67件中 11 - 20件表示
  • 高野優 (翻訳家)

    高野優 (翻訳家)から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーン経営を語る フィリップ・リエス 日本経済新聞社 2003.9 のち文庫 高野優 (翻訳家) フレッシュアイペディアより)

  • 塙義一

    塙義一から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1990年代、2兆円という膨大な有利子負債を抱え、経営危機的状況に陥っていた日産自動車を立て直すため、提携先を模索する。第一候補としてダイムラークライスラーが上がったが、話はまとまらず、最終的にルノー傘下で救済を受けることを決断した。1999年、代表取締役会長兼社長兼CEOに退き、日産の最高執行責任者にはルノーからカルロス・ゴーンが送り込まれた。塙義一 フレッシュアイペディアより)

  • 関西ペイント

    関西ペイントから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    現在では日本で第一位の売り上げを誇る、業界屈指の総合塗料企業の座に君臨する。自動車用塗料分野では、日本を含めアジア圏で首位に位置しており、米・PPGインダストリーズと自動車用塗料分野で提携している。通称「カンペ」で、「ALESCO」(アレスコ)というブランドでも知られている。カルロス・ゴーン体制の日産自動車が打ち出した費用削減要求には応じられないとして絶縁宣言、取引停止となった(後に、取引は再開されている)。関西ペイント フレッシュアイペディアより)

  • 901運動

    901運動から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    しかし、1990年代前半のバブル景気の崩壊で販売台数は下降線をたどり、さらに地球環境対策でリサイクルの開発と推進に巨額の費用を投じなければならず、当時の日産自動車社長の辻義文は、生き残りの為にコスト削減への路線変更を強力に推し進めて901運動を終了せざるを得なくなった。しかし、技術力や商品力の低下の代償を避けることが出来ず販売台数はさらに下降線をたどり、日産自動車の経営危機にまで陥る事態となってしまう。2002年にルノーから派遣されてきた、カルロス・ゴーンがリバイバルプランを達成するまで日産は不遇の時代を迎える事となった。901運動 フレッシュアイペディアより)

  • 新報道プレミアA

    新報道プレミアAから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2007年10月21日、日産CEOカルロス・ゴーンが、この年東京モーターショー出展の新型GT-Rをプロモーションで「自家用」車として出演した。安藤はテストコースで試乗したが、そのVTR内で、安藤が学生時代に恋愛していた男性が、GT-Rを所有し時々送迎して貰っていた事を吐露した。新報道プレミアA フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアール・ミシュラン

    エドゥアール・ミシュランから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1989年、ミシュラン北米支社の指揮を執る。カルロス・ゴーン(後日ルノー・日産自動車のCEOとなる)の采配の下、北米の工場の統合の工業生産の指揮経験を積み、そしてまたトラック用タイヤの営業及び配送の責任者となった。エドゥアール・ミシュラン フレッシュアイペディアより)

  • 水野和敏

    水野和敏から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    この頃の日産社内にはGT-Rを開発する方針があったが、社内では既存のFR-Lプラットフォームの延長でGT-Rを開発する意見が大勢を占めていたため、水野は「それでは日産のフラッグシップたり得ない」と開発責任者の就任を固辞していた。しかし2003年12月に社長のカルロス・ゴーンから「ミスターGT-R」としてGT-Rの開発と販売における全権が委任され、GT-Rのチーフ・ビークル・エンジニア(CVE、車両開発主管)兼チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS、商品企画立案責任者)兼プログラム・ダイレクター(PD、収益・販売目標達成責任者)に任命された。GT-Rの開発と販売においてはゴーン就任以降に定着した従来の1車種3トップ制ではなく、例外的に水野に権限が集約する1トップ制が採られ、社長の直轄プロジェクトとしてゴーンと水野が直接繋がる異例の人事体制となった。そしてGT-Rには以前から水野が構想していたPMプラットフォームを採用することにした。GT-Rはイヤーモデル制を採っており、毎年新モデルが販売されるたびにニュルブルクリンクでのタイムアタックを行ってラップタイムを更新しており、テストドライバーには水野がNISMO在籍時代に知り合った鈴木利男を起用している。水野和敏 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀俊之

    志賀俊之から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1976年に日産自動車に入社し、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長を歴任。1999年に日産がルノーと提携しCOOとなったカルロス・ゴーンの下、アライアンス推進室長を兼任。現場とのパイプ役として、日産リバイバルプランの立案・実行に力を振るった。その後、常務執行役員として一般海外市場担当として成果をあげ、2005年にCOO・代表取締役に就任した。志賀俊之 フレッシュアイペディアより)

  • アルピーヌ

    アルピーヌから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2001年にルノーの会長にカルロス・ゴーンが就任して以降は、同氏が推し進める車種拡大にあわせてアルピーヌのブランド復活が期待された。2007年10月9日は2010年を目処にアルピーヌブランドを復活させることが公式に発表された。実際には2010年はパリ・モーターショーでDeZirという名前の電気自動車のコンセプトカーが発表されるに留まったが、そのコンセプトはルノーがスポーツカー専用モデルの復活を目論んでいることを予感させた。アルピーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車いわき工場

    日産自動車いわき工場から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    なお、CEOのカルロス・ゴーンは復旧を全面的にバックアップするため、5月17日にいわき工場を訪れ、従業員を激励した。また、ゴーンは災害対策として約30億円を投資すると発表。日産自動車いわき工場 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード