53件中 41 - 50件表示
  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たベルギー

    ルノーでは、不採算事業所の閉鎖や調達先の集約などで経費の圧縮を進め、赤字だったルノーは数年で黒字に転換した。ルノーのベルギー工場閉鎖などは、両国間の外交問題へと発展した。これによって、ゴーンには「コストカッター」「コストキラー」の異名が付くことになる。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たグランゼコール

    高等教育は、フランスのエリート養成校の代表であるグランゼコールの一つ、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)を卒業(パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)にてCorps des Mines課程修了)。 カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たエコール・ポリテクニーク

    高等教育は、フランスのエリート養成校の代表であるグランゼコールの一つ、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)を卒業(パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)にてCorps des Mines課程修了)。 カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た武蔵村山市

    しかしその後、ルノーからの巨額な資金投入が行われた上で、ゴーンの指揮の下両社の間でプラットフォームやエンジン、トランスミッションなどの部品の共通化、購買の共同化などを通じて両社のコストダウンを行う傍ら、「日産リバイバルプラン」計画の下、東京都武蔵村山市にあった日産自動車村山工場などの生産拠点の閉鎖や子会社の統廃合、余剰資産の売却や早期退職制度による人員の削減などの大幅なリストラや新車種の投入、インテリア・エクステリアデザインの刷新やブランドイメージの一新などの計画を次々に敢行した。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た工場長

    1978年に、フランスの大手タイヤ製造会社のミシュラン社に入社。27歳でフランス国内の工場長に就任後、31歳でブラジル・ミシュラン社の社長を経て、35歳で北アメリカ・ミシュラン社の社長・経営最高責任者(CEO)に抜擢されるなど順調にキャリアを重ねていった。その後ユニロイヤル部門の再建を成功させた事などが評価され、1996年に、フランスの大手自動車製造会社であるルノー上級副社長を務めた。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たスペイン語

    カルロス・ゴーン(、、、又は (ビシャラ)若しくは 、1954年3月9日 - )は、ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。ルノーの取締役会長兼CEO (PDG) で、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)も務める。親はレバノン人、生まれはブラジル、育ちはフランス。レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。法政大学名誉博士(2004年)。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た自動車

    1999年3月に、ルノーが当時経営危機にあった、日本第2位の自動車会社、日産自動車と資本提携し、同社を傘下に収めた後に、当時のルイ・シュヴァイツァー会長の指示により、ルノーの子会社となった日産自動車に出向し、同社の最高執行責任者(COO)に就任し、家族共々日本へ移り住むことになる。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たイエズス会

    ブラジル北部の中規模の都市であるポルト・ヴェーリョで生まれた。父はレバノン系ブラジル人、母はアルジェリア生まれのレバノン系フランス人である。6歳の時に父の母国のベイルートに引越し、ベイルートのイエズス会系の学校でフランス語で中等教育を受ける。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た東方典礼カトリック教会

    マロン派(レバノン周辺を主要拠点とする東方典礼カトリック教会の一派)カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たアラビア語

    カルロス・ゴーン(、、、又は (ビシャラ)若しくは 、1954年3月9日 - )は、ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。ルノーの取締役会長兼CEO (PDG) で、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)も務める。親はレバノン人、生まれはブラジル、育ちはフランス。レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語でスピーチするようにしている。法政大学名誉博士(2004年)。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示