96件中 31 - 40件表示
  • ダットサン・on-DO

    ダットサン・on-DOから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2014年3月13日、日産自動車CEOのカルロス・ゴーンはインドなどの新興国で既に展開しているダットサンブランドをロシアにおいても展開すると発表。その翌月の4月4日にon-DOをプレス向けに発表。ダットサン・on-DO フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・デュ・ボワ

    フランソワ・デュ・ボワから見たカルロスゴーンカルロス・ゴーン

    『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』(講談社Biz出版)カルロスゴーン メインゲストフランソワ・デュ・ボワ フレッシュアイペディアより)

  • レバノン系ブラジル人

    レバノン系ブラジル人から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーン - 日産自動車社長レバノン系ブラジル人 フレッシュアイペディアより)

  • 5チャンネル

    5チャンネルから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    ルノーとのアライアンス関係締結後のカルロス・ゴーン新体制からは、ブルーステージとレッドステージの2チャンネル販売系統とし2005年5月に完全併売制へと移行している。5チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • ミハエル・クルム

    ミハエル・クルムから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2013年9月30日に、日産GT-RのNISMOモデルでニュルブルクリンク(北コース)を7分08秒679で周回し、量産市販車としての世界最速の記録を更新し、同年11月19日に行われたGT-Rの2014年モデルとNISMOモデルの発表会に出席し、日産CEOのカルロス・ゴーンと共にこの成果を発表した。ミハエル・クルム フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    これまでの参加者には、アンゲラ・メルケル 独首相、ドミトリー・メドベージェフ ロシア大統領、ヘンリー・キッシンジャー 米元国務長官、ネルソン・マンデラ 南アフリカ共和国元大統領、レイモン・バール 仏元首相、ウラジーミル・プーチンロシア大統領、ドリュー・ギルピン・ファウストハーバード大学学長、ラファエル・ライフ マサチューセッツ工科大学学長、クリストファー・L・アイスグルーバー プリンストン大学学長、ジョン・ヘネシースタンフォード大学学長、ピーター・サロベイイェール大学学長、スブラ・スレシュ カーネギーメロン大学学長、五神真 東京大学学長、ムハマド・ユヌス、チェロ奏者のジュリアン・ロイド・ウェバー、ヤセル・アラファト パレスチナ解放機構(PLO)議長、ジム・ヨン・キム世界銀行総裁、ジェームズ・ダイモン、カルロス・ゴーン、安倍晋三首相、黒田東彦日銀総裁、黒川清、山中伸弥、ジョセフ・スティグリッツ、ロバート・シラー、マット・デイモン、エマ・ワトソン、アンジェリーナ・ジョリー、渡辺謙、ジェフ・ベゾス、ジョン・オキーフ、デイヴィッド・ロックフェラー、フランシスコ・ローマ法王らが名を連ねる。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立亀岡高等学校

    京都府立亀岡高等学校から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    四方修 - 元大阪府警本部長(グリコ森永事件時)、元マイカル社長、「浪速のカルロス・ゴーン」といわれた時期があった京都府立亀岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 宗国旨英

    宗国旨英から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    北米におけるホンダブランド確立し、また早くから中国市場開拓を強力に推進する。また、2004年にカルロス・ゴーンと共に法政大学から名誉博士を授与され、2007年に知財功労賞(経済産業大臣表彰)を受賞する。全国二輪車安全協会会長、明治安田生命保険社外取締役、自動車会議所顧問などを歴任し、米国法人アメリカンホンダモーター社長の経験を生かし、現在は国際派の経済人として活躍している。宗国旨英 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の経済

    2017年の経済から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    日産自動車はカルロス・ゴーン会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)が4月1日付を以て社長兼CEOを退任、後任として西川広人共同CEOが社長に昇格するトップ人事を発表。なお、ゴーン社長は引き続き代表権のある会長を務め、ルノーや三菱自動車などグループ全体の経営の指揮に当たる。2017年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フェアレディZ Z33

    日産・フェアレディZ Z33から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    Z32型発売から数年後には次期型フェアレディZの開発が始まっていたが、バブル景気の崩壊により開発は一時中断された。しかし、カルロス・ゴーン就任後の2000年には開発が再開され、2000年のZ32型生産終了から2年間のブランクを経て、2002年に発売された。日産・フェアレディZ Z33 フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード