96件中 71 - 80件表示
  • 井上達彦

    井上達彦から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    『日産V-upの挑戦 カルロス・ゴーンが生んだ課題解決プログラム』監修 日産自動車株式会社V-up推進・改善支援チーム著 中央経済社 2013井上達彦 フレッシュアイペディアより)

  • 成果主義

    成果主義から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1999年の経営危機の際、カルロス・ゴーン社長の下で必達目標(コミットメント)経営を導入しV字回復。2008年まで導入された。成果主義 フレッシュアイペディアより)

  • ルノーF1

    ルノーF1から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    ルノーはメーカー系ワークスチームの中でも本社からの支援額が少なく、ときおり撤退の噂が流れた。2005年末にも2006年シーズンをもって撤退するという噂が流れたことがあったが、これは2006年のR26発表の際、ルノーのカルロス・ゴーン会長が否定し、2007年以降も参戦を続けることを明らかにした。しかし、同会長はその年その年の「成績、コスト、費用対効果、本業の業績、2008年以降のレギュレーション議論の行方」などを見たうえで判断を下すとの見解も明らかにしており、ルノーがフェラーリのごとく永続的にF1参戦を続けるとする見解は少数派となっていた。ルノーF1 フレッシュアイペディアより)

  • ル・マン24時間レース

    ル・マン24時間レースから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    その後しばらく参戦を休止するが、1995年にスカイラインGT-RをベースにしたニスモGT-R-LMで復帰。1997年からは本格的GT-1マシンである日産・R390で参戦した。1998年には星野一義、鈴木亜久里、影山正彦のドライブするR390が総合3位に入賞し、純日本人ドライバーチームが初めて表彰台に上がった。この年は日産から4台がエントリーしたが、すべて10位以内で完走した。翌1999年にも日産・R391で参戦するがリタイヤ。翌2000年にもニスモがR391によるル・マン参戦を計画していたが、この頃日産のCEOに就任したカルロス・ゴーンの判断により撤退を余儀なくされている。ル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車

    日産自動車から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    筆頭株主のルノーから派遣されたカルロス・ゴーンが代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)を2017年3月まで務めた。同年4月からは会長に専念する。なお、ゴーンは2005年4月よりルノーの取締役会長兼CEO (PDG) も兼任している。現在、日産自動車の経営はゴーン会長の指揮の下で最高執行責任者(COO)を置かず、複数の執行役員らがCOOの役割を分担している。日産自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 日産リバイバルプラン

    日産リバイバルプランから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    日産リバイバルプラン(にっさんリバイバルプラン、)とは、1999年(平成11年)10月18日に日産自動車のカルロス・ゴーンCOO(当時)が発表した同社の再建計画。日産リバイバルプラン フレッシュアイペディアより)

  • 三菱自動車工業

    三菱自動車工業から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    12月14日、臨時株主総会で日産自動車会長兼社長カルロス・ゴーンの会長就任が正式に承認された。(CEOは益子修社長が継続。)三菱自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・NV200バネット

    日産・NV200バネットから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    インドにて日産の合弁パートナーであるアショック・レイランドがOEM車種「スタイル」を発表し、日産のカルロス・ゴーンCEOも同席した。日産・NV200バネット フレッシュアイペディアより)

  • インフィニティ (日産自動車)

    インフィニティ (日産自動車)から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1989年11月8日にアメリカ市場向けの高級車ブランドとして設立された。設立当初は流通システムの不備から販売は低迷したが、ルノーとのアライアンス発足後のカルロス・ゴーン体制下においては、高価格・高付加価値型車両中心のブランドとしての販売網整備と車両のデザインの改良等が行われた。その後、G35(日本名:スカイライン)のヒットなどもあった。インフィニティ (日産自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・タリスマン

    ルノー・タリスマンから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2015年6月29日に新型Dセグメントセダンの車名が「タリスマン」と発表され、ティーザーキャンペーンが開始された。7月6日、パリ近郊のシャンティイにて、ルノー・グループCEOカルロス・ゴーンとコーポレートデザイン担当副社長ローレンス・ヴァン・デン・アッカーが出席して発表会が行われた。9月17日から開催されるフランクフルトモーターショーにて、エステートと併せて一般公開され、セダンは2015年12月から、エステートは翌2016年4月から販売が開始された。エステートは国によって名称が変化する(フランス・オランダはEstate(エステート)だが、イタリアはSporter(スポーター)、ドイツ・スウェーデン・アイスランドはGrandtour(グランドツアー)、スペインはSPORT TOURER(スポーツツアラー)、など)。生産はフランスのドゥエー工場にて行われる。尚、セダン市場の世界的な減少により、エスパス同様、右ハンドルの生産計画は今のところないため、イギリスやオーストラリア、日本といった右ハンドル圏への導入の可能性はほぼ皆無である。そのため、オーストラリア市場等の右ハンドル圏ではメガーヌI?セダンをラティテュード/フルエンスの統合後継車種として充てている。ルノー・タリスマン フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード

  • 自ら命を絶つことから一番遠いところにいるような方だと…

  • 自ら命を絶つことには一番遠い気がして…信じられない

  • 元TOKIO