前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • カレーライス

    カレーライスから見た阪急百貨店

    1929年(昭和4年)、大阪・梅田の「阪急百貨店」の大食堂が、廉価(25銭)でライスカレーを販売。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たエスビー食品

    現在の日本の家庭では、カレー粉・小麦粉・油脂・旨味成分などを固形化した「インスタント・カレールウ」を使って調理する事が多い(フランス料理の「ルウ」とは別物である)。1926年(大正15年)にハウス食品が「ホームカレー粉」の商品名で初めて発売し、固形製品は、1954年(昭和29年)にエスビー食品が初めて発売した。2004年(平成16年)度の「カレールウ」の国内出荷額は約676億円で、各社のシェアはハウス食品約61%、エスビー食品約28%、江崎グリコ約10%と推計されており(日本経済新聞社)、ほぼ大手3社による寡占市場となっている。固形タイプ以外にも、フレーク状のものや顆粒状の製品もある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たタマネギ

    日本にはじめてカレーライスの調理法を紹介したのは、1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』(敬学堂主人)である。食材として「ネギ・ショウガ・ニンニク・バター・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」を挙げている。同書はインドのチャツネも掲載しているがカレーとは結び付けられていない1。また、同じ年に出た『西洋料理通』(仮名垣魯文)は、「牛肉・鶏肉・ネギ・リンゴ・小麦粉・ユズ・カレー粉」を挙げている。しかしカエル肉を使ったレシピはあまり普及せず、ネギ(長ネギ)も大正時代にはほぼタマネギに置き替わった(後述)。現在、カレーの具の「三種の神器」と呼ばれているジャガイモ・ニンジン・タマネギは、明治のはじめにはまだ珍しい「西洋野菜」であったが、開拓地の北海道を中心に徐々に生産が広がった。大正時代後期( 関東大震災後)には、東京庶民が気軽に利用してきた外食店の蕎麦屋が、カレー南蛮やカレー丼のような和洋折衷料理を出すようになり、また和・洋・中となんでも扱う大衆レストランでも、比較的安価な洋食として、人気メニューとなった。国産の安価なカレー粉が登場したこともあいまって、このころ現在の日本のカレーライスの原型が完成したと考えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たカレー

    カレーライスは、カレーを米飯と共に食べる料理であり、一つの器もしくはカレーと米飯を別の器で提供するもの。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たモーニング娘。モーニング娘。

    踊れ!モーニングカレー (モーニング娘。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た松たか子

    カレーライス (松たか子カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た吉本隆明

    (執筆者:吉行淳之介、井上靖、大佛次郎、永井龍男、秋岡伸彦、阿川弘之、池波正太郎、丸元淑生、内舘牧子、久世光彦、増田れい子、清水幾太郎、荻昌弘、安西水丸、五木寛之、野呂邦暢、手塚宗求、神吉拓郎、色川武大、東海林さだお、吉本隆明カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たルー大柴

    ライスカレー 1998年、主演・ルー大柴カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たくるり

    カレーの歌 (くるりカレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た池波正太郎

    (執筆者:吉行淳之介、井上靖、大佛次郎、永井龍男、秋岡伸彦、阿川弘之、池波正太郎、丸元淑生、内舘牧子、久世光彦、増田れい子、清水幾太郎、荻昌弘、安西水丸、五木寛之、野呂邦暢、手塚宗求、神吉拓郎、色川武大、東海林さだお、吉本隆明)カレーライス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示

「カレーライス」のニューストピックワード