70件中 11 - 20件表示
  • パウロ・ディバラ

    パウロ・ディバラから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2017-18シーズン開幕前の2017年8月9日に、背番号を「10」番に変更することを発表。アレッサンドロ・デル・ピエロやミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、同胞のカルロス・テベスら名手が着用した番号である。パウロ・ディバラ フレッシュアイペディアより)

  • 2003 FIFAワールドユース選手権

    2003 FIFAワールドユース選手権から見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    当初は3月25日から4月16日までの開催予定であったが、イラク戦争の影響により開催延期となった。これによりイングランドのルーニー、ブラジルのロビーニョ、ジエゴ、アルゼンチンのテベスらの選手達が大会出場を辞退している。2003 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマン・デニス

    ヘルマン・デニスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップ・南米予選の最初の2戦であるチリ戦とベネズエラ戦に向け、アルフィオ・バシーレ監督率いるアルゼンチン代表招集され、2007年10月16日のベネズエラ戦でカルロス・テベスに代わり初出場した。ヘルマン・デニス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ロセッティ

    ロベルト・ロセッティから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010 FIFAワールドカップ、決勝トーナメント1回戦、アルゼンチン対メキシコ戦でオフサイドであったカルロス・テベスのゴールを認める誤審をしてしまい、FIFAのゼップ・ブラッター会長がメキシコに陳謝することとなった。帰国の途についた彼はその後現役を引退しセリエBで後進の指導にあたることを明らかにしている。ロベルト・ロセッティ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ドーソン

    マイケル・ドーソンから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    元マンチェスター・シティFCのカルロス・テベスはドーソンを「屈強で、今まで対戦した中で最高のイギリス人ディフェンダー」と評している。マイケル・ドーソン フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・マトリ

    アレッサンドロ・マトリから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2012-13シーズン終了後、ユヴェントスはカルロス・テベスやフェルナンド・ジョレンテといった実力者を前線に獲得。出場機会が大幅に減ったため、2013年8月29日、ACミランの公式チャンネルでマトリのミラン復帰が発表。翌日、正式に移籍が決定。背番号は9番である。カリアリ時代の恩師、マッシミリアーノ・アッレグリとの再会となったが、15試合で1ゴールと期待外れに終わった。アレッサンドロ・マトリ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・スミス

    アラン・スミスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2007-08シーズンにはカルロス・テベスの加入でさらに出場機会が減少することが予想されたことから、ニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍。5年契約で、移籍金は600万ポンド(約14億4000万円)。かつてリーズ・ユナイテッドでチームメイトであったマーク・ヴィドゥカ、ジェイムズ・ミルナーと同じクラブに所属する事となった。ニューカッスルでは本格的にミッドフィールダーに転向しチームの主力に定着した。激しいタックルは健在だが、無意味なラフプレーは少なくなった。アラン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・モウソ

    ロベルト・モウソから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    1996年にボカ・ジュニアーズに復帰し、下部カテゴリーの指導者としてカルロス・テベス、フェルナンド・ガゴ、ネリ・カルドソ、ルーカス・ビアトリなどを指導した。ロベルト・モウソ フレッシュアイペディアより)

  • ワソン・レンテリア

    ワソン・レンテリアから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2004年にボヤカ・チコFCでプロキャリアを開始したレンテリアは、翌年の2005 FIFAワールドユース選手権に参加。同大会での活躍からカルロス・テベス、ハビエル・マスチェラーノ、リサンドロ・ロペス、ルイス・ゴンサレス等の優れた南米選手の権利を数々と保有する投資会社ファンド会社メディア・スポーツ・インヴェストメント (MSI) に2005年7月12日に権利を買い取られ、2005年9月5日にブラジル1部のSCインテルナシオナルと5年契約を締結する際に保有権50%がインテルナシオナルへ売却された。ワソン・レンテリア フレッシュアイペディアより)

  • アラン・カービシュリー

    アラン・カービシュリーから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006-07シーズン途中、プロとしてのキャリアを始めたクラブからオファーが届き監督に就任した。クラブは18位と低迷していたが、就任直後の対マンチェスター・ユナイテッド戦に勝利し大金星を挙げた。しかし、その後は低迷、2007年3月4日のトッテナム戦では一時は2-0とはリードしながらも結果3-4という逆転負けを喫し、最下位に転落。降格は必至と見られていたが、テベスの活躍などもあり、最終節で再び、マンチェスター・ユナイテッドを1-0で下し、奇跡とも言われる残留を達成した。アラン・カービシュリー フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード