96件中 51 - 60件表示
  • SmaSTATION!!

    SmaSTATION!!から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2006年2月18日は、カルロス・ゴーンを迎え、日産自動車とカルロス・ゴーンの人生、経営術を特集。SmaSTATION!! フレッシュアイペディアより)

  • 901運動

    901運動から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    しかし、1990年代前半のバブル景気の崩壊で販売台数は下降線をたどり、さらに地球環境対策でリサイクルの開発と推進に巨額の費用を投じなければならず、当時の日産自動車社長の辻義文は、生き残りの為にコスト削減への路線変更を強力に推し進めて901運動を終了せざるを得なくなった。しかし、技術力や商品力の低下の代償を避けることが出来ず販売台数はさらに下降線をたどり、日産自動車の経営危機にまで陥る事態となってしまう。2002年にルノーから派遣されてきた、カルロス・ゴーンがリバイバルプランを達成するまで日産は不遇の時代を迎える事となった。901運動 フレッシュアイペディアより)

  • 清華大学

    清華大学から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    大学評価の世界的指標であるタイムズ・ハイアー・エデュケーションによる「世界大学ランキング 2017-2018」では、北京大学に次ぐ30位である。USニューズ&ワールド・レポートの大学ランキングでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)を抑えて工学系の世界1位となった。MITとは1996年から提携しており、経済管理学院はMITのスローン経営大学院と共同学位課程を創設している。経済管理学院の顧問委員会は経済管理学院の初代院長だった朱鎔基元国務院総理が名誉主席を務め、王岐山や馬雲(アリババCEO)ら国内の政財界の有力者だけでなく、ヘンリー・ポールソン(元ゴールドマンサックスCEO、元アメリカ合衆国財務長官)、ロイド・ブランクフェイン(ゴールドマンサックスCEO)、マイケル・コーバット(シティグループCEO)、ジェームズ・ダイモン(JPモルガン・チェースCEO)、ティム・クック(アップルCEO)、サティア・ナデラ(マイクロソフトCEO)、ジニ・ロメティー(IBMCEO)、マイケル・デル(デルCEO)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブックCEO)、ダグ・マクミロン(ウォルマートCEO)、メアリー・バーラ(ゼネラルモーターズCEO)、ハラルド・クルーガー(BMWCEO)、イーロン・マスク(テスラモーターズCEO)、カルロス・ゴーン(日産自動車会長)、孫正義(ソフトバンクグループ会長)、郭台銘(鴻海精密工業会長)、ホー・チン(テマセクCEO)、李沢楷(PCCWCEO)、ラタン・タタ(タタグループ会長)、出井伸之(元ソニーCEO)、スティーブ・シュワルツマン(ブラックストーン・グループCEO、元大統領戦略政策フォーラム議長)などといった海外の大物経営者も名誉委員及び委員に名を連ねており、習近平国家主席と会見も行うなど中国政府のブレーントラストの役割を担ってるとも評されている。清華大学 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本自動車産業労働組合総連合会

    全日本自動車産業労働組合総連合会から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1972年、さらなる産別機能の強化が図られる事になり、日産系の自動車労連も参加した自動車総連が発足した。初代の委員長には自動車労連会長の塩路一郎が就任し、日産争議以来20年近くにわたって彼の進めた同盟型労使協調路線の完成形となった。以後、自動車総連は製造部門での週休2日制実現や共済制度の発足などで自動車産業労働者の保護や生活改善を進め、日産自動車の経営危機などでも日産労連を通じてカルロス・ゴーン社長が進める「日産リバイバルプラン」に協力して社員の退職奨励(社員数の削減)に応じながらも指名解雇の実施は阻止した。一方、前身の自動車労協時代に行った全日本金属産業労働組合協議会(金属労協、IMF-JC)への加盟を継続し、さらに国際自由労働連合組合(ICFTU)への加盟を行い、さらには労働戦線の統一の主導役として全民労協や連合の発足にも参加した。また、自動車産業の発展に伴って自動車総連自体も組織を拡大し、労働運動が冬の時代と評される現在でも発足時の50万人を大きく増加させた強力な組合として存続している。全日本自動車産業労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 杉野正

    杉野正から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    営業職に長く就いており、埼玉高速鉄道時代に自ら記念乗車カードの発売を行うなどの営業活動を行った。利益追求的かつトップセールス型の公共交通機関経営の様子は一部マスメディアで好意的に取り上げられる。自身を「プロのサラリーマン」と自称する。また、日経スペシャル ガイアの夜明け(第137回、2004年11月30日放送)「しがらみを断ち切れ 〜赤字第3セクター再建への道〜」で埼玉高速鉄道が特集された時、杉野自身が「鉄道界の(カルロス・)ゴーン」として紹介された。杉野正 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀俊之

    志賀俊之から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1976年に日産自動車に入社。最初の配属先は自動車関連ではなく、マリーン事業部だった。その後、アジア大洋州営業部ジャカルタ事務所長・企画室長を歴任。1999年に日産がルノーと提携しCOOとなったカルロス・ゴーンの下、アライアンス推進室長を兼任。現場とのパイプ役として、日産リバイバルプランの立案・実行に力を振るった。その後、2000年から常務執行役員として一般海外市場担当として成果をあげ、2005年4月に最高執行責任者(COO)、同年6月にCOO・代表取締役に就任した。2013年11月に代表取締役副会長に就任した。ちなみに、日産社内では役職で社員を呼ぶ風習がないため、社内では「志賀さん」と呼ばれている。志賀俊之 フレッシュアイペディアより)

  • ルノーサムスン自動車

    ルノーサムスン自動車から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    しかし、2代目社長であるジャン・マリー・ウェルティジェがCEO就任後はカルロス・ゴーンの指示の下、ルノー・日産グループはルノーサムスンで製造した車種を日産およびルノーブランドにリバッジして輸出を拡大する方針を採ることにし、まず2006年からSM3が日産ブランドの「アルメーラクラシック」として輸出開始された。ルノーサムスン自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ナイト

    ナイトから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーン(ルノー会長兼最高経営責任者、日産自動車最高経営責任者)ナイト フレッシュアイペディアより)

  • 西川廣人

    西川廣人から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    東京大学経済学部を卒業後、1977年に日産に入社。1999年以降、米国や欧州地域のマネジメント・コミッティ議長や、購買部門を統括する副社長、CCO(チーフ・コンペティティブ・オフィサー)、副会長を歴任。2016年11月より、カルロス・ゴーン代表取締役会長兼社長兼CEOが三菱自動車工業の会長を兼務することに伴い、日産自動車の共同CEO兼副会長に就任。西川廣人 フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1999年 - フランスの自動車会社ルノー、日産自動車の株式を44.4%取得し、経営権を確保。ルノー副社長のカルロス・ゴーンが日産の最高執行責任者(COO)に就任し、大規模なリストラを含む経営再建(「日産リバイバルプラン」)に着手。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード