前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • ボカ・ジュニアーズ

    ボカ・ジュニアーズから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    また2001-02シーズン前期は、カルロス・テベスがプロ・デビューを果たした(2001年10月21日、タジェレス・デ・コルドバ戦)。ボカ・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター・シティFC

    マンチェスター・シティFCから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2009年夏の移籍市場では再び巨額を投じ、カルロス・テベス、エマニュエル・アデバヨール、コロ・トゥーレらプレミアリーグで実績を残している選手達を中心に大規模な選手補強を行い、これまでキャプテンを務めていたリチャード・ダンや主力であったエラーノを放出してチームを編成し直した。2009-10シーズンは開幕から連勝を重ねて序盤は首位争いを演じるも、リーグ戦7戦連続引き分けるなど徐々に調子を落とし、2009年12月21日にヒューズは解任され、前インテル監督のロベルト・マンチーニを新監督として招聘した。2010年冬の移籍市場ではパトリック・ヴィエラ、アダム・ジョンソンらを獲得。一方で負傷などによって調子を落としていたロビーニョをサントスFCにレンタル移籍で放出した。マンチーニ監督就任後は守備を重視した戦術を浸透させ失点が減少、結果的には5位でのシーズン終了となりUEFAチャンピオンズリーグは逃したものの、UEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得した。マンチェスター・シティFC フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表の歴史

    サッカーアルゼンチン代表の歴史から見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2002 FIFAワールドカップ・南米予選では2位エクアドルに勝ち点12差をつける圧倒的な成績で本大会出場を決めたことから、2002 FIFAワールドカップ開幕前の前評判は高かった。フランスとともに優勝候補の一角に挙げられたが、日本と韓国で共催された本大会では「死の組」に組み込まれ、ライバルのイングランドに敗れるなどしてグループリーグ敗退に終わった。2004年のアテネオリンピックにはカルロス・テベス(得点王)やロベルト・アジャラ(オーバーエイジ)などが出場し、グループリーグを9得点無失点の3連勝で通過すると、準々決勝以降の3試合でも圧倒的な成績を残し、国際大会史上初となる全試合無失点で金メダルを獲得した。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場したが、決勝でブラジルに敗れて準優勝に終わった。ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップでは、グループリーグのコートジボワール戦とセルビア・モンテネグロ戦にそれぞれ2-1、6-0で勝利し、オランダ戦には0-0で引き分けた。美しいサッカーでグループ突破を決めると、決勝トーナメント1回戦ではメキシコと対戦し、延長の末にマキシ・ロドリゲスが決勝点を挙げて2-1で勝利した。この得点は国際サッカー連盟 (FIFA) によって行なわれたオンライン投票で大会最優秀ゴールに選出されている。準々決勝では開催国のドイツと対戦し、延長を終えて1-1で決着がつかなかったが、PK戦の末に2-4で敗れた。試合後には両チームの選手間で乱闘が起こり、試合に出場しなかったレアンドロ・クフレがペア・メルテザッカーを蹴ったとして退場処分を受け、マキシはバスティアン・シュヴァインシュタイガーを後ろから叩いた。FIFAはビデオ映像を調査し、クフレには4試合の出場停止処分を、マキシには2試合の出場停止処分を下した。ドイツのトルステン・フリンクスも、フリオ・クルスを殴ったとして準決勝は出場停止となった。敗退後間もなくペケルマン監督は辞任し、協会は1994 FIFAワールドカップでアルゼンチンを率いたアルフィオ・バシーレを新監督に任命した。サッカーアルゼンチン代表の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ディミタール・ベルバトフ

    ディミタール・ベルバトフから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2008年8月31日にブルガリア人選手としては史上最高額の3200万ポンド、当時約60億円となる移籍金(実際には非公開であるため推定額)でマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍した。背番号は9。クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベスらと共にプレーした。ディミタール・ベルバトフ フレッシュアイペディアより)

  • ヤヤ・トゥーレ

    ヤヤ・トゥーレから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010年7月2日、移籍金約2,400万ポンドでイングランドのマンチェスター・シティFCと5年契約を結んだ。週給は22万ポンドに設定され、アフリカ出身の選手としてはプレミアリーグ最高年俸となった。なお、マンチェスター・シティには2009年より兄のコロも在籍している。バルセロナで着けていた背番号24はパトリック・ヴィエラが既に着けていたため、24を反対にした背番号42を割り当てられた。7月28日、メキシコのクラブ・アメリカとのプレシーズンマッチでデビューし、1-1(PK4-1)で勝利した。8月7日のバレンシアCF戦でホームの観客に顔を見せ、その試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。8月14日にホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナム・ホットスパーFC戦(0-0)でリーグ戦デビューし、1週間後のリヴァプールFC戦(3-0)ではギャレス・バリー、ナイジェル・デ・ヨングとともに中盤を形成し、好印象を与えた。9月19日のウィガン・アスレティックFC戦で70分にFWカルロス・テベスのアシストから初得点を挙げた。12月11日のウェストハム・ユナイテッドFC戦では前半に左足のミドルシュートで先制点を決め、後半にはドリブル突破からシュートを放ち、ゴールポストとロバート・グリーンに当たってゴールネットを揺らした 。2011年1月15日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではFWエディン・ジェコのアシストから得点し、4-3で競り勝った。4月16日のマンチェスター・ユナイテッドFCとのFAカップ準決勝では両チーム唯一の得点となる決勝点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。ストーク・シティFCとの決勝でも同じく1-0での決勝ゴールを挙げ、マンチェスター・シティの35年ぶりのタイトル獲得に貢献した。このシーズンはロベルト・マンチーニの下でトップ下として起用され、バルサ時代より攻撃的なプレーが多くなった。チームではカルロス・テベスに次ぐ合計10得点を記録。リーグ戦では35試合に先発出場し8得点を決め、シティの初のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。ヤヤ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップでは、ピッチ内外での一挙手一投足がメディアの注目を集めた。グループリーグ初戦のナイジェリア戦は90分間ベンチに座ることなく選手たちに指示を与え続け、勝利後の記者会見ではリンゴをかじりながら質問に答えた。2戦目の韓国戦では1986 FIFAワールドカップでマンマークを受けた許丁茂監督と対戦することになり、試合前には相手を「テコンサッカー」と挑発した。韓国戦に続きギリシャ戦でも快勝し、グループリーグを3戦全勝の首位で通過。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦はカルロス・テベスの疑惑の残る先制点で試合の主導権を握り、3-1で勝利した。準々決勝のドイツ戦は試合開始早々に失点し、以後は焦りから攻撃に逸るマラドーナの心が見透かされているかのように、カウンターから立て続けに失点した。ハーフタイムの指示や後半の選手交代でも流れを変えることができず、0-4で惨敗して大会からの敗退が決定した。ディエゴ・マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006年夏の移籍期間が閉まる直前、コリンチャンスの同僚FWカルロス・テベスと共にイングランドのウェストハム・ユナイテッドへ移籍した。この移籍に関して、本当にウェストハムが彼の保有権を持っているのか、もしくは第三者が登録書を持っているのか、また高額のオファーがウェストハムに来た際は売却を強制させられるのかどうかなどが噂された。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2011年8月26日、クイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)へ4年契約で移籍。キャプテンを任され、主に中盤の底でプレーする。2012年5月13日、1部残留がかかった2011-12シーズン最終節、古巣のシティ戦でカルロス・テベスにひじ打ちを見舞いレッドカードを受け、さらにセルヒオ・アグエロにひざ蹴り、ヴァンサン・コンパニに頭突きを食らわせた。この大乱闘によりFAから12試合出場停止と罰金7万5000ポンド(約975万円)の処分を受けた。また、チームからは背番号とキャプテンマークを剥奪され、フットボールリーグ2(4部相当)のフリートウッドでの練習を命じられた。バートンは処分を受け入れたが、マーク・ヒューズ監督を批判し、フランスのオリンピック・マルセイユへの移籍を希望した。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・マロッタ

    ジュゼッペ・マロッタから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010年夏、カルチョ・スキャンダル以降低迷していたユヴェントスのGMに就任。スカウト担当のファビオ・パラティッチを連れて行った。初年度こそ7位と悪い流れを断ち切れなかったものの、2011年夏のメルカートでアントニオ・コンテを監督に就任させると同時に、アンドレア・ピルロ、アルトゥーロ・ビダル、ステファン・リヒトシュタイナー、ミルコ・ヴチニッチと次々と積極補強をし、チームとしてサイクルの転換を促した。その結果、ユヴェントスはシーズン前の下馬評を覆し、クラブ史上初のリーグ戦無敗優勝を成し遂げた。その後も2012年夏に、クワドォー・アサモアとマウリシオ・イスラを同時補強。2013年冬にはフェルナンド・ジョレンテを自由移籍で獲得し、2013年夏にカルロス・テベス、アンジェロ・オグボンナの獲得を決めるなど、堅実かつ迅速な補強手腕でセリエAでのユヴェントスの地位を確固たるものにし2013-14シーズンまででセリエA三連覇を達成した。2014-15シーズンは三連覇の立役者アントニオ・コンテ監督の電撃辞任というアクシデントがあったが、辞任翌日という速さでミランでの実績があったマッシミリアーノ・アッレグリ監督を招聘。コンテの一件で出遅れていた移籍市場でも欧州実績のあるパトリス・エヴラを200万ユーロで獲得。また、アルバロ・モラタ、ロベルト・ペレイラといった実力と将来性を兼ね備えた有望若手選手も獲得した。こういった迅速な動き・判断が実り2014-15シーズンのユヴェントスはセリエA四連覇を含む二冠獲得・さらにUEFAチャンピオンズリーグ準優勝というカルチョ・スキャンダル後では最高の成績を残した。ジュゼッペ・マロッタ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2007年のFIFA U-20ワールドカップではチームのエースとして大会に臨み、グループリーグの北朝鮮戦でのFKからのゴールやトーナメント第1試合のポーランド戦での技巧的なゴール、決勝のチェコ戦での同点ゴールなどの活躍で6得点4アシストを挙げてチームを優勝に導き、大会得点王とMVPを受賞した。コパ・アメリカにもフル代表として選出されたが、ここではメッシやカルロス・テベスら厚いFWの選手層に阻まれ出番は限られた。11月17日に行われたワールドカップ南米予選のボリビア戦でフル代表初ゴールを記録した。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード