63件中 21 - 30件表示
  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たビジャレアルCF

    2010年9月、バルセロナで行われたアレハンドロ・サンス(Alejandro Sanz)のコンサートでスペイン人モデルのマレーナ・コスタ(Malena Costa)と出会い、交際を始めた。10月16日にカンプ・ノウで行われたビジャレアルCF戦(2-1)で得点した際には両手でハートマークを作るゴールパフォーマンスを行い、「ゴールは恋人に捧げるよ」と試合後の会見で話した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たサッカードイツ代表

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA欧州選手権2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦(0-3)で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たFIFAクラブワールドカップ

    2008年9月16日、UEFAチャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦で公式戦通算400試合出場を達成した。2008-09シーズンは負傷に悩まされたが、28試合に出場してリーグ優勝に貢献し、2009年5月2日のエル・クラシコ(6-2)でシーズン唯一の得点を挙げた。同シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では右サイドバックのダニエウ・アウヴェスが累積警告により出場できず、プジョルが右サイドバックとして出場した。2009年にはUEFAスーパーカップ、スーペルコパ・デ・エスパーニャ、FIFAクラブワールドカップなどにも勝利し、6冠を達成した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たレアル・バリャドリード

    1999年、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに招集され、10月2日のバリャドリード戦(アウェー、2-0)でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。2000年10月、本拠地カンプ・ノウで行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは、FCバルセロナからライバルのレアル・マドリードへ移籍したルイス・フィーゴとマッチアップし、フィーゴの突破を許さなかった。2002年には欧州サッカー連盟(UEFA)によってUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(右サイドバック)に選ばれた。2003年夏にシーズンオフ、FCバルセロナは財政危機に陥っており、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドがプジョル獲得に興味を示したが、移籍は実現せず、この2年後には契約を5年延長した。2003年夏にフランク・デ・ブールが退団し、本格的にセンターバックに転向した。2003-04シーズン終了後、ルイス・エンリケの現役引退に伴ってキャプテンに就任した。2004-05シーズンと2005-06シーズンには2シーズン連続でリーグ優勝を果たし、2005-06シーズンには14シーズンぶり2度目のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。2005年と2006年には2年連続でUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれ、2006年にはUEFAクラブ最優秀ディフェンダーに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たFIFAワールドカップ

    スペイン代表として、2000年にシドニーオリンピック、2002年と2006年と2010年にFIFAワールドカップ、2004年と2008年にUEFA欧州選手権に出場した。UEFA欧州選手権2008ではスペイン代表の64年ぶりの優勝に貢献し、2010 FIFAワールドカップではスペイン代表の初優勝に貢献した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たUEFA欧州選手権

    スペイン代表として、2000年にシドニーオリンピック、2002年と2006年と2010年にFIFAワールドカップ、2004年と2008年にUEFA欧州選手権に出場した。UEFA欧州選手権2008ではスペイン代表の64年ぶりの優勝に貢献し、2010 FIFAワールドカップではスペイン代表の初優勝に貢献した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たデポルティーボ・ラ・コルーニャ

    2006年11月3日、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦を戦っている最中に、父親が農作業中の事故によって死去した。代わってキャプテンを務めてゴールを挙げたロナウジーニョはキャプテンマークにキスし、プジョルにゴールを捧げた 。また、ライバルのエスパニョールの選手達は、リーグ戦でプジョル一家への励ましのメッセージが入ったTシャツを着て入場し、ライバル関係を超えてプジョルの心中を労った。2008年には2年ぶりにUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たサッカーパラグアイ代表

    2010 FIFAワールドカップではジェラール・ピケとセンターバックのコンビを組んで全ての試合に先発出場し、準々決勝のパラグアイ戦で84分に途中交代した以外は試合終了までプレーした。準決勝のドイツ戦(1-0)では89分にシャビが蹴ったコーナーキックをヘディングで合わせ、決勝進出を確信する決勝点を決めた。代表での1得点目と2得点目は大差が付いた段階での得点であり、初めての勝利に直結する得点であった。決勝ではオランダを1-0で下し、初優勝を果たした。7試合で2点しか許さず、GKイケル・カシージャスも含めた守備陣は抜群の安定感を誇った。2010年8月1日、少なくともあと2年間はスペイン代表でのプレーを続けることを発表した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たレアル・マドリード

    1999年、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに招集され、10月2日のバリャドリード戦(アウェー、2-0)でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。2000年10月、本拠地カンプ・ノウで行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは、FCバルセロナからライバルのレアル・マドリードへ移籍したルイス・フィーゴとマッチアップし、フィーゴの突破を許さなかった。2002年には欧州サッカー連盟(UEFA)によってUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(右サイドバック)に選ばれた。2003年夏にシーズンオフ、FCバルセロナは財政危機に陥っており、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドがプジョル獲得に興味を示したが、移籍は実現せず、この2年後には契約を5年延長した。2003年夏にフランク・デ・ブールが退団し、本格的にセンターバックに転向した。2003-04シーズン終了後、ルイス・エンリケの現役引退に伴ってキャプテンに就任した。2004-05シーズンと2005-06シーズンには2シーズン連続でリーグ優勝を果たし、2005-06シーズンには14シーズンぶり2度目のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。2005年と2006年には2年連続でUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれ、2006年にはUEFAクラブ最優秀ディフェンダーに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見た2010 FIFAワールドカップ

    スペイン代表として、2000年にシドニーオリンピック、2002年と2006年と2010年にFIFAワールドカップ、2004年と2008年にUEFA欧州選手権に出場した。UEFA欧州選手権2008ではスペイン代表の64年ぶりの優勝に貢献し、2010 FIFAワールドカップではスペイン代表の初優勝に貢献した。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「カルレス・プジョル」のニューストピックワード