254件中 31 - 40件表示
  • カレーライス

    カレーライスから見た壱番屋

    カレーライスは外食店の定番メニューとしても定着している。京王電鉄沿線では 、JRにおける立ち食い蕎麦店の位置をカレーライス専門店のカレーショップC&Cが占めているほどである。チェーン店は、壱番屋やエスビーカレーの王様など多数あり、ゴーゴーシステムなどは松井秀喜選手との関係で海外でニュースになることもある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た仮名垣魯文

    1872年(明治5年)、北海道開拓使東京事務所でホーレス・ケプロン用の食事にライスカレー(当時の表記はタイスカリイ)が提供された。また、同年にカレーライスのレシピを記した本『西洋料理指南』(敬学堂主人)、『西洋料理通』(仮名垣魯文)が出版された。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た太平洋戦争

    カレーライスの日本国内への普及に関して、旧陸海軍の果たした役割は大きい。明治時代、日本海軍はイギリス海軍を模範としており、食事についても同様で、カレーは肉と野菜が摂れて栄養バランスがよく調理が簡単な点が注目され、艦艇でのメニューに採用された。徴兵制度の存在によって、現役や除隊した兵士達は、軍隊生活で慣れ親しんだカレーを郷里の家庭などで作ったことも、カレーライスが広まる要素のひとつであった。陸軍の糧食であった「ライスカレー」は太平洋戦争中には辛味入汁掛飯(カラミイリシルカケメシ)と呼ばれた。レシピにおいて、『大日本帝国海軍「海軍割烹術参考書」』によると海軍の「カレイライス」ではスープストックを用い、小麦粉を狐色になるまで炒めると書かれているのに対し、『大日本帝国陸軍「軍隊調理法」』によると陸軍の「ライスカレー」では特にだしに関する記載はなく、ルーも小麦粉とカレー粉をラードで攪拌すると書いてあるのみであった。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たレシピ

    1872年(明治5年)、北海道開拓使東京事務所でホーレス・ケプロン用の食事にライスカレー(当時の表記はタイスカリイ)が提供された。また、同年にカレーライスのレシピを記した本『西洋料理指南』(敬学堂主人)、『西洋料理通』(仮名垣魯文)が出版された。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たウィリアム・スミス・クラーク

    1876年(明治9年)、当時、札幌農学校の教頭として来日していたウィリアム・スミス・クラークが、「生徒は米飯を食すべからず、但しらいすかれいはこの限りにあらず」という寮規則を定める。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たA.M.ナイル

    日本におけるインド人による初の本格的なインド料理店は、1949年(昭和24年)にA\.M\.ナイルが東京銀座で開店した「ナイルレストラン」である。続いて1954年(昭和29年)にジャヤ・ムールティが東京阿佐ヶ谷に「アジャンタ」を開店している。A.M.ナイルの息子G. M. ナイルはナイルレストランを引き継ぎ、そのキャラクターが買われて芸能人としてもメディアで活躍した。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た牛肉

    日本にはじめてカレーライスの調理法を紹介したのは、1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』(敬学堂主人)である。食材として「ネギ・ショウガ・ニンニク・バター・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」を挙げている。同書はインドのチャツネも掲載しているがカレーとは結び付けられていない1。また、同じ年に出た『西洋料理通』(仮名垣魯文)は、「牛肉・鶏肉・ネギ・リンゴ・小麦粉・ユズ・カレー粉」を挙げている。しかしカエル肉を使ったレシピはあまり普及せず、ネギ(長ネギ)も大正時代にはほぼタマネギに置き替わった(後述)。現在、カレーの具の「三種の神器」と呼ばれているジャガイモ・ニンジン・タマネギは、明治のはじめにはまだ珍しい「西洋野菜」であったが、開拓地の北海道を中心に徐々に生産が広がった。大正時代後期( 関東大震災後)には、東京庶民が気軽に利用してきた外食店の蕎麦屋が、カレー南蛮やカレー丼のような和洋折衷料理を出すようになり、また和・洋・中となんでも扱う大衆レストランでも、比較的安価な洋食として、人気メニューとなった。国産の安価なカレー粉が登場したこともあいまって、このころ現在の日本のカレーライスの原型が完成したと考えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たホーレス・ケプロン

    1872年(明治5年)、北海道開拓使東京事務所でホーレス・ケプロン用の食事にライスカレー(当時の表記はタイスカリイ)が提供された。また、同年にカレーライスのレシピを記した本『西洋料理指南』(敬学堂主人)、『西洋料理通』(仮名垣魯文)が出版された。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た移民

    明治初期から日本人移民の多いハワイでは、日本料理店だけでなく、大衆レストランや伝統的なハワイ料理店のメニューにもカレーライスが載っていることが多い。日本の明治・大正期的な黄色いカレーが主流であるが、近年はCoCo壱番屋の進出や、タイやベトナムなどからの移民の増加により、さまざまなバリエーションのカレーが食べられるようになっている。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た鶏肉

    日本にはじめてカレーライスの調理法を紹介したのは、1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』(敬学堂主人)である。食材として「ネギ・ショウガ・ニンニク・バター・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」を挙げている。同書はインドのチャツネも掲載しているがカレーとは結び付けられていない1。また、同じ年に出た『西洋料理通』(仮名垣魯文)は、「牛肉・鶏肉・ネギ・リンゴ・小麦粉・ユズ・カレー粉」を挙げている。しかしカエル肉を使ったレシピはあまり普及せず、ネギ(長ネギ)も大正時代にはほぼタマネギに置き替わった(後述)。現在、カレーの具の「三種の神器」と呼ばれているジャガイモ・ニンジン・タマネギは、明治のはじめにはまだ珍しい「西洋野菜」であったが、開拓地の北海道を中心に徐々に生産が広がった。大正時代後期( 関東大震災後)には、東京庶民が気軽に利用してきた外食店の蕎麦屋が、カレー南蛮やカレー丼のような和洋折衷料理を出すようになり、また和・洋・中となんでも扱う大衆レストランでも、比較的安価な洋食として、人気メニューとなった。国産の安価なカレー粉が登場したこともあいまって、このころ現在の日本のカレーライスの原型が完成したと考えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

254件中 31 - 40件表示

「カレーライス」のニューストピックワード