67件中 31 - 40件表示
  • RIKACO

    RIKACOから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    なお、リバティのCMが放映されていた当時の日産は、ルノーと資本提携のもとで経営再建中であり、提携先のルノーから派遣されたカルロス・ゴーンが日産の社長に就任以降からはCMに芸能人や著名人を起用しない事を特徴としていたが、例外的に、カルロス・ゴーンが社長就任以降にマイナーチェンジされたリバティの後期型以降も継続して村上里佳子が起用されていた。RIKACO フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立亀岡高等学校

    京都府立亀岡高等学校から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    四方修 - 元大阪府警本部長(グリコ森永事件時)、元マイカル社長、「浪速のカルロス・ゴーン」といわれた時期があった京都府立亀岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1999年 - フランスの自動車会社ルノー、日産自動車の株式を44.4%取得し、経営権を確保。ルノー副社長のカルロス・ゴーンが日産の最高執行責任者(COO)に就任し、大規模なリストラを含む経営再建(「日産リバイバルプラン」)に着手。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    政治部門:北川正恭、経済部門:カルロス・ゴーン、学術部門:竹中平蔵、文化部門:羽生善治、芸能部門:保坂尚輝、スポーツ部門:奥寺康彦ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本自動車産業労働組合総連合会

    全日本自動車産業労働組合総連合会から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1972年、さらなる産別機能の強化が図られる事になり、日産系の自動車労連も参加した自動車総連が発足した。初代の委員長には自動車労連会長の塩路一郎が就任し、日産争議以来20年近くにわたって彼の進めた同盟型労使協調路線の完成形となった。以後、自動車総連は製造部門での週休2日制実現や共済制度の発足などで自動車産業労働者の保護や生活改善を進め、日産自動車の経営危機などでも日産労連を通じてカルロス・ゴーン社長が進める「日産リバイバルプラン」に協力して社員の退職奨励(社員数の削減)に応じながらも指名解雇の実施は阻止した。一方、前身の自動車労協時代に行った全日本金属産業労働組合協議会(金属労協、IMF-JC)への加盟を継続し、さらに国際自由労働連合組合(ICFTU)への加盟を行い、さらには労働戦線の統一の主導役として全民労協や連合の発足にも参加した。また、自動車産業の発展に伴って自動車総連自体も組織を拡大し、労働運動が冬の時代と評される現在でも発足時の50万人を大きく増加させた強力な組合として存続している。全日本自動車産業労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 5チャンネル

    5チャンネルから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    ルノーとのアライアンス関係締結後のカルロス・ゴーン新体制からは、ブルーステージとレッドステージの2チャンネル販売系統とし2005年5月に完全併売制へと移行している。5チャンネル フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・デュ・ボワ

    フランソワ・デュ・ボワから見たカルロスゴーンカルロス・ゴーン

    『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』(講談社Biz出版)カルロスゴーン メインゲストフランソワ・デュ・ボワ フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    ルノーはメーカー系ワークスチームの中でも本社からの支援額が少なく、ときおり撤退の噂が流れた。2005年末にも2006年シーズンをもって撤退するという噂が流れたことがあったが、これは2006年のR26発表の際、ルノーのカルロス・ゴーン会長が否定し、2007年以降も参戦を続けることを明らかにした。しかし、同会長はその年その年の「成績、コスト、費用対効果、本業の業績、2008年以降のレギュレーション議論の行方」などを見たうえで判断を下すとの見解も明らかにしており、ルノーがフェラーリのごとく永続的にF1参戦を続けるとする見解は少数派となっていた。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉高速鉄道

    埼玉高速鉄道から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    埼玉県の上田清司知事が自ら招聘し、2004年7月1日に代表取締役社長に就任した杉野正は、「信濃のカルロス・ゴーン」とも呼ばれたほどコスト削減の手腕に評価が高く、その実力に期待が集まった。杉野はさっそく、契約関係の見直しなどによって3割のコスト削減を目指し、実現した場合にはそのうち1割分を社員に還元するなどの独特の案を発表した。埼玉高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ル・マン24時間レース

    ル・マン24時間レースから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    その後しばらく参戦を休止するが、1995年にスカイラインGT-RをベースにしたニスモGT-R-LMで復帰。1997年からは本格的GT-1マシンである日産・R390で参戦した。1998年には星野一義、鈴木亜久里、影山正彦のドライブするR390が総合3位に入賞し、純日本人ドライバーチームが初めて表彰台に上がった。この年は日産から4台がエントリーしたが、すべて10位以内で完走した。翌1999年にも日産・R391で参戦するがリタイヤ。翌2000年にもニスモがR391によるル・マン参戦を計画していたが、この頃日産のCEOに就任したカルロス・ゴーンの判断により撤退を余儀なくされている。ル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード