1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • ルノーサムスン自動車

    ルノーサムスン自動車から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    従来、ルノーサムスンブランドの車種は主に国内向けに出荷されており、海外への輸出はチリなどごく一部の国・地域に留まっていた。しかし、ウェルティジェがCEO就任後はカルロス・ゴーンの指示の下、ルノー・日産グループはルノーサムスンで製造した車種を日産およびルノーブランドにリバッジして輸出を拡大する方針を採ることにし、まず2006年からSM3が日産ブランドの「アルメーラクラシック」として輸出開始された。続いて、ルノー/日産と共同開発したSUV・ルノー・コレオスの製造が全量ルノーサムスンで行われることになり(国内向けはルノーサムスン・QM5)、2008年から2010年までは2代目SM5がルノー・サフランとしても輸出された。また、2010年からはSM3 CEがルノー・スカラとして、3代目SM5がルノー・ラティテュード/3代目サフランとして輸出が開始されている。ルノーサムスン自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 留学

    留学から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    フランスでは統一入学資格試験をパスしてバカロレア資格さえとれば、公立校であれば基本的にどこの大学でも入学することができ、前述のように学費がほとんど無料である。ただし、フランスではグランゼコールと呼ばれる、大学とは別の教育機関の中の「名門校」のほうがその価値が高いと評価されることが多く、企業の経営陣や政府上層部のほとんどがグランゼコール出身者で占められている。グランゼコールの学生は国家公務員扱いとなり、給与が支給される。ただし、非常に狭き門となるグランゼコール入学選考のための準備をする、グランゼコール進学準備校と呼ばれる私立学校の学費は一般にとても高額である。グランゼコールは、もともとは実学を目的として作られた経緯から、実際に実学中心のところも数多いが、いわゆるグランゼコールの中でも名門と呼ばれる学校の場合、その学校名や学科名のイメージが実情にそぐわないこともある。たとえば日本でも名前が知られるようになったカルロス・ゴーンは、グランゼコールの名門校のひとつであるパリ国立高等鉱業学校を卒業しているが、この学校は名称からするといかにも鉱山技師を養成する学校かのようにも思えるが、実際は前述のように産業界・官界を目指す人のためのエリート養成所と呼ぶべきところである(ちなみに、カルロス・ゴーン自身は、そこでの教育体制はあまり評価していないという主旨のコメントを残している)。留学 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2010年6月19日、さいたま市で行った街頭演説で、「(日産自動車の)ゴーン社長は、首切りがうまかったから高い給料をもらっている」「首切りが上手い経営者は、優れた経営者だと言って、沢山の給料をもらっている」「全ての会社が日産と同じように、首切りを沢山やった人間ほどが、社長として偉いと言うことになったら、日本中失業者があふれてしまう」と述べた。これに対し経済学者池田信夫は「日産の業績が回復した最大の原因は「大量解雇」ではなく、円安で輸出が大幅に増えたから」「日産がリストラしていなかったら倒産して、もっと多くの人が職を失っただろう。」と批判した。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • インフィニティ (日産自動車)

    インフィニティ (日産自動車)から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    ルノーとのアライアンス発足後のカルロス・ゴーン体制下においては、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしての販売網整備と車両のデザインの改良等が行われた。その後、G35(日本名:スカイライン)のヒットなどもあった。インフィニティ (日産自動車) フレッシュアイペディアより)

  • JFEホールディングス

    JFEホールディングスから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    JFEの誕生には、日産自動車のカルロス・ゴーン社長のゴーン・ショックが遠因となったという見方をされている。日産自動車は調達コスト見直しのために、自動車生産にとって不可欠の材料である鉄鋼材料についても仕入先の見直しを行うことになった際に日本鋼管(NKK)が外れてしまったことが、川崎製鉄との合併に踏み切ったというものである。NKKは日産自動車とおなじ芙蓉グループであった点からみても、日産の当時の日本の商習慣から見てドラスティックな判断が、産業界を代表する業界のひとつである大企業の合併につながったといえる。JFEホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 日産・モコ

    日産・モコから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    日産はカルロス・ゴーン体制になってから軽自動車をラインアップに加えることを明言しており、前年の2001年4月2日にスズキとの共同プレスリリースで、軽自動車のOEM供給に関して合意したと発表していた。。その車がこのモコである。モコの販売は日産リバイバルプランの1つで、軽自動車購入層の取り込みを狙った物である。日産・モコ フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    しかし、直接投資においては、1999年のルノーによる日産自動車の買収に伴い、日産の最高経営責任者となったカルロス・ゴーンは一般の日本人にも知名度があり、これにプジョーを加えフランス車も、ドイツ車などと並んで日本では人気のある海外車種の一つである。他方、日本側もトヨタ自動車がほぼ同時期に北部ノール県ヴァランシエンヌに工場を建設しているほか、NTNなど自動車部品メーカーの工場進出も行われており、近年では1990年代後半にかけて自動車業界を中心に相互に大きな投資が行われている。フランス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示