86件中 51 - 60件表示
  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た中華人民共和国

    2015年までは ブラジルの銀行バンコ・イタウの国際諮問委員を務めた、中国の清華大学の経済管理学院顧問委員、ベイルートのアメリカン大、セント・ジョセフ大学の戦略会議メンバーを務めている 2014年5月には欧州自動車工業会の会長に選出され。彼は?世界経済フォーラムの知事としての役割を果たす。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た世界金融危機 (2007年-)

    また、就任1年目の1999年夏に第70回都市対抗野球を視察に訪れた際、スタンドの応援団と観客の盛り上がりに感銘を受け、その直後に記者会見を開いて当時存廃問題が取りざたされていた野球部の存続を明言し、「都市対抗野球こそが日本の企業文化の象徴である」とまで公言した。しかしながら、2009年には金融危機による不況により、日産はゴーン体制初の営業赤字に転落し、その対策として、グローバル人員を2万人削減すると同時に、野球部を含む運動部の休止が発表された。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た負債

    ゴーンが入社した当時の日産は約2兆円(200億ドル)の有利子負債を抱え、国内販売でもラインナップされた46モデル中、3モデルだけが収益をあげている状況だった。ルノーからの巨額な資金投入が行われた上で、ゴーンの指揮下、両社の間でプラットフォームやエンジン、トランスミッションなどの部品の共通化、購買の共同化などを通じて両社のコストダウンを行う。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たロンドニア州

    祖父ビシャラ・ゴーンは、レバノンで生まれ13歳でブラジルに移住し、ブラジル北部、ブラジルとボリビア国境近くのロンドニア州の奥地 São Miguel do Guaporé サン・ミゲウ・ド・グアポレ でゴム産業に参入。最終的には農産物を売買する会社のオーナーとなった。レバノン系ブラジル人である父 ジョルジ・ゴーンはロンドニア州の州都ポルト・ヴェーリョに居を構え、同じくナイジェリア生まれのレバノン人の女性と結婚。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たルノーF1

    しかしながら、日産自動車のセドリック/グロリア、サニーといった伝統的な車名を次々に廃止したことに対しては、ゴーン自身は車名が体現する伝統の大事さを訴え、販売部署が望んだブランド名変更に最後まで反対だったという。また、日産が長年参戦してきたル・マン24時間レースからの完全撤退など、モータースポーツに関しては比較的否定的な立場であり、ルノーF1チームが2005年と2006年の2年連続で世界チャンピオンに輝いたにもかかわらず、同チームの継続的な参戦にはブランドイメージ形成や予算の面から懐疑的だと伝えられている。ただしF1チームの中では予算が少ないと言われているルノーでも、年間予算は100億円を優に超える(ただし、SUPER GTに関しては例外中の例外であり、近年ではGT-RによるFIA GT選手権への参戦も果たしている)。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たエリート

    1954年3月9日にカルロス・ゴーンが誕生した。カルロスが2歳くらいの頃、不衛生な水を摂取したことで病気となり、母親とともにリオ・デ・ジャネイロに移転。カルロスが6歳の時、彼の3人の姉妹と母とともに、祖父の母国であるレバノン・ベイルートに転居し、ベイルートのイエズス会系の Collège Notre-Dame de Jamhour(コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール)で中等教育を受けた。その後、パリ6区にあるプレップスクール Lycée Stanislas(リセ・スタニスラス)、そして、Lycée Saint-Louis(リセ・サン=ルイ)で学ぶ。1974年、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)(グランゼコールの代表格でエリート養成校の一つ)を卒業し、1978年にパリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学博士を取得し卒業。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たフォーチュン (雑誌)

    「コストキラー」「ミスター調整(FIX IT)」 などの異名をとるゴーンは、日産再建に向け社員とともに「日産リバイバルプラン」を作成。短期間で日産の経営立て直しを果たし、2003年にフォーチュン誌は、彼を「アメリカ国外にいる10人の最強の事業家の一人」と称している2013年6月から2016年6月には、ロシアの自動車メーカのアフトヴァース会長も務めていた。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見たレバノンの大統領

    しばしばレバノン共和国の大統領候補として名前が挙げられ、日本でも保険会社のアクサが東日本大震災後の2011年6月に行った「震災後の日本をまかせたい有名人」のアンケートで7位(北野武が1位)に選ばれた。しかし、自身は一切の政治的野心は持っていないとして、現段階ではこういった要請を受けるつもりがないことを表明している。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た名誉博士

    レバノンとブラジルとフランスの多重国籍を有する。アラビア語とフランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語の5言語を話せる。日産自動車の社員に対して自らの肉声で語りたい時は、敢えて日本語で演説するようにしている。2004年には法政大学名誉博士になっている。2005年には、快進社、ダットサンで竹内明太郎と縁があり、早稲田大学からも授与されている。極度の経営不振と経済的危機の状態にあった日産自動車を立て直したということで、他社の社外取締役に招聘されたり、大学の委員なども務めたりもしている。また、自らコマーシャルに出演するなど、マスメディアにも積極的に登場。漫画誌・ビッグコミック・スペリオールに「カルロス・ゴーン物語」が掲載されるなど、広く知られる存在となっている。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ゴーン

    カルロス・ゴーンから見た6区 (パリ)

    1954年3月9日にカルロス・ゴーンが誕生した。カルロスが2歳くらいの頃、不衛生な水を摂取したことで病気となり、母親とともにリオ・デ・ジャネイロに移転。カルロスが6歳の時、彼の3人の姉妹と母とともに、祖父の母国であるレバノン・ベイルートに転居し、ベイルートのイエズス会系の Collège Notre-Dame de Jamhour(コレージュ・ドゥ・ノートルダム・ドゥ・ジャンブール)で中等教育を受けた。その後、パリ6区にあるプレップスクール Lycée Stanislas(リセ・スタニスラス)、そして、Lycée Saint-Louis(リセ・サン=ルイ)で学ぶ。1974年、エコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)(グランゼコールの代表格でエリート養成校の一つ)を卒業し、1978年にパリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学博士を取得し卒業。カルロス・ゴーン フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「カルロス・ゴーン」のニューストピックワード

  • 自ら命を絶つことから一番遠いところにいるような方だと…

  • 自ら命を絶つことには一番遠い気がして…信じられない

  • 元TOKIO