46件中 21 - 30件表示
  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2002年にアルゼンチン代表に初招集され、ウルグアイとの試合で代表デビューした。幼い頃から注目された弟に比べると兄のディエゴは苦労人であり、その後代表から遠ざかるが、2004年、2006年に再招集を受けている。2006年のドイツワールドカップ出場メンバーには選ばれていない。翌年のコパ・アメリカ2007には招集され、7月2日のコロンビア戦で1ゴールを挙げた。しかしアルフィオ・バシーレ監督の大型フォワードのファースト・チョイスはエルナン・クレスポであり、バシーレの後任となったディエゴ・マラドーナ監督下においても、リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、カルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインなどいずれもビッグクラブで主力として活躍している選手がいるため、ポジション争いには苦戦している。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・バートン

    ジョーイ・バートンから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2012年5月13日、所属するクイーンズ・パーク・レンジャーズの一部残留がかかった最終節のマンチェスター・シティ戦で、後半早々にプレーとまったく関係のないところで相手FWカルロス・テベスに対しひじ打ちをしレッドカードを提示される。さらにその直後判定に対する腹いせとばかりセルヒオ・アグエロを膝で蹴り上げ、怒って詰め寄ってきたヴァンサン・コンパニに頭突きを見舞い、両入り乱れる乱闘騒ぎを起こし、関係者に連れられて退場した。この一連の行為に対し、リーグはバートンに12試合出場停止処分を下した。バートンはシーズン後、キャプテンと背番号をはく奪され、さらにQPRからは無償で放出する方針を明らかにされ、処分を受け入れつつも退団を申し出た。しかし、マーク・ヒューズがそれを拒否したため監督をツイッター上で批判した。結果的に希望していたマルセイユへのローン移籍が決まるが、12試合の出場停止処分が消化されておらず、移籍先のマルセイユでの処分継続となった。ジョーイ・バートン フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006-07シーズンはじめにワールドカップドイツ大会で活躍したアルゼンチン代表のカルロス・テベス、ハビエル・マスチェラーノの両選手を補強し、注目を集めたが同シーズンは前シーズンとは一転して苦しい戦いとなった。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    カルロス・テベスは弟のような存在。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • コロ・トゥーレ

    コロ・トゥーレから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010-11シーズンはキャプテンマークをカルロス・テベスに譲ったものの、チームの守備の要としてロベルト・マンチーニ監督の信頼を得ていた。コロ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • ガレス・ベイル

    ガレス・ベイルから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010年10月20日、UEFAチャンピオンズリーグの対インテル戦(サンシーロ)にて、ハットトリックを達成。さらに続く11月2日のホームでのインテル戦では2アシストを記録して勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。インテルのディレクターとして帯同し、この試合を観戦していたルイス・フィーゴは、ベイルの動きについて「本当にただただアメージングだった」と賞賛のコメントをした。2011年4月17日、サミル・ナスリ、カルロス・テベスらを抑えてPFA年間最優秀選手賞を受賞した。ガレス・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス

    マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    ギリシャでの半年間を終えた2008年夏にマンチェスター・Uに戻り、プレシーズンの南アフリカ遠征に参加したが、中足骨を負傷してチームを離脱した。8月にはクラブは彼の労働許可証が発行されることを確信し、8月28日にマンチェスター・イブニング・ニュース紙はマヌーショがすでに労働許可証を受け取っていると報じた。マヌーショは背番号26を受け取り、9月23日、オールド・トラッフォードで行われたフットボールリーグカップ3回戦のミドルズブラFC戦(3-1)でデビューした。11月15日、ストーク・シティFC戦の74分にカルロス・テベスと交代してプレミアリーグデビューし、その1分後にはダニー・ウェルベックの得点までの崩しに絡んだ。12月18日、エヴァートンFCとのリザーブリーグ戦(1-1)で移籍後初得点を挙げた。マテウス・アルベルト・コントレイラス・ゴンサルヴェス フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・カイセド

    フェリペ・カイセドから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2009年夏にはパラグアイ代表のFWロケ・サンタクルス、トーゴ代表のFWエマヌエル・アデバヨール、アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが加入したため、カイセドは余剰戦力となった。7月23日、1年間の契約でスポルティング・リスボンにレンタル移籍し、2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグにも出場した。契約には完全移籍オプションも付けられていたが、レンタル期間を半年間に短縮し、2010年になってイングランドに戻った。フェリペ・カイセド フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ

    2010 FIFAワールドカップから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    6月28日に行なわれた決勝トーナメント1回戦のドイツ対イングランド戦では、前半にイングランドのフランク・ランパードが放ったシュートがゴールポストに当たった後ドイツ側のゴールラインを超えたが、得点が認められなかった。試合はイングランドが敗退し、この事態に激怒したサポーターが、試合終了後審判団の宿泊しているホテルを取り囲み、審判に罵声を浴びせ続ける事態も発生。また同日に行なわれたアルゼンチン対メキシコ戦にて、カルロス・テベスの先制点のシーンがすぐに会場の大型ビジョンで放映された際、明らかにオフサイドであり、メキシコ側が猛抗議を行なったにも関わらず、得点が認められた。これらの誤審に対し、イングランド代表監督のファビオ・カペッロやメキシコ代表監督のハビエル・アギーレが不満を爆発。国際プロサッカー選手協会も、判定を審判だけに頼らずビデオなど現代テクノロジーを導入するよう求める声明を出した。2010 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・バルディビア

    ホルヘ・バルディビアから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006年8月5日、カンピオナート・ブラジレイロのSEパルメイラスと年俸40万ドルで3年契約を結んで完全移籍した。移籍金は350万ドルであり、パルメイラスが外国人選手に支払った金額としてはクラブ史上最高額であった。プレシーズンのECサント・アンドレ戦(2-0)でデビューを飾り、ティテ監督は「バルディビアのブラジルでの成功は疑いの余地がない」と断言した。エスタジオ・ド・マラカナンで行われたボタフォゴFR戦(3-1)で公式戦初出場を果たしたが、初年度は公式戦15試合・非公式戦1試合に出場したのみであり、得点を挙げられなかった。カイオ・ジュニオール監督が就任すると背番号10を与えられて先発メンバーに固定され、2007年1月16日、リオ・ブランコEC戦(2-1)で移籍後初得点を挙げた。SCコリンチャンス戦(3-0)ではエジムンドのハットトリックをすべてアシストする活躍を見せ、試合後にはカイオ・ジュニオール監督に「バルディビアはカルロス・テベス後のブラジルサッカー界のニュースターだ」と称された。5月20日のフィゲイレンセFC戦(2-1)では2得点を挙げた。12月3日、カンピオナート・ブラジレイロの最優秀選手賞を受賞した。同月にはウルグアイのエル・パイス紙によって南米ベストイレブンに選出され、南米最高のミッドフィールダーとみなされた。2008年1月21日、TV GazetaによるMesa Redonda賞を受賞し、カンピオナート・ブラジレイロの最優秀ミッドフィールダーに選出された。ホルヘ・バルディビア フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード