41件中 21 - 30件表示
  • セスク・ファブレガス

    セスク・ファブレガスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    バルセロナのカンテラで同期だったジェラール・ピケやカルレス・プジョルとは仲がいい。また、シャビは彼を「未来型フットボーラーのプロットタイプ」と表現している。セスク・ファブレガス フレッシュアイペディアより)

  • サッカーカタルーニャ選抜

    サッカーカタルーニャ選抜から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    スペインの一地方の選抜チームであり、欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないため、UEFA欧州選手権やFIFAワールドカップなどの国際大会への出場はできないが、カタルーニャ地方の人々にとってはスペイン代表以上の存在であり、親善試合の際には多くのファンがスタジアムを埋める。1997年以降はクリスマス休暇中に各国代表や各州選抜を招待して親善試合を行うことが恒例行事となっている。選手たちもカタルーニャ選抜に特別な感情を持っており、カルレス・プジョルは「カタルーニャ選抜のユニフォームは肌のようなものだ」と語ったことがある。サッカーカタルーニャ選抜 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2008年9月24日、ロナウジーニョがACミランに移籍したことにより、DFカルレス・プジョル(第1キャプテン)、シャビ(第2キャプテン)、GKビクトル・バルデス(第3キャプテン)と一緒に新しいキャプテンの一人(第4キャプテン)に選ばれた。11月中旬に足を負傷し、完全に状態が回復するまで試合出場を控えたが、2009年1月3日のマジョルカ戦の後半途中に復帰し、その10分後にはカム・ノウの観客の前で重要な得点を決めて見せた。2009年2月5日、コパ・デル・レイのマジョルカ戦に出場し、公式戦を通じて250試合出場を達成した。ホームでのマラガ戦で再び負傷したが、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、バイエルン・ミュンヘン戦1stレグで復帰し、4-0で快勝した。2008-09シーズンのプレーは高く評価され、カム・ノウのみならずアウェーゲームでスタンディング・オベーションを受けることもあった。2009年5月6日、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝、チェルシー戦2ndレグでは、後半ロスタイム3分過ぎにメッシからパスを受け、ペナルティエリア外からアウェーゴール差での勝ち抜けを決める重要な得点を叩き込んだ。FCバルセロナの枠内シュートはこの1本だけであった。決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではエトオの先制点をアシストして優勝に貢献したが、試合前に腿を痛めていたにも関わらず無理を押して決勝に出場したことで怪我を悪化させた。この試合後には、ウェイン・ルーニーが「世界のベストプレーヤーはイニエスタ」と表現した。2008-09シーズンはドン・バロン紙の年間最優秀選手に選ばれた。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ミリート

    ガブリエル・ミリートから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2007年7月10日、FCバルセロナと4年契約を結んだ。移籍金は1850万ユーロ(1390万ポンド)、年俸は400万ユーロ(270万ポンド)と報道されている。背番号はティアゴ・モッタが着けていた3を与えられ、9月2日のビルバオ戦(3-1)でデビューし、11月24日のレクレアティーボ・ウェルバで初得点を挙げた。2008年5月5日、右膝前十字靭帯を負傷し、2008-09シーズンは1シーズン丸々欠場したため、3冠達成には立ち会っていない。2年近くも試合に出場できなかったが、2009年12月に行われたカズマSCとの親善試合で602日ぶりにチームに復帰し、2010年1月5日のコパ・デル・レイ、セビージャ戦1stレグ(1-2)で公式戦に復帰した。セビージャ戦の5日後のCDテネリフェ戦(5-0)ではカルレス・プジョルとの交代で試合終了間際の7分間だけ出場し、リーグ戦に復帰した。2010年11月11日のコパ・デル・レイ、ADセウタ戦(5-1)では1得点を挙げたが、この試合で再び負傷した。2011年4月30日のソシエダ戦(2-1)では先発出場してゴールネットを揺らしたが、オフサイドの反則があったとして得点は認められず、更にこの攻撃の際にふくらはぎの筋肉を痛め、残りのシーズンを欠場した。ガブリエル・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・マルケス (サッカー選手)

    ラファエル・マルケス (サッカー選手)から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2006 FIFAワールドカップ後、マルケスは2010年6月までの延長契約にサインした。2006-07シーズンに負傷したにも関わらず2007年夏には他クラブへの移籍が噂され、クラブでの未来は漠然としたものであった。コパ・アメリカ2007でトップフォームを取り戻し、大会有数のディフェンダーとして3位というまずまずの結果を得た。2007-08シーズンは素晴らしいスタートを切り、キャプテンのカルレス・プジョルの負傷離脱中は新加入のガブリエル・ミリートと強固な信頼関係を築いた。しかし、度重なる怪我によりフォームを崩た後半戦はほとんどチームに貢献できず、チームもビジャレアルCFに追い抜かれてリーグ戦3位に終わった。2008年夏にはアメリカのヒューストンで開催された「フリーキックマスターズ2008」という大会に出場し、ロナウジーニョ、リオネル・メッシ、ロマーリオら多くの名フリーキッカーを抑えて優勝し、優勝トロフィーと共に賞金100万ドル(約1億円)を獲得した。ラファエル・マルケス (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • イェンス・レーマン

    イェンス・レーマンから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2006年8月24日に授賞式が行われた2006年度MTVムービー・アウォーズにおいて見事GK部門で受賞を果たした。ちなみに他の受賞者はカルレス・プジョル、デコ、サミュエル・エトオ、ロナウジーニョと全員2006年のUEFAチャンピオンズリーグ優勝チームのFCバルセロナの選手であり、唯一レーマンだけがFCバルセロナの選手以外から選出された。イェンス・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・カセレス

    マルティン・カセレスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2008年6月4日に4年契約でFCバルセロナに完全移籍し、違約金は5000万ユーロに設定された。FCバルセロナからビジャレアルCFには1650万ユーロ((約26億8000万円)の移籍金が支払われている。2008-09シーズンは2度の負傷やジョゼップ・グアルディオラ監督の判断などであまり出場機会を得られず、怪我から復帰した後も主将のカルレス・プジョル、ジェラール・ピケ、ラファエル・マルケスに次ぐ4番手のセンターバックという立ち位置は変わらなかった。しかし、好調を維持したクラブはコパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠(トレブル)を達成し、控え選手ではあったものの優勝に貢献した。マルティン・カセレス フレッシュアイペディアより)

  • ブレイズ・ヌクフォ

    ブレイズ・ヌクフォから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選は10試合すべてにフル出場し、同組となったイスラエル、ルクセンブルク、ラトビア、ギリシャ、モルドバすべてからゴールを決め、5得点でFWアレクサンダー・フレイとともにチーム得点王になった。2010年5月11日、南アフリカで開催される2010 FIFAワールドカップ本大会に出場する23人に選ばれた。本大会グループリーグではチームプレーに徹し、初戦のスペイン戦ではカルレス・プジョルやジェラール・ピケ相手にボールを収めたが、グループリーグで敗退した。ブレイズ・ヌクフォ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010年にはスペイン代表が2010 FIFAワールドカップで優勝を果たしたが、このうちの8人はFCバルセロナ出身であり、7人がラ・マシア出身選手であった。スペイン代表のスタメンにはピケ、カルレス・プジョル、イニエスタ、シャビ、セルヒオ・ブスケ、ペドロの6人が名を連ね、FIFAワールドカップ決勝における単一クラブからの最多人数記録を更新した。ロイターはスペイン代表のFIFAワールドカップでの成功にラ・マシアの存在が大きく影響しており、その他の要因としては経済の発展と幸運が挙げられることを示した。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督はFIFAワールドカップ決勝後に「スペイン代表のパスを中心としたプレースタイルはFCバルセロナのそれとそっくりだ。どうやっても彼らには勝てない。ボール回しの際には強い自信と冷静さを兼ね備えている」と述べ、両者に通じる部分があることを指し示した。2010年のFIFAバロンドール投票の最終候補3人(シャビ、イニエスタ、メッシ)はすべてラ・マシア出身者で占められたが、同賞の最終候補3人が同一チームの選手で占められた例は過去に2度しかなく、3人すべてが同一チームの下部組織出身者なのは史上初の快挙だった。ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    過去のFIFAワールドカップやユーロで、期待されながらの早期敗退を繰り返してきたスペインだったが、本大会では大会前の国際試合で16戦連続無敗を記録するなど、好調を維持して開幕を迎えた。そして蓋を開けると、本大会限りでの勇退が決まっていたルイス・アラゴネス監督の下、「クアトロ・フゴーネス(4人の創造者)」と名づけられたシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスという4人のゲームメーカーを中心として展開される華麗なパスサッカーは、予想以上に大会を席巻した。グループリーグを3連勝で突破すると、準々決勝では永年公式戦で煮え湯を飲まされ続けてきたイタリアにPK戦で勝利し、準決勝ではグループリーグの雪辱を期して挑んできたロシアを返り討ちにし、決勝戦へ進出。決勝では、調子が上がらないながらもしぶとく勝ち上がってきたドイツを終始圧倒し、スコア以上の完勝で44年ぶりの栄冠を手にした。タレント揃いの攻撃陣に加え、相手のスペースをことごとく潰し続けたマルコス・セナ、闘志溢れるプレーでチームを引っ張ったカルレス・プジョル、神がかりなスーパーセーブを連発し、イタリア戦ではPK戦勝利の立役者となったキャプテンイケル・カシージャスなど守備陣の奮闘もあり、「大舞台で勝負弱い」というこれまでのスペインのイメージを完全に払拭した、圧倒的な優勝劇だった。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「カルレス・プジョル」のニューストピックワード