前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006年夏の移籍期間が閉まる直前、コリンチャンスの同僚FWカルロス・テベスと共にイングランドのウェストハム・ユナイテッドFCへ移籍した。この移籍に関して、本当にウェストハムが彼の保有権を持っているのか、もしくは第三者が登録書を持っているのか、また高額のオファーがウェストハムに来た際は売却を強制させられるのかどうかなどが噂された。彼の加入までのリーグ戦成績は1勝1分1敗だったが、彼の加入後にがくっと成績を落とし、10月29日に移籍後初勝利を挙げるまでに1分8敗の散々な成績だった。加入からしばらくはプレミアリーグの早いゲーム展開、激しいフィジカルコンタクトに順応しきれず、半年間で出場機会が与えられたのは5試合のみで、ほとんどの試合をベンチで過ごした。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ヤヤ・トゥーレ

    ヤヤ・トゥーレから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010年7月2日、移籍金約2,400万ポンドでイングランドのマンチェスター・シティFCと5年契約を結んだ。週給は22万ポンドに設定され、プレミアリーグでも有数の、アフリカ出身の選手としての最高年俸となった。なお、マンチェスター・シティには2009年より兄のコロも在籍している。バルセロナで着けていた背番号24はパトリック・ヴィエラが既に着けていたため24を反対にした背番号42を割り当てられた。7月28日、メキシコのクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチでデビューし、1-1(PK4-1)で勝利した。8月7日のバレンシアCF戦でホームの観客に顔を見せ、その試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。8月14日にホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(0-0)でリーグ戦デビューし、1週間後のリヴァプールFC戦(3-0)ではギャレス・バリー、ニヘル・デ・ヨンクとともに中盤を形成し、好印象を与えた。9月19日のウィガン・アスレティックFC戦で70分にFWカルロス・テベスのアシストから初得点を挙げた。12月11日のウェストハム・ユナイテッドFC戦では前半に左足のミドルシュートで先制点を決め、後半にはドリブル突破からシュートを放ち、ゴールポストとロバート・グリーンに当たってゴールネットを揺らした 。2011年1月15日のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではFWエディン・ジェコのアシストから得点し、4-3で競り勝った。4月16日のマンチェスター・ユナイテッドFCとのFAカップ準決勝では両チーム唯一の得点となる決勝点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。ストーク・シティFCとの決勝でも同じく1-0での決勝ゴールを挙げ、マンチェスター・シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した。このシーズン、ロベルト・マンチーニの下でトップ下として起用され、バルサ時代より攻撃的なプレーが多くなった。チームではカルロス・テベスに次ぐ合計10得点を記録。リーグ戦では35試合に先発出場し8得点を決め、シティの初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。ヤヤ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    FIFA U-20ワールドカップ2007ではチームのエースとして大会に臨み、グループリーグの北朝鮮戦でのFKからのゴールやトーナメント第一試合のポーランド戦での芸術的なゴール、決勝のチェコ戦での同点弾などの印象的な活躍で6得点・4アシストを挙げてチームを優勝に導き、大会得点王とMVPに輝いた。その後のコパ・アメリカ2007にもフル代表として選出されたが、ここではメッシやカルロス・テベスら厚いFWの選手層に阻まれ出番は限られた。2007年11月17日に行われたワールドカップ南米予選のボリビア戦でフル代表初ゴールを記録。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    ディエゴ・マラドーナ2世と呼ぶ声も多く、マラドーナ本人からもそれを認められている。マラドーナ2世と呼ばれる選手は多数おり、マラドーナ本人も認めた選手としては他にカルロス・テベスやダレッサンドロなどがいる。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップでは、ピッチ内外での一挙手一投足がメディアの注目を集めた。グループリーグ初戦のナイジェリア戦は90分間ベンチに座ることなく選手たちに指示を与え続け、勝利後の記者会見ではリンゴをかじりながら質問に答えた。2戦目の韓国戦では1986 FIFAワールドカップでマンマークを受けた許丁茂監督と対戦することになり、試合前には相手を「テコンサッカー」と挑発した。韓国戦に続きギリシャ戦でも快勝し、グループリーグを3戦全勝の首位で通過。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦はカルロス・テベスの疑惑の残る先制点で試合の主導権を握り、3-1で勝利した。準々決勝のドイツ戦は試合開始早々に失点し、以後は焦りから攻撃に逸るマラドーナの心が見透かされているかのように、カウンターから立て続けに失点した。ハーフタイムの指示や後半の選手交代でも流れを変えることができず、0-4で惨敗して大会からの敗退が決定した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・モウソ

    ロベルト・モウソから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    1996年にボカ・ジュニアーズに復帰し、下部カテゴリーの指導者としてカルロス・テベス、フェルナンド・ガゴ、ネリ・カルドソ、ルーカス・ビアトリなどを指導した。ロベルト・モウソ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・サンド

    ホセ・サンドから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    アルフィオ・バシーレ代表監督にカルロス・テベスの代役として招集され、2008年10月15日のワールドカップ予選チリ戦で代表デビューした。ホセ・サンド フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ロセッティ

    ロベルト・ロセッティから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップ、決勝トーナメント1回戦、アルゼンチン対メキシコ戦でオフサイドであったカルロス・テベスのゴールを認める誤審をしてしまい、FIFAのゼップ・ブラッター会長がメキシコに陳謝することとなった。帰国の途についた彼はその後現役を引退しセリエBで後進の指導にあたることを明らかにしている。ロベルト・ロセッティ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・カービシュリー

    アラン・カービシュリーから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006-07シーズン途中、プロとしてのキャリアを始めたクラブからオファーが届き監督に就任した。クラブは18位と低迷していたが、就任直後の対マンチェスター・ユナイテッド戦に勝利し大金星を挙げた。しかし、その後は低迷、2007年3月4日のトッテナム戦では一時は2-0とはリードしながらも結果3-4という逆転負けを喫し、最下位に転落。降格は必至と見られていたが、テベスの活躍などもあり、最終節で再び、マンチェスター・ユナイテッドを1-0で下し、奇跡とも言われる残留を達成した。アラン・カービシュリー フレッシュアイペディアより)

  • アラン・スミス

    アラン・スミスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2007-2008シーズンにはカルロス・テベスの加入でさらに出場機会が減少することが予想されたことから、ニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍。5年契約で、移籍金は600万ポンド(約14億4000万円)。かつてリーズ・ユナイテッドでチームメイトであったマーク・ヴィドゥカ、ジェイムズ・ミルナーと同じクラブに所属する事となった。ニューカッスルでは本格的にミッドフィールダーに転向しチームの主力に定着した。激しいタックルは健在だが、無意味なラフプレーは少なくなった。アラン・スミス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード