67件中 41 - 50件表示
  • 草間政一

    草間政一から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2007年4月、流山市長選挙に立候補するも落選。流山市のおかしなところを改善すべく立ち上がり、現職候補に立ち向かったが準備不足もあり至らなかった。その後、第21回参議院議員通常選挙への出馬も問いただされたが出馬しなかった。その経営手腕も期待され、かつて「プロレス界のカルロス・ゴーン」といわれた経営能力を期待する待望論もある。草間政一 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス

    カルロスから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーン - ブラジル人(ブラジル・フランス二重国籍)実業家、ルノー/日産CEO。カルロス フレッシュアイペディアより)

  • 成果主義

    成果主義から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1999年の経営危機の際、カルロス・ゴーン社長の下で必達目標(コミットメント)経営を導入しV字回復。2008年まで導入された。成果主義 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・フェアレディZ Z33

    日産・フェアレディZ Z33から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    Z32型発売から数年後には次期型フェアレディZの開発が始まっていたが、バブル景気の崩壊により開発は一時中断された。しかし、カルロス・ゴーン就任後の2000年には開発が再開され、2000年のZ32型生産終了から2年間のブランクを経て、2002年に発売された。日産・フェアレディZ Z33 フレッシュアイペディアより)

  • ルネサンス

    ルネサンスから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    日本では長らく文芸復興と訳されてきたが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。ルネッサンスとも表記され、通俗的に「復興」「再生」を指す言葉として用いられている場合、例えばコスメティック・ルネッサンス、あるいはカルロス・ゴーン著『ルネッサンス』などは、ルネッサンスと表記されることが多い。現在の歴史学、美術史等ではルネサンスという表記が一般的である。ルネサンス フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車硬式野球部

    日産自動車硬式野球部から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1999年に本社の社長に「コストカッター」ことカルロス・ゴーンが就任し、硬式野球部の存続が不安視されたが、ゴーンは都市対抗野球での社員の応援に感銘を受け、硬式野球部を存続させることを決心したとされる(後にゴーンは「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴だ」とも断言した)。また、横須賀工場に隣接する横須賀スタジアムは、横浜DeNAベイスターズの二軍組織、湘南シーレックスが本拠地としていることから、同チームとの親交が深く、2001年8月15日には、柳川事件以後初めてとなるプロアマ交流試合が行われた。また、毎年8月半ばにはシーレックスとの交流戦が行われていた。日産自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第70回都市対抗野球大会

    第70回都市対抗野球大会から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    この年日産自動車の社長に就任したカルロス・ゴーンが2回戦の日産自動車?東芝府中戦を視察に訪れ、スタンドの応援団と観客の盛り上がりに感銘を受け、試合終了後には応援団の陣取るスタンドに上がって日本語で挨拶、観客の喝采を浴びた。ゴーンはその直後に記者会見を開き、当時存廃問題が取りざたされていた野球部の存続を明言した。第70回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ステージア M35

    日産・ステージア M35から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    デザインはスカイラインと共通のチームで行われ、日本国内専売車ながら輸出専用の高級車ブランド「インフィニティ」のモデルに用いられる「ダブルアーチグリル」を意識したフロントグリルのデザインが取られている。また、ステージアはゴーン体制の下でデザインの最終決定がなされた最初のモデルでもある。なお、外装部品ではフロントドアおよびフロントウインドウ、ドアアウターハンドルをV35型スカイラインセダンと共有している。日産・ステージア M35 フレッシュアイペディアより)

  • 武蔵村山市

    武蔵村山市から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    日産自動車村山工場が地域経済に大きな役割を果していたが、カルロス・ゴーン社長による経営改革の一環として閉鎖された。また、この工場はスカイラインやグロリアなど数々の名車を誕生させたプリンス自動車工業の本社工場として親しまれていたことから工場跡地の一部が『プリンスの丘公園』として名前が残った。武蔵村山市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1990年代の平成不況、日産自動車のカルロス・ゴーンの資材調達見直しを契機に鉄鋼業界の再編が進み、新日本製鐵を軸に住友金属工業、神戸製鋼所が株式持合い関係に入る一方、川崎製鉄と日本鋼管が合併しJFEホールディングスが設立され、寡占が進んでいる。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示