63件中 41 - 50件表示
  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見た国際音声記号

    カルラス・プジョル・サフルカーダ(Carles Puyol Saforcada IPA:pu?jol i s?fu??kað?, 1978年4月13日 - )は、スペインカタルーニャ州ラ・ポブラ・デ・セグール出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。スペイン代表である。ポジションはDF(センターバック、右サイドバック)。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たサッカーエストニア代表

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA欧州選手権2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦(0-3)で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たラ・マシア

    カタルーニャ州リェイダ県のラ・ポブラ・デ・セグールに生まれ、地元のクラブでサッカーを始めた。最初はゴールキーパーだったが、肩の怪我を機にフォワードに転向した。プジョルは少年時代を「両親はサッカー選手としての将来に懐疑的で、勉強を頑張るように言われた」と語っている。1995年、17歳の時にFCバルセロナの下部組織であるラ・マシアに入寮し、守備的ミッドフィールダーに転向した。1996年頃にはセグンダ・ディビシオン(2部)の数クラブからレンタル移籍のオファーがあったが、FCバルセロナを離れたくなかったために拒否した。サイドハーフとしてプレーした時期もあったが、1997年のFCバルセロナB昇格後は右サイドバックとしてプレーした。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たピラティス・メソッド

    ヨガとピラティス・メソッドを取り入れており、彼の友人によるとチベット仏教とその文化に興味を持っているようである。2007年にはダライ・ラマに謁見している。音楽ではナパーム・デス(Napalm Death)が好みである。Crackoviaというテレビ番組で、ケサ(Queca)と名付けたヤギを飼っていることを明かした。このヤギは、プジョル自身がカーリーヘアーであるためプレゼントされたものである。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たコパ・デル・レイ

    コパ・デル・レイ (2) : 2008-09, 2011-12カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たFIFAコンフェデレーションズカップ2009

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA欧州選手権2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦(0-3)で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たFCバルセロナB

    カタルーニャ州リェイダ県のラ・ポブラ・デ・セグールに生まれ、地元のクラブでサッカーを始めた。最初はゴールキーパーだったが、肩の怪我を機にフォワードに転向した。プジョルは少年時代を「両親はサッカー選手としての将来に懐疑的で、勉強を頑張るように言われた」と語っている。1995年、17歳の時にFCバルセロナの下部組織であるラ・マシアに入寮し、守備的ミッドフィールダーに転向した。1996年頃にはセグンダ・ディビシオン(2部)の数クラブからレンタル移籍のオファーがあったが、FCバルセロナを離れたくなかったために拒否した。サイドハーフとしてプレーした時期もあったが、1997年のFCバルセロナB昇格後は右サイドバックとしてプレーした。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たダライ・ラマ

    ヨガとピラティス・メソッドを取り入れており、彼の友人によるとチベット仏教とその文化に興味を持っているようである。2007年にはダライ・ラマに謁見している。音楽ではナパーム・デス(Napalm Death)が好みである。Crackoviaというテレビ番組で、ケサ(Queca)と名付けたヤギを飼っていることを明かした。このヤギは、プジョル自身がカーリーヘアーであるためプレゼントされたものである。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見たエル・クラシコ

    1999年、ルイス・ファン・ハール監督によってトップチームに招集され、10月2日のバリャドリード戦(アウェー、2-0)でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。2000年10月、本拠地カンプ・ノウで行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは、FCバルセロナからライバルのレアル・マドリードへ移籍したルイス・フィーゴとマッチアップし、フィーゴの突破を許さなかった。2002年には欧州サッカー連盟(UEFA)によってUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(右サイドバック)に選ばれた。2003年夏にシーズンオフ、FCバルセロナは財政危機に陥っており、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドがプジョル獲得に興味を示したが、移籍は実現せず、この2年後には契約を5年延長した。2003年夏にフランク・デ・ブールが退団し、本格的にセンターバックに転向した。2003-04シーズン終了後、ルイス・エンリケの現役引退に伴ってキャプテンに就任した。2004-05シーズンと2005-06シーズンには2シーズン連続でリーグ優勝を果たし、2005-06シーズンには14シーズンぶり2度目のUEFAチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げた。2005年と2006年には2年連続でUEFAチーム・オブ・ザ・イヤー(センターバック)に選ばれ、2006年にはUEFAクラブ最優秀ディフェンダーに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

  • カルレス・プジョル

    カルレス・プジョルから見た2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

    2007年6月20日、南アフリカで行われた親善試合で左膝靭帯を断裂し、翌日には手術を受けたが、全治3ヶ月と発表された。UEFA欧州選手権2008では守備陣の要としてチームを支え、5試合で2点しか許さなかった。決勝でドイツに勝利して優勝し、センターバックのコンビを組んだカルロス・マルチェナと共に大会ベストイレブンに選ばれた。2008年10月11日、2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のエストニア戦(0-3)で代表2得点目を挙げた。2009年のコンフェデレーションズカップでは5試合中3試合に先発出場し、キャプテンのイケル・カシージャスが欠場したグループリーグ最終戦では代わりにキャプテンを務めた。スペイン代表は3位に終わったが、4人のチームメイトと共に大会ベストイレブンに選ばれた。カルレス・プジョル フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「カルレス・プジョル」のニューストピックワード