96件中 81 - 90件表示
  • 1954年

    1954年から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    3月9日 - カルロス・ゴーン、日産自動車取締役兼社長兼CEO1954年 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・マーチ

    日産・マーチから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    くりくりしたヘッドランプとカエルの顔をイメージさせる特徴的なエクステリアデザインは、NTC内デザイン本部第一プロダクトデザイン部(担当:猿渡義市)によるもの。欧州向け日産車に共通するウイング型のグリルをはじめ、丸くラウンドしたルーフや、わずかに残されたリアノッチ、ショルダー部分のキャッツウォーク形状には2代目の面影を残す。競合車種と比較した場合、全長が短いことや、後ろ下がりのルーフ形状のため、後席居住性やラゲッジスペースは若干劣ることが多い。また、日本仕様車では多彩に用意された個性的な内外装色も特色であり、自動車の優れたカラーデザインを顕彰する「オートカラーアウォード」を3度(内グランプリ2度)受賞している。ちなみに、初期型に設定されていた内装色の「シナモン(オレンジ)」は開発段階で微妙だという意見が出たものの、カルロス・ゴーン最高経営責任者の「いいじゃないか!」という一言で市販が決定した。日産・マーチ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・GT-R

    日産・GT-Rから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2000年にGT-Rの先行開発が開始され、その成果として2001年の第35回東京モーターショーに出展された「GT-Rコンセプト」が作られた。そして、その発表時には当時日産のCOOで後のCEOであるカルロス・ゴーンによりGT-Rの開発が発表された。日産・GT-R フレッシュアイペディアより)

  • 留学

    留学から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    フランスでは統一入学資格試験をパスしてバカロレアさえとれば、公立校であれば基本的にどこの大学でも入学することができ、前述のように学費がほとんど無料である。ただし、フランスではグランゼコールと呼ばれる、大学とは別の教育機関の中の「名門校」のほうがその価値が高いと評価されることが多く、企業の経営陣や政府上層部のほとんどがグランゼコール出身者で占められている。グランゼコールの学生は国家公務員扱いとなり、給与が支給される。ただし、非常に狭き門となるグランゼコール入学選考のための準備をする、グランゼコール進学準備校と呼ばれる私立学校の学費は一般にとても高額である。グランゼコールは、もともとは実学を目的として作られた経緯から、実際に実学中心のところも数多いが、いわゆるグランゼコールの中でも名門と呼ばれる学校の場合、その学校名や学科名のイメージが実情にそぐわないこともある。たとえば日本でも名前が知られるようになったカルロス・ゴーンは、グランゼコールの名門校のひとつであるパリ国立高等鉱業学校を卒業しているが、この学校は名称からするといかにも鉱山技師を養成する学校かのようにも思えるが、実際は前述のように産業界・官界を目指す人のためのエリート養成所と呼ぶべきところである(ちなみに、カルロス・ゴーン自身は、そこでの教育体制はあまり評価していないという主旨のコメントを残している)。留学 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉高速鉄道

    埼玉高速鉄道から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    埼玉県の上田清司知事が自ら招聘し、2004年7月1日に代表取締役社長に就任した杉野正は、「信濃のカルロス・ゴーン」とも呼ばれたほどコスト削減の手腕に評価が高く、その実力に期待が集まった。杉野はさっそく、契約関係の見直しなどによって3割のコスト削減を目指し、実現した場合にはそのうち1割分を社員に還元するなどの独特の案を発表した。埼玉高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    1990年代の平成不況、日産自動車のカルロス・ゴーンの資材調達見直しを契機に鉄鋼業界の再編が進み、新日本製鐵を軸に住友金属工業(2社で合併し新日鐵住金)、神戸製鋼所が株式持合い関係に入る一方、川崎製鉄と日本鋼管が合併しJFEホールディングスが設立され、寡占が進んでいる。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー

    ルノーから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    当時の取締役会長兼最高経営責任者 (PDG)であるルイ・シュヴァイツァーによって日産自動車の最高経営責任者(CEO)として送り込まれた副社長のカルロス・ゴーンとそのチームが、同年10月に発表された「日産リバイバルプラン」計画のもと、東京都武蔵村山市にある村山工場や京都府宇治市の日産車体京都工場(当時。現・オートワークス京都)などの余剰な生産拠点の閉鎖や余剰資産の売却、余剰人員の削減。子会社の統廃合や取引先の統合によるコスト削減や車種ラインナップの見直しなどのリストラを行うと同時に、新車種の投入や国内外の販売網の再構築、インテリア及びエクステリアデザインの刷新やブランドイメージの一新などの大幅なテコ入れを敢行した。ルノー フレッシュアイペディアより)

  • アルピーヌ

    アルピーヌから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2001年にルノーの会長にカルロス・ゴーンが就任して以降は、同氏が推し進める車種拡大にあわせてアルピーヌのブランド復活が期待された。2007年10月9日は2010年を目処にアルピーヌブランドを復活させることが公式に発表された。実際には2010年はパリ・モーターショーでDeZirという名前の電気自動車のコンセプトカーが発表されるに留まったが、そのコンセプトはルノーがスポーツカー専用モデルの復活を目論んでいることを予感させた。アルピーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・スカイライン

    日産・スカイラインから見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    純正品としては異例の、駄肉を極限まで削ぎ落とした鍛造6スポーク18インチホイールを装備。トランスミッションは独ゲトラグ社と共同開発した6速MT、ブレーキはイタリアの名門ブレンボ製とした。エンジンは第2世代最後となるRB26DETT型を搭載。自主規制枠一杯の最大出力280PSはそのまま(ちなみにエンジンの実測馬力は約330PS。チューニングによりタービンを容量一杯まで使い切る事で550PSも可能)ではあるが、R390GT1で培われた技術を活用し、最大トルク40.0kgmを達成する等、究極のドライビングプレジャーを体現する存在となった。その結果、当時COOとして日産に赴任していた現日産CEOであるカルロス・ゴーンをして、「日産で最も好きな車」と言わしめた。車内では、インパネ中央上部ににマルチファクションディスプレイモニターが搭載され、水温、ブースト圧などの各種車両情報を表示させることが出来る。Vスペックとノーマルでは多少表示項目が異なる。なお、インパネのセンター面がドライバー寄りに8°捻られており、2.5ターボの3連メーターはその面に合わせて取り付けられていたが、本モニターは視認性を高める狙いで更に捻りを4°強めて設置された為、機能優先とはいえやや見た目の統一感には欠けていた。日産・スカイライン フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見たカルロス・ゴーンカルロス・ゴーン

    2010年6月19日、さいたま市で行った街頭演説で、「(日産自動車の)ゴーン社長は、首切りがうまかったから高い給料をもらっている」「首切りが上手い経営者は、優れた経営者だと言って、沢山の給料をもらっている」「全ての会社が日産と同じように、首切りを沢山やった人間ほどが、社長として偉いと言うことになったら、日本中失業者があふれてしまう」と述べた。菅直人 フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード

  • 自ら命を絶つことから一番遠いところにいるような方だと…

  • 自ら命を絶つことには一番遠い気がして…信じられない

  • 元TOKIO