70件中 31 - 40件表示
  • ファブリシオ・コロッチーニ

    ファブリシオ・コロッチーニから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2001年6月、U-20アルゼンチン代表のキャプテンとして自国開催のFIFAワールドユース選手権に出場すると、グループステージで2得点を挙げる活躍を見せ、大会得点王となったハビエル・サビオラとともに同国を優勝に導いた。2004年にはU-23アルゼンチン代表としてアテネオリンピックに出場し、サビオラや得点王となったカルロス・テベスらとともに金メダルを獲得した。ファブリシオ・コロッチーニ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンサレス

    ルイス・ゴンサレスから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    アルゼンチン代表として参加したアテネオリンピックでは、当時のリーベル・プレートの同僚であるハビエル・マスチェラーノやライバルであるボカ・ジュニアーズに当時所属のカルロス・テベス(大会得点王)らと共に金メダルを獲得した。代表では4-3-1-2の右インサイドハーフや4-4-2の右サイドハーフやセンターハーフを担っていた。2006年のドイツで行われたFIFAワールドカップ代表にも選出され、グループステージでは2試合に途中出場、準々決勝の対ドイツ戦では先発フル出場を果たすものの勝利を掴むことはできなかった。ルイス・ゴンサレス フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール

    オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオールから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2016年12月22日、中国・スーパーリーグの上海上港へ移籍することでクラブ間合意に達したことを公式サイトで発表した。同じく中国スーパーリーグに移籍したカルロス・テベス、エセキエル・ラベッシに次ぐ世界3位、もしくは世界4位の年俸とされる。オスカル・ドス・サントス・エンボアバ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・カイセド

    フェリペ・カイセドから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2009年夏にはパラグアイ代表のFWロケ・サンタクルス、トーゴ代表のFWエマヌエル・アデバヨール、アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが加入したため、カイセドは余剰戦力となった。7月23日、1年間の契約でスポルティングCPにレンタル移籍し、2009-10シーズンはUEFAチャンピオンズリーグにも出場した。契約には完全移籍オプションも付けられていたが、レンタル期間を半年間に短縮し、2010年になってイングランドに戻った。フェリペ・カイセド フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・アデバヨール

    エマニュエル・アデバヨールから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010-11シーズンはカルロス・テベス、マリオ・バロテッリに次ぐFWの3番手となり、出場機会が減少。前半戦は8試合の出場と1得点に留まった。さらに冬の移籍市場でVfLヴォルフスブルクからエディン・ジェコを獲得。そのためアデバヨールは2011年1月25日に出場機会を求め、ゴンサロ・イグアインの負傷によりFWを探していたレアル・マドリードへ買取りオプション付きでレンタル移籍した。エマニュエル・アデバヨール フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・バルディビア

    ホルヘ・バルディビアから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2006年8月5日、カンピオナート・ブラジレイロのSEパルメイラスと年俸40万ドルで3年契約を結んで完全移籍した。移籍金は350万ドルであり、パルメイラスが外国人選手に支払った金額としてはクラブ史上最高額であった。プレシーズンのECサント・アンドレ戦 (2-0) でデビューを飾り、ティテ監督は「バルディビアのブラジルでの成功は疑いの余地がない」と断言した。エスタジオ・ド・マラカナンで行われたボタフォゴFR戦 (3-1) で公式戦初出場を果たしたが、初年度は公式戦15試合・非公式戦1試合に出場したのみであり、得点を挙げられなかった。カイオ・ジュニオール監督が就任すると背番号10を与えられて先発メンバーに固定され、2007年1月16日、リオ・ブランコEC戦 (2-1) で移籍後初得点を挙げた。SCコリンチャンス・パウリスタ戦 (3-0) ではエジムンドのハットトリックをすべてアシストする活躍を見せ、試合後にはカイオ・ジュニオール監督に「バルディビアはカルロス・テベス後のブラジルサッカー界のニュースターだ」と称された。5月20日のフィゲイレンセFC戦 (2-1) では2得点を挙げた。12月3日、カンピオナート・ブラジレイロの最優秀選手賞を受賞した。同月にはウルグアイのエル・パイス紙によって南米ベストイレブンに選出され、南米最高のミッドフィールダーとみなされた。2008年1月21日、TV GazetaによるMesa Redonda賞を受賞し、カンピオナート・ブラジレイロの最優秀ミッドフィールダーに選出された。ホルヘ・バルディビア フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2002年にアルゼンチン代表に初招集され、ウルグアイとの試合で代表デビューした。幼い頃から注目された弟に比べると一時代表から遠ざかる時期もあったが、2004年と2006年に再招集を受けている。2006年のドイツワールドカップ出場メンバーには選ばれていない。翌年のコパ・アメリカ2007には招集され、7月2日のコロンビア戦でゴールを挙げた。しかしアルフィオ・バシーレ監督の大型フォワードのファーストチョイスはエルナン・クレスポであり、バシーレの後任となったディエゴ・マラドーナ監督下においても、リオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロ、カルロス・テベス、ゴンサロ・イグアインなどいずれもビッグクラブで主力として活躍している選手がいるため、出場機会は限られたものであった。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • ニウマール・オノラート・ダ・シウバ

    ニウマール・オノラート・ダ・シウバから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2005年夏にはFWフレッジが加入したため、出場機会を求めて母国のコリンチャンスにレンタル移籍した。コリンチャンスではカルロス・テベスと2トップを組んで好結果を残したが、オリンピック・リヨンにはフレッジの他にFWシルヴァン・ヴィルトール、FWミラン・バロシュ、FWシドニー・ゴブがおり、前線の選手が足りていたため、コリンチャンスへ完全移籍した。ニウマール・オノラート・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・クアリャレッラ

    ファビオ・クアリャレッラから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    2010年8月27日、ユヴェントスFCへレンタル移籍。ユヴェントスはナポリにレンタル料として450万ユーロを支払い、さらにシーズン終了後に1050万ユーロを支払うことで完全移籍させることが出来る契約となった。開幕からレギュラーとして活躍し17試合で9ゴールと好調を維持するが、2011年1月6日のパルマFC戦で右膝前十字靭帯を損傷、残りのシーズンを棒に振り、好調だったチームもしだいに失速して7位に沈んだ。シーズン終了後の6月22日にユヴェントスに完全移籍。その後はアレッサンドロ・マトリやミルコ・ヴチニッチ、カルロス・テベス、フェルナンド・ジョレンテといったFWが加入し定位置を失ったものの、一定の出場機会を得た。ファビオ・クアリャレッラ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・サンド

    ホセ・サンドから見たカルロス・テベスカルロス・テベス

    アルフィオ・バシーレ代表監督にカルロス・テベスの代役として招集され、2008年10月15日のワールドカップ予選チリ戦で代表デビューした。ホセ・サンド フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「カルロス・テベス」のニューストピックワード