254件中 21 - 30件表示
  • カレーライス

    カレーライスから見た日本郵船

    日本のカレーにおける付け合せは、福神漬やラッキョウ漬けを使用する事が一般的である。店によっては紅しょうが、ピクルス、レーズン、ナッツ、あるいはチャツネやオニオンスライスなどを添えることもある。具としてではなく、茹でジャガイモを添える例もある。最初に福神漬を添えることを考案したのは、日本郵船のヨーロッパ航路船でコックを務めていた「タキサダ・サダイチ」とされている。また、それらの付け合せ以外に、サラダをカレーの副食として食べることも多い。飲み物は辛さを和らげる牛乳やラッシーなど、あるいは水が添えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た資生堂

    1927年(昭和2年)、東京の「新宿中村屋」「資生堂パーラー」が、高級カレーライス(80銭、50銭)をメニューに載せる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た角川書店

    『ぽんカレー』 角川書店、2005年10月。ISBN 4048839411カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た東映

    カレーライス 1962年、東映、主演・江原真二郎カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た京王電鉄

    カレーライスは外食店の定番メニューとしても定着している。京王電鉄沿線では 、JRにおける立ち食い蕎麦店の位置をカレーライス専門店のカレーショップC&Cが占めているほどである。チェーン店は、壱番屋やエスビーカレーの王様など多数あり、ゴーゴーシステムなどは松井秀喜選手との関係で海外でニュースになることもある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た日本経済新聞社

    現在の日本の家庭では、カレー粉・小麦粉・油脂・旨味成分などを固形化した「インスタント・カレールウ」を使って調理する事が多い(フランス料理の「ルウ」とは別物である)。1926年(大正15年)にハウス食品が「ホームカレー粉」の商品名で初めて発売し、固形製品は、1954年(昭和29年)にエスビー食品が初めて発売した。2004年(平成16年)度の「カレールウ」の国内出荷額は約676億円で、各社のシェアはハウス食品約61%、エスビー食品約28%、江崎グリコ約10%と推計されており(日本経済新聞社)、ほぼ大手3社による寡占市場となっている。固形タイプ以外にも、フレーク状のものや顆粒状の製品もある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た新宿中村屋

    A.M.ナイル - 1949年に日本の東銀座で「ナイルレストラン」を開業し、新宿中村屋のラース・ビハーリー・ボースとともにインド式カレーライスを日本に伝えた一人。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た講談社

    森枝卓士『カレーライスと日本人』 講談社(講談社新書)、1989年7月。ISBN 4061489372カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た江崎グリコ

    現在の日本の家庭では、カレー粉・小麦粉・油脂・旨味成分などを固形化した「インスタント・カレールウ」を使って調理する事が多い(フランス料理の「ルウ」とは別物である)。1926年(大正15年)にハウス食品が「ホームカレー粉」の商品名で初めて発売し、固形製品は、1954年(昭和29年)にエスビー食品が初めて発売した。2004年(平成16年)度の「カレールウ」の国内出荷額は約676億円で、各社のシェアはハウス食品約61%、エスビー食品約28%、江崎グリコ約10%と推計されており(日本経済新聞社)、ほぼ大手3社による寡占市場となっている。固形タイプ以外にも、フレーク状のものや顆粒状の製品もある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た中村屋

    1927年(昭和2年)、東京の「新宿中村屋」が喫茶部を開業し、「純インド式カリ・ライス」を80銭(当時の大衆食堂のカレーライスの10倍の値段)で出した。日本で初めての本格的な「インドカレー」で、高値にもかかわらず1日300食を売り上げたという。カレーライス フレッシュアイペディアより)

254件中 21 - 30件表示

「カレーライス」のニューストピックワード