55件中 21 - 30件表示
  • アルベルト・ルケ

    アルベルト・ルケから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    シドニーオリンピックでU-23スペイン代表として2試合に出場し、シャビ、ガブリ、ダビド・アルベルダ、カルロス・マルチェナ、カルレス・プジョルらと共に銀メダル獲得に貢献した。RCDマヨルカでの活躍から、それまでA代表に出場歴がないにも関わらず2002 FIFAワールドカップのメンバー入りを果たし、2002年6月12日、3-2で勝利したグループステージの南アフリカ戦で初出場を記録。また、ベスト16のアイルランド戦にも出場し勝利した。アルベルト・ルケ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・イバニェス

    パブロ・イバニェスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2004年11月17日、マドリードで行われたイングランド戦(1-0)でスペイン代表デビューした。2006 FIFAワールドカップではカルレス・プジョルとともにセンターバックのレギュラーであった。同大会後はカルロス・マルチェナもしくはラウール・アルビオルの控えとなり、2008年にビセンテ・デル・ボスケが監督に就任してからはスペイン代表に招集されていない。パブロ・イバニェス フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ミリート

    ガブリエル・ミリートから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2007年7月10日、FCバルセロナと4年契約を結んだ。移籍金は1850万ユーロ(1390万ポンド)、年俸は400万ユーロ(270万ポンド)と報道されている。背番号はティアゴ・モッタが着けていた3を与えられ、9月2日のアスレティック・ビルバオ戦 (3-1) でデビューし、11月24日のレクレアティーボ・ウェルバで初得点を挙げた。2008年5月5日、右膝前十字靭帯を負傷し、2008-09シーズンは1シーズン丸々欠場したため、3冠達成には立ち会っていない。2年近くも試合に出場できなかったが、2009年12月に行われたカーズマSCとの親善試合で602日ぶりにチームに復帰し、2010年1月5日のコパ・デル・レイ、セビージャFC戦1stレグ(1-2)で公式戦に復帰した。セビージャ戦の5日後のCDテネリフェ戦 (5-0) ではカルレス・プジョルとの交代で試合終了間際の7分間だけ出場し、リーグ戦に復帰した。2010年11月11日のコパ・デル・レイ、戦 (5-1) では1得点を挙げたが、この試合で再び負傷した。2011年4月30日のレアル・ソシエダ戦 (2-1) では先発出場してゴールネットを揺らしたが、オフサイドの反則があったとして得点は認められず、更にこの攻撃の際にふくらはぎの筋肉を痛め、残りのシーズンを欠場した。ガブリエル・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリク・ラーション

    ヘンリク・ラーションから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2009年11月1日、リーグ最終節のIFエルフスボリ戦をもって現役を引退。試合終了後の引退セレモニーではマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督や元同僚のカルレス・プジョル、シャビ・エルナンデス、そしてスウェーデン代表でチームメイトだったズラタン・イブラヒモビッチから贈られたビデオレターがスクリーンに映し出され、それを観たラーションの目には涙が浮かんでいた。ヘンリク・ラーション フレッシュアイペディアより)

  • ブレイズ・ヌクフォ

    ブレイズ・ヌクフォから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選は10試合すべてにフル出場し、同組となったイスラエル、ルクセンブルク、ラトビア、ギリシャ、モルドバすべてからゴールを決め、5得点でFWアレクサンダー・フレイとともにチーム得点王になった。2010年5月11日、南アフリカで開催される2010 FIFAワールドカップ本大会に出場する23人に選ばれた。本大会グループリーグではチームプレーに徹し、初戦のスペイン戦ではカルレス・プジョルやジェラール・ピケ相手にボールを収めたが、グループリーグで敗退した。ブレイズ・ヌクフォ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    4月13日 - カルレス・プジョル(スペイン、サッカー)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 金亨鎰

    金亨鎰から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    憧れの選手はスペイン代表のカルレス・プジョルで、参考にしているのはプレースタイルと長い髪型。金亨鎰 フレッシュアイペディアより)

  • ラウール・アルビオル

    ラウール・アルビオルから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    スペインU-21代表の経験が豊富である。2006年にはルイス・アラゴネス監督によって代表ミーティングに招集されたが、ドイツW杯の出場メンバーからは漏れた。2007年10月13日、EURO2008予選のデンマーク戦(3-1)でスペイン代表デビューした。EURO2008本選にも出場し、レギュラーはカルレス・プジョルとカルロス・マルチェナであったが、スウェーデン戦に途中出場し、ギリシャ戦に先発フル出場した。2009年6月にはコンフェデレーションズカップに参加した。グループリーグ初戦のニュージーランド戦(5-0)ではマルチェナを差し置いてプジョルとコンビを組み、その後も1試合に出場した。ラウール・アルビオル フレッシュアイペディアより)

  • 2018年 FIFAワールドカップ

    2018年 FIFAワールドカップから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    抽選会の司会進行は元イングランド代表FWであるゲーリー・リネカーとロシアの女性サッカージャーナリストであるマリア・コマンドナヤが務めた。ドロワーは開催国のロシアと歴代優勝国の元代表選手の中から選ばれ、ローラン・ブラン、ゴードン・バンクス、カフー、ファビオ・カンナヴァーロ、ディエゴ・フォルラン、ディエゴ・マラドーナ、カルレス・プジョル、ニキータ・シモニャンの8名が務めた。このうちフォルランとシモニャンを除く6名は、実際に優勝した代表チームの一員である。なお、優勝国から唯一ドロワーに選ばれていないドイツからは、ミロスラフ・クローゼがワールドカップトロフィーを持ってステージに壇上した。2018年 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 4月13日

    4月13日から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    1978年 - カルレス・プジョル、サッカー選手4月13日 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示