41件中 11 - 20件表示
  • シャビ

    シャビから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。本大会グループリーグのスイスとの緒戦は0-1で敗れたが、ホンジュラスとチリに勝利してグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントではポルトガル、パラグアイ、ドイツ、オランダを倒して初優勝を飾った。決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWダビド・ビジャの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFカルレス・プジョルの得点をアシストした。決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達した。パス本数はバスティアン・シュバインシュタイガーに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった。また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった。7試合で全選手中トップの80.2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11.4kmに達した。ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した。シャビ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    4月13日 - カルレス・プジョル(スペイン、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • カンテラ

    カンテラから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    1990年代以降にはシャビやリオネル・メッシ、イニエスタ、ビクトール・バルデス、カルレス・プジョル、ジェラール・ピケなどを輩出し、現にトップチームで活躍する選手の多くはカンテラ出身である。ほか、アーセナルFCのセスク・ファブレガス(2011年に古巣・バルセロナに移籍)、リバプールFCのホセ・マヌエル・レイナなどのように他チームで開花する選手も多い。現・バルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラもカンテラ出身である。カンテラ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・マルティネス・バジェステロス

    セルヒオ・マルティネス・バジェステロスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2005年9月のFCバルセロナ戦で、退場になった際にカルレス・プジョルに平手打ちを見舞う。被害者のプジョルはその後もにっこりと笑って対応した。セルヒオ・マルティネス・バジェステロス フレッシュアイペディアより)

  • 金亨鎰

    金亨鎰から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    憧れの選手はスペイン代表のカルレス・プジョルで、参考にしているのはプレースタイルと長い髪型。金亨鎰 フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010年11月29日、カンプ・ノウで行われたFCバルセロナとのエル・クラシコでは、リオネル・メッシに対して激しいタックルを行い、その後抗議に来たカルレス・プジョルを突き飛ばして主審からレッドカードを受けた。レアル・マドリードに移籍して以来5度目の退場処分であり、175試合にしてフェルナンド・イエロの持つ退場数のクラブ記録と並んでしまった。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ルケ

    アルベルト・ルケから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    シドニーオリンピックでU-23スペイン代表として2試合に出場し、シャビ, ガブリ, ダビド・アルベルダ, カルロス・マルチェナ, カルレス・プジョルらと共に銀メダル獲得に貢献した。RCDマヨルカでの活躍から、それまでA代表に出場歴がないにも関わらず2002 FIFAワールドカップのメンバー入りを果たし、2002年6月12日、3-2で勝利したグループステージの南アフリカ戦で初出場を記録。また、ベスト16のアイルランド戦にも出場し勝利した。アルベルト・ルケ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレ

    ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    U-20代表として1999 FIFAワールドユース選手権で優勝を成し遂げた。更に2000年にU-23代表として背番号10を背負い、シャビ, カルレス・プジョル, ダビド・アルベルダ, アルベルト・ルケ, カルロス・マルチェナらと共にシドニー・オリンピックで銀メダル獲得に貢献した。ガブリエル・ガルシア・デ・ラ・トーレ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア

    セルヒオ・ロドリゲス・ガルシアから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    プリメーラ・ディビシオン・FCバルセロナのカンテラ出身の選手。Bリスト登録ではあったが、2005-2006シーズンからトップチームに定着する。基本的にはカルレス・プジョルの控えであったが、センターハーフやボランチでもプレーできるため、ティアゴ・モッタやガブリ・ガルシアと共に重宝されていた。セルヒオ・ロドリゲス・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • セサル・マルティン

    セサル・マルティンから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    1999年8月18日、ワルシャワで行われたポーランドとの親善試合(2-1)でスペイン代表デビューした。UEFA欧州選手権2000予選では持ち味である空中戦の強さを生かしてヘディングで2得点を決めている。代表デビュー直後は将来の可能性を感じさせたが、主に負傷によるコンディション低下の影響などでキャリアを奪われ、カルレス・プジョルやパブロ・イバニェスの控えに甘んじた。2004年、最後の出場となったアンドラ戦で通算3得点目を決めた。その直後にはUEFA欧州選手権2004に出場したが、出場機会はなかった。セサル・マルティン フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「カルレス・プジョル」のニューストピックワード