55件中 31 - 40件表示
  • パトリシオ・ガバロン

    パトリシオ・ガバロンから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2012年9月22日、セグンダ・ディビシオンのエルクレスCF戦の後半にジェラール・デウロフェウとの交代で途中出場しバルセロナBでの初出場となった。翌2013年の11月26日のUEFAチャンピオンズリーグ 2013-14のアヤックス・アムステルダム戦でカルレス・プジョルとの交代でFCバルセロナのトップチームで初出場を果たした。しかしトップチームでの出場はこの1試合に止まった。パトリシオ・ガバロン フレッシュアイペディアより)

  • エリック・アビダル

    エリック・アビダルから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2011年5月28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦後の優勝セレモニーにおいて、主将のカルレス・プジョルの計らいでキャプテンマークを巻いて優勝トロフィーの「ビッグイヤー」を掲げる大役を任されている。エリック・アビダル フレッシュアイペディアより)

  • ラ・マシア

    ラ・マシアから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010年にはスペイン代表が2010 FIFAワールドカップで優勝を果たしたが、このうちの8人はFCバルセロナ出身であり、7人がラ・マシア出身選手であった。スペイン代表のスタメンにはピケ、カルレス・プジョル、イニエスタ、シャビ、セルヒオ・ブスケ、ペドロの6人が名を連ね、FIFAワールドカップ決勝における単一クラブからの最多人数記録を更新した。ロイターはスペイン代表のFIFAワールドカップでの成功にラ・マシアの存在が大きく影響しており、その他の要因としては経済の発展と幸運が挙げられることを示した。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督はFIFAワールドカップ決勝後に「スペイン代表のパスを中心としたプレースタイルはFCバルセロナのそれとそっくりだ。どうやっても彼らには勝てない。ボール回しの際には強い自信と冷静さを兼ね備えている」と述べ、両者に通じる部分があることを指し示した。2010年のFIFAバロンドール投票の最終候補3人(シャビ、イニエスタ、メッシ)はすべてラ・マシア出身者で占められたが、同賞の最終候補3人が同一チームの選手で占められた例は過去に2度しかなく、3人すべてが同一チームの育成組織出身者なのは史上初の快挙だった。ラ・マシア フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・カセレス

    マルティン・カセレスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2008年6月4日に4年契約でFCバルセロナに完全移籍し、違約金は5000万ユーロに設定された。FCバルセロナからビジャレアルCFには1650万ユーロ(約26億8000万円)の移籍金が支払われている。背番号は2番。2008-09シーズンは2度の負傷やジョゼップ・グアルディオラ監督の判断などであまり出場機会を得られず、怪我から復帰した後も主将のカルレス・プジョル、ジェラール・ピケ、ラファエル・マルケスに次ぐ4番手のセンターバックという立ち位置は変わらなかった。しかし、好調を維持したクラブはコパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠(トレブル)を達成し、控え選手ではあったものの優勝に貢献した。マルティン・カセレス フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    カルレス・プジョル(FCバルセロナ、1996年-2014年)フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ペトル・チェフ

    ペトル・チェフから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    チャンピオンズリーグでは、準決勝で王者バルセロナ(以下バルサと表記)と対戦。圧倒的不利との予想通り、4月18日のホームでの1stレグはバルサにボールを支配される展開となった。後半42分にはリオネル・メッシのFKからカルレス・プジョルに頭で合わせられたが、これを見事にファインセーブで切り抜けた。この他にもバルサの決定機を尽く防いで1-0で勝利。前半ロスタイムにディディエ・ドログバが決めたゴールを最後まで守り抜いた。4月24日にアウェーで行われた2ndレグではバルサに2点を先行され、さらにギャリー・ケイヒルが負傷で、ジョン・テリーがアレクシス・サンチェスのシミュレーションで退場となるなど厳しい展開になった。前半ロスタイムに1点を返してアウェーゴール差で再びリードを奪うと、後半はメッシがPKを失敗。チェフ自身も後半17分にはイサーク・クエンカとの1対1を、終了間際にはハビエル・マスチェラーノのミドルシュートをそれぞれセーブ。ロスタイムにはフェルナンド・トーレスの同点ゴールが生まれ、2戦合計3-2でバルサに3年前の借りを返すとともに4年ぶりに決勝へ進んだ。ペトル・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・フランシスコ・トーレス

    フアン・フランシスコ・トーレスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    ワールドユース選手権にはスペイン代表として2003年のUAE大会と2005年のオランダ大会に出場。UAE大会ではチームの準優勝に貢献。その後はU-21スペイン代表へ着実にステップアップしている。2012年5月26日のセルビアとの親善試合でフル代表デビューを果たした。怪我で離脱したカルレス・プジョルの代役としてUEFA EURO 2012のエントリーメンバー23人に選出され、スペインの連覇に貢献した。2013年11月16日の赤道ギニアとの親善試合で得点を挙げたが、後にFIFAによって試合自体が無効扱いされたため代表初得点は認められなかった。フアン・フランシスコ・トーレス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・イニエスタ

    アンドレス・イニエスタから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2008年9月24日、ロナウジーニョがACミランに移籍したことにより、DFカルレス・プジョル(第1キャプテン)、シャビ(第2キャプテン)、GKビクトル・バルデス(第3キャプテン)と一緒に新しいキャプテンの一人(第4キャプテン)に選ばれた。11月中旬に足を負傷し、完全に状態が回復するまで試合出場を控えたが、2009年1月3日のマヨルカ戦の後半途中に復帰し、その10分後にはカンプ・ノウの観客の前で重要な得点を決めて見せた。2009年2月5日、コパ・デル・レイのマヨルカ戦に出場し、公式戦を通じて250試合出場を達成した。ホームでのマラガ戦で再び負傷したが、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、バイエルン・ミュンヘン戦1stレグで復帰し、4-0で快勝した。2008-09シーズンのプレーは高く評価され、カンプ・ノウのみならずアウェーゲームでスタンディング・オベーションを受けることもあった。2009年5月6日、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝、チェルシー戦2ndレグでは、後半ロスタイム3分過ぎにメッシからパスを受け、ペナルティエリア外からアウェーゴール差での勝ち抜けを決める重要な得点を叩き込んだ。FCバルセロナの枠内シュートはこの1本だけであった。決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではエトオの先制点をアシストして優勝に貢献したが、試合前に腿を痛めていたにも関わらず無理を押して決勝に出場したことで怪我を悪化させた。この試合後には、ウェイン・ルーニーが「世界のベストプレーヤーはイニエスタ」と表現した。2008-09シーズンはドン・バロン紙の年間最優秀選手に選ばれた。アンドレス・イニエスタ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    2010年11月29日、カンプ・ノウで行われたFCバルセロナとのエル・クラシコでは、リオネル・メッシに対して激しいタックルを行い、その後抗議に来たカルレス・プジョルを突き飛ばして主審からレッドカードを受けた。レアル・マドリードに移籍して以来5度目の退場処分であり、175試合にしてイエロの持つ退場数のクラブ記録と並んでしまった。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ブスケツ・ブルゴス

    セルヒオ・ブスケツ・ブルゴスから見たカルレス・プジョルカルレス・プジョル

    それまで5番を着用していたカルレス・プジョルの引退に伴い、2014-15シーズンから背番号を16番から5番に変更。セルヒオ・ブスケツ・ブルゴス フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示