70件中 21 - 30件表示
  • マヌエル・アルムニア

    マヌエル・アルムニアから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2008-09シーズンはキャプテンマークを巻く機会が増えた。2009年4月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドFC戦。オールド・トラッフォードで相手に押し込まれる展開の中、カルロス・テベス、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニーらの至近距離からのシュートをことごとくブロックした。チームは0-1で敗れたが、アルムニア自身はプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれ、マヌエル・アルムニア フレッシュアイペディアより)

  • ミルコ・ヴチニッチ

    ミルコ・ヴチニッチから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2011年8月1日、ユヴェントスFCに移籍。移籍金は1500万ユーロ。当初の背番号は14番。ユヴェントスではアレッサンドロ・マトリと2トップを形成し、マトリに次ぐ9得点を挙げて9年ぶりのスクデット獲得に寄与した。背番号を9番に変えた2012-13シーズンも連覇の立役者として貢献するも、2013-14シーズンは自身の負傷とカルロス・テベスやフェルナンド・ジョレンテといったFWにポジションを奪われたことで移籍を志願。2014年1月にフレディ・グアリンとのトレードでインテル・ミラノ移籍がほぼ決定だったが、インテルファンの反発を恐れたインテル会長エリック・トヒルが移籍を中断を命令したため成立しなかった。その後、アーセナル移籍の噂が浮上したものの結局残留。ミルコ・ヴチニッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールパフォーマンス

    ゴールパフォーマンスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    ガブリエル・バティストゥータはフィオレンティーナ在籍時に得点を決めた際、両腕を添えて機関銃を乱射する姿を真似たパフォーマンスを行ったが、後にカルロス・テベスやポール・ポグバらに模倣された。また、バティストゥータはコーナーフラッグを右手でつかみ左手を腰にあて胸を張るガリバルディポーズや、1996年8月に行われたスーペルコッパ・イタリアーナのACミラン戦では得点後にテレビカメラに駆け寄り、妻への愛を叫ぶパフォーマンスを行った。ゴールパフォーマンス フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ペトロフ

    マルティン・ペトロフから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2009-10シーズンになると、カルロス・テベスやエマニュエル・アデバヨール等の新規選手が次々と加入していったためペトロフ退団の動きが見られ、移籍期限最終日の2009年9月1日にデヴィッド・ベントリーがマンチェスター・シティへ向かっていたことでペトロフがトッテナムと契約するのではとの憶測を呼んだ。トッテナム側は移籍金1000万ポンド+ベントリーの代役としてペトロフを望んでいたが、最終的にシティ側が期限付き・完全移籍の両方でベントリー獲得を取りやめたため、移籍話は消滅した。これに対し、ペトロフの代理人ラチェザル・タネフ(en)は監督であるヒューズが望まなかったため、この取引は決裂したと語った。しばしば出場すら出来ない状態が続いていたが、初先発した2010年9月28日のウェストハム・ユナイテッド戦で得点を挙げた。以降は再度出番が訪れなかったが、久しぶりの出場にして初先発となった10月18日のウィガン・アスレティックFC戦で得点を挙げると、続くフラム戦ではショーン・ライト=フィリップスに代わり先発起用され、それに応えるように得点を挙げた。2試合連続で先発起用、得点と上り調子にいくかに思われたが、以前から悩まされてきた膝の怪我を10月26日に悪化させてしまった。その後、ヒューズ監督に代わりロベルト・マンチーニ監督が就任すると、2試合連続で先発起用され、ストーク・シティFC戦(2-0)で得点を挙げた。また、頻繁に先発起用されていったことで、ヒューズ前監督の起用法を公に批判した。マルティン・ペトロフ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ジョンソン (サッカー選手)

    アダム・ジョンソン (サッカー選手)から見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2月6日のハル・シティAFC戦でスティーヴン・アイルランドに代わり途中から初出場を飾り、3日後のボルトン戦で右サイドの先発を務めたジョンソンは、カルロス・テベス、エマニュエル・アデバヨールと共に攻撃を展開し、同試合の最優秀選手に選出された。3月14日のサンダーランド戦でロスタイム1分半に同点弾にして移籍後初得点を挙げるなど、加入早々に活躍を見せたことで、イングランド代表を率いるファビオ・カペッロ監督から称賛され、公に代表チームへの招集を示唆された。アダム・ジョンソン (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・イラーリオ

    エンリケ・イラーリオから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    9月26日のウィガン・アスレティックFC戦(アウェイ1-3敗北)でチェフがウーゴ・ロダジェガに対するタックルで一発退場したため、フローラン・マルダに代わり後半から出場するも2得点を許し(うちPK1本)敗戦。チェフの出場停止により、続く10月4日のリヴァプールFC戦(ホーム2-0勝利)で先発起用されると無失点に抑え、同試合の最優秀選手に選出された。2010年2月24日にUEFAチャンピオンズリーグ 2009-10ベスト16のFCインテルナツィオナーレ・ミラノとの第1戦(アウェイ1-2敗北)でチェフが怪我をしたことにより後半から出場し、残り30分を無失点に抑えた。最終的に2009-10シーズンのリーグ戦は優勝するものの、インテル戦から数日後の2月27日にマンチェスター・シティFC戦(ホーム2-4敗北)で先発起用されるとカルロス・テベスとクレイグ・ベラミーに4得点を許し、同シーズンのホーム試合で初めて土をつけられている。エンリケ・イラーリオ フレッシュアイペディアより)

  • ヘニング・ベルグ

    ヘニング・ベルグから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    マンチェスター・ユナイテッドでは、1998-99、1999-2000シーズンに2度のリーグ優勝、1998-99のFAカップ、UEFAチャンピオンズリーグ 1998-99に優勝を経験。3冠を達成した1998-99シーズンは、負傷により2つのカップ戦決勝で欠場を余儀なくされたものの、チャンピオンズリーグ準々決勝のインテルナツィオナーレ・ミラノ戦で多くのファンの記憶に残る活躍を見せた。また、1999年にリーグを制したことでプレミアリーグ史上初の異なる2クラブでリーグタイトルを獲得した選手となり、この偉業を達成した選手は2009年までにベルグ1人であった(2010年からニコラ・アネルカ、アシュリー・コール、ガエル・クリシー、コロ・トゥーレ、カルロス・テベスも達成)。ヘニング・ベルグ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ギグス

    ライアン・ギグスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2007-08シーズンは、アレックス・ファーガソンはローテーション制を採用したため、ナニ、アンデルソンといった選手が起用されることも多かったが、重要な試合に起用されるのはギグスであり、オールド・トラッフォードで行われたチェルシーFC戦ではカルロス・テベスのユナイテッドでの初ゴールをアシストした。ライアン・ギグス フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2月5日 - カルロス・テベス(アルゼンチン、サッカー)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピックのサッカー競技

    2004年アテネオリンピックのサッカー競技から見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    男子で金メダルを獲得したアルゼンチンは、直前のコパ・アメリカ2004で準優勝したメンバーを中心に臨んだことから、大会前から優勝の最右翼といわれるほど前評判が高く、得点王となったカルロス・テベスを中心に、ハビエル・マスチェラーノ、ルイス・ゴンサレスらの若い才能と、ロベルト・アジャラ、ガブリエル・エインセ、キリ・ゴンザレスの3人のオーバーエイジが組み合わされたチームは、グループリーグから圧倒的なパフォーマンスを見せてトーナメントを席巻し、国際大会で史上初となる全試合無失点での優勝となった。また、男子で銀メダルを獲得したパラグアイは全競技通じて同国初のメダル獲得となった。2004年アテネオリンピックのサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード