ハール監督時代の中心選手であったヤリ・リトマネンを構想外とし、生え抜きのカルレス・プジョルやシャビなどの若手を積極的に起用したが、3バックと4バックを併用した采配が守備的でスペクタクルに欠けるとの指摘も聞かれた。2000-01シーズンはリーグ戦で低調な成績を続け、UEFAカップではリヴァプールFCと戦った準決勝で敗退した。同大会からの敗退が決まった翌週のリーグ戦でCAオサスナに敗れ、成績不振により監督を解任された。その後はユース部門の統括者となった。ロレンソ・セラ・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・アビダル

    エリック・アビダルから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2011年5月28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦後の優勝セレモニーにおいて、主将のカルレス・プジョルの計らいでキャプテンマークを巻いて優勝トロフィーの「ビッグイヤー」を掲げる大役を任されている。エリック・アビダル フレッシュアイペディアより)

  • さよならフットボール

    さよならフットボールから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    希たちとは幼馴染で希に誘われたことをきっかけにサッカーを始め、スポーツ少年団ではチームメイトだった。運動能力で劣っていたために希からたびたび特訓を受けてしごかれていたが、当時から非凡な才能をもつ希のことを慕っていた。小学4年生の時に転校したが、練習を積んで強靭な身体能力を獲得し、中学生になって希に再会した際にはサッカーについて強気な態度を示した。佐和からはプレースタイルを「カルレス・プジョルのようだ」と例えられている。さよならフットボール フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピックにおけるサッカー競技

    シドニーオリンピックにおけるサッカー競技から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    男子競技では、前回大会(1996年アトランタ大会)のナイジェリアに続いて、アフリカから出場したカメルーンが金メダルを獲得し、アフリカの躍進を印象付けた。また、銀メダルのスペインはシャビ、プジョル、カプデビラ、マルチェナら後にA代表の主力となる選手たちが活躍し、10年後の2010 FIFAワールドカップでスペインの初優勝に大きく貢献した。シドニーオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    どちらのチームもホーム用ユニフォームカラーに臙脂色を採用しているため、アーセナルFCの選手たちはアウェー用の黄色いユニフォームに着替え、FCバルセロナはホーム用のユニフォームを着た。アーセナルFCがコイントスに勝利し、FCバルセロナのキックオフで試合が始まった。FCバルセロナは開始直後からプレッシャーにさらされ、アンリが2度もバルデスにセーブを強いた。7分に角度のない場所からFCバルセロナのジュリが放ったシュートはイェンス・レーマンに防がれた。11分にはFCバルセロナが32mの距離からのフリーキックを獲得したが、ロナウジーニョのキックは枠から大きく外れた。18分にはこぼれ球をジュリが押し込み、FCバルセロナが先制点を決めたかと思われたが、その直前にレーマンのファールがあったとして得点は認められなかった。レーマンがペナルティエリアの外でエトオを倒したとして一発退場処分を受けたが、これはUEFAチャンピオンズリーグ決勝史上初の退場者であった。レーマンを失ったアーセナルFCはピレスをベンチに下げて控えGKのマヌエル・アルムニアを投入した。試合が再開されてロナウジーニョが蹴ったフリーキックは枠を外れた。レーマンの退場してからFCバルセロナはさらなる圧力をかけ、エブエは苦し紛れのタックルを放って警告を受けた。数的不利のアーセナルFCは35分にフリーキックからソル・キャンベルがヘディングシュートで先制点を決めた。この発端となったファールはカルレス・プジョルがエブエを倒したことにより獲得したものであるが、エブエのプレーがシミュレーションであったと考える者もいた。前半終了間際にはFCバルセロナのエトオが惜しいシュートを放ったが、アルムニアが弾いたボールはゴールバーに当たって得点にはならず、アーセナルFCが1点のリードを保って前半を終えた。FCバルセロナは前半途中に負傷したエジミウソンをイニエスタと交代させて後半に備えた。UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・アルベロア

    アルバロ・アルベロアから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    EURO 2012においては、カルレス・プジョルの負傷により右サイドバックのレギュラーとなり、スペインの優勝に貢献した。アルバロ・アルベロア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「カルレス・プジョル」のニューストピックワード