前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た日産自動車

    カルロス・ゴーン(、、、又は (ビシャラ)若しくは 、1954年3月9日 - )は、ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。ルノーの取締役会長兼CEO (PDG) で、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)も務める。親はレバノン人、生まれはブラジル、育ちはフランス。レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。法政大学名誉博士(2004年)。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たミシュラン

    1978年に、フランスの大手タイヤ製造会社のミシュラン社に入社。27歳でフランス国内の工場長に就任後、31歳でブラジル・ミシュラン社の社長を経て、35歳で北アメリカ・ミシュラン社の社長・経営最高責任者(CEO)に抜擢されるなど順調にキャリアを重ねていった。その後ユニロイヤル部門の再建を成功させた事などが評価され、1996年に、フランスの大手自動車製造会社であるルノー上級副社長を務めた。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た日産・GT-R

    経営陣のトップであるが自らハンドルを握って運転する事を好む。彼が立場を越えてルノーや日産自動車の車種に限定されず各社の枠を越え、自動車の運転に好意的な事例を示した過去の報道からも明らかである。この事は、ゴーン体制下の日産自動車が、2002年の排ガス規制で生産終了が決定していたスカイラインGT-Rの後継車種である日産・GT-Rや、フェアレディZを復活させた大きな要因である(両車ともゴーン自らゴーサインを出し、自ら発表している)。『日経スペシャル カンブリア宮殿』に出演した際に、「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?」と言っている。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た日産・スカイライン

    経営陣のトップであるが自らハンドルを握って運転する事を好む。彼が立場を越えてルノーや日産自動車の車種に限定されず各社の枠を越え、自動車の運転に好意的な事例を示した過去の報道からも明らかである。この事は、ゴーン体制下の日産自動車が、2002年の排ガス規制で生産終了が決定していたスカイラインGT-Rの後継車種である日産・GT-Rや、フェアレディZを復活させた大きな要因である(両車ともゴーン自らゴーサインを出し、自ら発表している)。『日経スペシャル カンブリア宮殿』に出演した際に、「ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?」と言っている。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たルノー

    カルロス・ゴーン(、、、又は (ビシャラ)若しくは 、1954年3月9日 - )は、ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。ルノーの取締役会長兼CEO (PDG) で、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)も務める。親はレバノン人、生まれはブラジル、育ちはフランス。レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。法政大学名誉博士(2004年)。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たベイルート

    ブラジル北部の中規模の都市であるポルト・ヴェーリョで生まれた。父はレバノン系ブラジル人、母はアルジェリア生まれのレバノン系フランス人である。6歳の時に父の母国のベイルートに引越し、ベイルートのイエズス会系の学校でフランス語で中等教育を受ける。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た労働組合

    当初は、両社の文化的土壌の違いやラインナップの重複、日産自動車の負債の大きさや労働組合の反発などを理由に、同業他社やアナリストをはじめとする多くの専門家がその行く先を危惧した。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た都市対抗野球

    また、就任1年目の1999年夏に第70回都市対抗野球を視察に訪れた際、スタンドの応援団と観客の盛り上がりに感銘を受け、その直後に記者会見を開いて当時存廃問題が取りざたされていた野球部の存続を明言し、「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴である」とまで公言した。しかしながら、2009年には金融危機による不況により、日産がゴーン体制初の営業赤字に転落し、その対策として、グローバル人員を2万人削減すると同時に、野球部を含む運動部の休止が発表された。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たタイヤ

    1978年に、フランスの大手タイヤ製造会社のミシュラン社に入社。27歳でフランス国内の工場長に就任後、31歳でブラジル・ミシュラン社の社長を経て、35歳で北アメリカ・ミシュラン社の社長・経営最高責任者(CEO)に抜擢されるなど順調にキャリアを重ねていった。その後ユニロイヤル部門の再建を成功させた事などが評価され、1996年に、フランスの大手自動車製造会社であるルノー上級副社長を務めた。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たサラリーマンNEO

    サラリーマンNEO(「教えて! Mr.ゴーン」で登場)カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード