327件中 51 - 60件表示
  • 富良野オムカレー

    富良野オムカレーから見たカレーライスカレーライス

    富良野オムカレー(ふらのオムカレー)は、北海道富良野市で販売されているオムレツののったご当地グルメのカレーである。富良野オムカレー フレッシュアイペディアより)

  • 氷見カレー

    氷見カレーから見たカレーライスカレーライス

    氷見カレー(ひみカレー)は、富山県氷見市で販売されているご当地カレーライス氷見カレー フレッシュアイペディアより)

  • ソース・アラシッド

    ソース・アラシッドから見たカレーライスカレーライス

    西アフリカの家庭料理ではピューレ状に煮込んだソースに米を付け合せるスタイルがごく一般的であり、日本のカレーライスの姿に近い。味付けとしては酸味を代表するトマト、甘味とコクを代表するピーナッツバター、辛さには赤唐辛子を使用する。小麦粉やすり潰したオクラの粉を入れてとろみが付けられることもある。ピーナッツバターで作られるベースとなるソースは、インドネシア版の串焼き料理といわれるサテーに使うタレの風味によく似ている。ソース・アラシッド フレッシュアイペディアより)

  • 食堂自動車

    食堂自動車から見たカレーライスカレーライス

    オフィス街におけるランチ販売車(カレーライスやオムライスなど)食堂自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 船場カリー

    船場カリーから見たカレーライスカレーライス

    船場カリー(せんばカリー)とは大阪市内に店舗を構えるカレーライスチェーン店。船場カリー フレッシュアイペディアより)

  • おふくろの味

    おふくろの味から見たカレーライスカレーライス

    日本では古くから家庭における料理、炊事は母親(「おふくろ」)の仕事であったため、このように呼ばれる。肉じゃがや味噌汁などが代表格に挙げられるが、世代によってバラつきがあり、第二次世界大戦後はカレーライスなどの洋食も含まれるようになっていった。また都市部では惣菜としてのコロッケなどは早い段階から肉屋で市販されていたため、こういった出来合いの惣菜も、ともすればおふくろの味に近いイメージで扱われる。おふくろの味 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和モダン

    昭和モダンから見たライスカレーカレーライス

    洋行帰りの実業家らが洋食のレストランを開き、都心で成功をおさめるようになったのもこの頃である。当時のカフェーは独身男性の利用が主であったが、いずれもモダンさが受け、人気が高かった。ライスカレー、オムライス、カツレツなど現在では定番となった洋食メニューが、好んで賞味された。またお子様ランチ、森永ミルクキャラメル、三ツ矢サイダー、カルピス、インスタントコーヒー(ネスカフェ)、サントリー角瓶など、現在でも愛食・愛飲される商品が数多く開発された時期でもある。昭和モダン フレッシュアイペディアより)

  • 大衆食堂

    大衆食堂から見たカレーライスカレーライス

    メニューに定食が多く、定食屋、定食店とも呼ばれる。単品として焼きめし、チキンライス、オムライス、カレーライスなども定番である。麺類では中華そばがほぼ必ずあり、うどん、蕎麦などの数種を揃える例が多い。調理・盛りつけ済みの惣菜を一皿ごとに選んで取るセルフサービス形態の店舗は、最後にめしだけを注文することから一膳めし屋と呼ばれる。東京を中心とする東日本では定食のメニューを数多く揃えた定食屋形式が多く、大阪を中心とする西日本では総菜をセルフサービスで選ぶ一膳めし屋形式が多い。大衆食堂 フレッシュアイペディアより)

  • 各務原カレー祭り

    各務原カレー祭りから見たカレーライスカレーライス

    開催テーマは「楽しみ、喜び、盛大に」。各務原市特産のニンジンなど、地元食材を使用した夏野菜入りのカレーライスの無料配布されるのが特徴である。このカレーライスは開催される西暦の年数の人数分(2007年は2007食)配布される(要整理券)。各務原カレー祭り フレッシュアイペディアより)

  • 矢高あっぷるカレー

    矢高あっぷるカレーから見たカレーライスカレーライス

    矢高あっぷるカレー(やこうあっぷるカレー)は、栃木県矢板市で販売されているご当地グルメのカレーである。矢高あっぷるカレー フレッシュアイペディアより)

327件中 51 - 60件表示

「カレーライス」のニューストピックワード