前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • ジョアン・カプデビラ

    ジョアン・カプデビラから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2006 FIFAワールドカップ後はスペイン代表に定着し、不動の左SBとして君臨するようになった。UEFA欧州選手権2008予選のスウェーデン戦で代表初得点。2008年2月6日には、マラガで行われたフランスとの親善試合でも決勝点を決めた。UEFA欧州選手権2008前には友人のスポーツライター中嶋亨から明治神宮のお守りを貰ったが、そのお守りがスペイン代表チーム内で流行し、シャビなど中嶋に「お守りが欲しい」という選手が続出した。UEFA欧州選手権2008本大会グループリーグのスウェーデン戦では自陣からのロングパスでダビド・ビジャの決勝点をアシストした。セルヒオ・ラモス、カルレス・プジョル、カルロス・マルチェナと4バックを組み、決勝トーナメント以後の3試合すべてを完封して優勝を勝ち取った。ジョアン・カプデビラ フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・レーマン

    イェンス・レーマンから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2005-06シーズンはチャンピオンズリーグで出場したグループステージ1試合と準決勝までのノックアウトステージ6試合をいずれも完封し、他にも公式戦10試合連続無失点を記録するなど好調を維持していたが、FCバルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝戦では前半18分にサミュエル・エトオの足にペナルティエリア外で手で引っ掻け、レッドカードを貰い退場。たが、エトーが倒れた後のこぼれ玉をリュドビク・ジュリがシュートしてゴールネットを揺らしており、後に主審が「ゴールを認めてイエローカードを提示した方が良かった」との趣旨を発言し、物議を醸した。結果としてはバルセロナの先制ゴールは取り消しになり、逆に前半35分にカルレス・プジョルによって倒されたエマヌエル・エブエに対する微妙な判定によって得られたティエリ・アンリのフリーキックをソル・キャンベルが頭で合わせてアーセナルが先制した。現在でもバルセロナとアーセナル双方がこれらの判定に賛否両論である。その後、アーセナルは後半に2得点を奪われ逆転負けし、準優勝に終わった。イェンス・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • ジェラール・ピケ

    ジェラール・ピケから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    ガブリエル・ミリートの長期負傷離脱という幸運もあり、ラファエル・マルケスやカルレス・プジョルと共にセンターバックのコンビを組んだ。2008年11月26日、5-2で勝利したチャンピオンズリーグのスポルティングCP戦(アウェー)で移籍後初得点を挙げた。スペイン国内での初得点は2009年1月29日のコパ・デル・レイ、エスパニョール戦で、57分にコーナーキックから挙げた彼のゴールにより試合の流れが変わって3-2で勝利を収めた。5月2日、6-2と完勝したレアル・マドリードとのエル・クラシコではサミュエル・エトオのクロスからリーグ戦初得点を決めた。5月13日のコパ・デル・レイ決勝では4-1でアスレティック・ビルバオを破り、FCバルセロナでの初タイトルを獲得した。その3日後のリーグ戦で2位のレアル・マドリードが2-3でビジャレアルに敗れたため、2節を残してのFCバルセロナのリーグ優勝が決定した。5月27日にはチャンピオンズリーグ決勝で古巣マンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利して歴史的な3冠目のトロフィーを獲得した。異なるクラブで2年連続優勝を経験することとなったが、これはマルセル・デサイー、パウロ・ソウザに続く史上3人目の記録である。ジェラール・ピケ フレッシュアイペディアより)

  • プジョル

    プジョルから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    カルレス・プジョル - スペインのサッカー選手。プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルラス・プジョル

    カルラス・プジョルから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    カルラス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • ロレンソ・セラ・フェレール

    ロレンソ・セラ・フェレールから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    1997年にFCバルセロナの下部組織のコーチに就任し、2000年にトップチームのルイス・ファン・ハール監督が解任されたために後任監督に就任した。ファン・ハール監督時代の中心選手であったヤリ・リトマネンを構想外とし、生え抜きのカルレス・プジョルやシャビなどの若手を積極的に起用したが、3バックと4バックを併用した采配が守備的でスペクタクルに欠けるとの指摘も聞かれた。2000-01シーズンはリーグ戦で低調な成績を続け、UEFAカップではリヴァプールFCと戦った準決勝で敗退した。同大会からの敗退が決まった翌週のリーグ戦でCAオサスナに敗れ、成績不振により監督を解任された。その後はユース部門の統括者となった。ロレンソ・セラ・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • サッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜

    サッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    「ディフェンスの極意」(オレゲール・プレサス、カルレス・プジョルサッカー スーパーレッスン〜バルサのテクニックをキミたちに!〜 フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    過去のFIFAワールドカップやユーロで、期待されながらの早期敗退を繰り返してきたスペインだったが、本大会では大会前の国際試合で16戦連続無敗を記録するなど、好調を維持して開幕を迎えた。そして蓋を開けると、本大会限りでの勇退が決まっていたルイス・アラゴネス監督の下、「クアトロ・フゴーネス(4人の創造者)」と名づけられたシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスという4人のゲームメーカーを中心として展開される華麗なパスサッカーは、予想以上に大会を席巻した。グループリーグを3連勝で突破すると、準々決勝では永年公式戦で煮え湯を飲まされ続けてきたイタリアにPK戦で勝利し、準決勝ではグループリーグの雪辱を期して挑んできたロシアを返り討ちにし、決勝戦へ進出。決勝では、調子が上がらないながらもしぶとく勝ち上がってきたドイツを終始圧倒し、スコア以上の完勝で44年ぶりの栄冠を手にした。タレント揃いの攻撃陣に加え、相手のスペースをことごとく潰し続けたマルコス・セナ、闘志溢れるプレーでチームを引っ張ったカルレス・プジョル、神がかりなスーパーセーブを連発し、イタリア戦ではPK戦勝利の立役者となったキャプテンイケル・カシージャスなど守備陣の奮闘もあり、「大舞台で勝負弱い」というこれまでのスペインのイメージを完全に払拭した、圧倒的な優勝劇だった。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピックにおけるサッカー競技

    シドニーオリンピックにおけるサッカー競技から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    男子競技では、前回大会(1996年アトランタ大会)のナイジェリアに続いて、アフリカから出場したカメルーンが金メダルを獲得し、アフリカの躍進を印象付けた。また、銀メダルのスペインはシャビ、プジョル、カプデビラ、マルチェナら後にA代表の主力となる選手たちが活躍し、10年後の2010 FIFAワールドカップでスペインの初優勝に大きく貢献した。シドニーオリンピックにおけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・マルティネス・バジェステロス

    セルヒオ・マルティネス・バジェステロスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2005年9月のFCバルセロナ戦で、退場になった際にカルレス・プジョルに平手打ちを見舞う。被害者のプジョルはその後もにっこりと笑って対応した。セルヒオ・マルティネス・バジェステロス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示