254件中 71 - 80件表示
  • カレーライス

    カレーライスから見たニンニク

    日本にはじめてカレーライスの調理法を紹介したのは、1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』(敬学堂主人)である。食材として「ネギ・ショウガ・ニンニク・バター・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」を挙げている。同書はインドのチャツネも掲載しているがカレーとは結び付けられていない1。また、同じ年に出た『西洋料理通』(仮名垣魯文)は、「牛肉・鶏肉・ネギ・リンゴ・小麦粉・ユズ・カレー粉」を挙げている。しかしカエル肉を使ったレシピはあまり普及せず、ネギ(長ネギ)も大正時代にはほぼタマネギに置き替わった(後述)。現在、カレーの具の「三種の神器」と呼ばれているジャガイモ・ニンジン・タマネギは、明治のはじめにはまだ珍しい「西洋野菜」であったが、開拓地の北海道を中心に徐々に生産が広がった。大正時代後期( 関東大震災後)には、東京庶民が気軽に利用してきた外食店の蕎麦屋が、カレー南蛮やカレー丼のような和洋折衷料理を出すようになり、また和・洋・中となんでも扱う大衆レストランでも、比較的安価な洋食として、人気メニューとなった。国産の安価なカレー粉が登場したこともあいまって、このころ現在の日本のカレーライスの原型が完成したと考えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た馬肉

    カレーは地元をアピールする為の食材を利用しやすく、地名を入れて名づけた製品が多い。インターネットの発達によりパッケージや調理例の写真が簡単に広く宣伝をする事が出来るので、このような町おこしの材料として開発されるご当地カレーは日本各地に見られる。昭和時代初期頃には、地元で豊富に存在した食材(北海道 - タコ、福島 - ホッキ貝、熊本 - 馬肉など)を利用したカレーが、地方によって食べられていたが、新たに作り上げた名物が多い。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たカレーうどん

    明治時代後期頃までは西洋料理店がカレーライスの主な媒介的存在となっていたが、明治時代末期より食堂のメニューにライスカレー・カレーうどん・カレーそばが出るようになってから次第に大衆化されていった。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た陸上自衛隊

    陸上自衛隊でも各部隊ごとに独自のレシピによるカレーがあり、催事などでは一般の見学者に振舞われ、人気となっている。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たナス

    沖縄県は日本が1945年(昭和20年)に太平洋戦争で敗戦したのち、1972年(昭和47年)に返還されるまで27年もアメリカ合衆国の統治下におかれ、本土と隔離されていた。かかる事情により、いまでも古い食堂やレストランに平皿のライスに黄色いカレーがまんべんなくかかった、具の少ない戦前式のカレーライスが残っている。ただしアレンジが加えられていることも多く、じゃがいもが冷凍のフレンチフライだったり、具の肉がSPAMだったり、ピーマンやナスが入っていたりする。沖縄では、特にピーマンは、にんじん・タマネギ・じゃがいもと並ぶ、カレーに必須の野菜と呼べるものになっている。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たコメ

    コメを主食とする日本人の感覚から「ライス」を強調する意味で前に出したものである。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たカキ (貝)

    日本にはじめてカレーライスの調理法を紹介したのは、1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』(敬学堂主人)である。食材として「ネギ・ショウガ・ニンニク・バター・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」を挙げている。同書はインドのチャツネも掲載しているがカレーとは結び付けられていない1。また、同じ年に出た『西洋料理通』(仮名垣魯文)は、「牛肉・鶏肉・ネギ・リンゴ・小麦粉・ユズ・カレー粉」を挙げている。しかしカエル肉を使ったレシピはあまり普及せず、ネギ(長ネギ)も大正時代にはほぼタマネギに置き替わった(後述)。現在、カレーの具の「三種の神器」と呼ばれているジャガイモ・ニンジン・タマネギは、明治のはじめにはまだ珍しい「西洋野菜」であったが、開拓地の北海道を中心に徐々に生産が広がった。大正時代後期( 関東大震災後)には、東京庶民が気軽に利用してきた外食店の蕎麦屋が、カレー南蛮やカレー丼のような和洋折衷料理を出すようになり、また和・洋・中となんでも扱う大衆レストランでも、比較的安価な洋食として、人気メニューとなった。国産の安価なカレー粉が登場したこともあいまって、このころ現在の日本のカレーライスの原型が完成したと考えられる。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見た上海市

    中国では、ホテルのレストランなどでカレーライスを出しているほか、日本料理レストランや日式拉面店(日本式ラーメンの店)で「カレー」を出している店は多い。中華料理でポピュラーな食材や調味料を使うことが多い。「咖哩」(カーリー)もしくは「珈竰」(発音同じ)と表記される。日本風のカレーライスは一般の中国人にはあまりなじみのない料理だったが、イギリス風の鳥肉のカレーライスは普通の家庭料理で、近年上海に日本のカレーチェーンが開店するなど、日本風のカレーライスも徐々に広まりつつある。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たフードテーマパーク

    横濱カレーミュージアム - かつて営業していたフードテーマパーク。運営は2007年3月31日終了。カレーライス フレッシュアイペディアより)

  • カレーライス

    カレーライスから見たキムチ

    韓国では日本統治時代に普及した。韓国のカレーは、汁気が多く、甘口である。その後、日本の大手チェーン店が出店し人気となっている。米飯とカレーを良くかき混ぜて食べる。付け合せはキムチやタンムジ(沢庵漬け)であり、外食店ではテンジャンクッ(韓国風の味噌汁)が付く。カレーライス フレッシュアイペディアより)

254件中 71 - 80件表示

「カレーライス」のニューストピックワード