418件中 51 - 60件表示
  • 北海道生搾り

    北海道生搾りから見たカロリーカロリー

    エネルギー:44 kcal北海道生搾り フレッシュアイペディアより)

  • 瞬間油熱乾燥法

    瞬間油熱乾燥法から見たカロリーカロリー

    但し、油を使うためカロリーが高くなってしまう事や、麺本来の風味・歯応えが失われてしまうなどの欠点もある。これを解消したのがフリーズドライを応用したノンフライ製法であるが、これも逆に瞬間油熱乾燥法よりコスト・手間がかかるという欠点があるため、現在でも、この瞬間油熱乾燥法はインスタントラーメンを作るための基本的な製造技術として受け継がれている。瞬間油熱乾燥法 フレッシュアイペディアより)

  • 蜜食動物

    蜜食動物から見たカロリーカロリー

    ハチドリ科 :鳥綱- ハチドリ目(もしくは、アマツバメ目)。蜜食動物として特化した鳥類。蜜が高カロリーであるからこそ彼らは生存できる。蜜食動物 フレッシュアイペディアより)

  • ハムエッグ

    ハムエッグから見たカロリーカロリー

    栄養豊富でカロリーも高く、また調理も簡便であるなどの理由から朝食の惣菜とされることが多い。ハムエッグ フレッシュアイペディアより)

  • コークス

    コークスから見たカロリーカロリー

    石炭を高温で蒸し焼きにする乾留工程により、硫黄、コールタール、ピッチ、硫酸、アンモニアなどの成分が抜ける。この工程を経る事で燃焼時の発熱量が元の原料の石炭より高くなり、高温を得ることができることから、蒸気機関車や鉄鋼業などを中心に、現在においても重厚長大産業には欠かせない燃料となっている。外見は石炭に似るが、多孔質であるため金属光沢は石炭に比して弱い。多孔質は、乾留(1,300℃以上)の際に石炭中の揮発分が抜けてできるものであり、結果的に炭素の純度が高まり高温度の燃焼を可能とする。コークス フレッシュアイペディアより)

  • SOYJOY

    SOYJOYから見たカロリーカロリー

    上記のシリーズは1本30 g・130 kcal前後であるが、1本を18 g前後と小さくし80 kcalに統一した「カロリーコントロール80」も2007年に発売された。レーズンアーモンド・カカオオレンジ・アップル・ストロベリーの4種類がセットで販売されている。SOYJOY フレッシュアイペディアより)

  • 冷凍能力

    冷凍能力から見たカロリーカロリー

    物体を冷却する能力を定量的に求めるためには、「単位時間当たりの、物体から奪う熱の量」を求めればよい。SIでは、ジュール毎秒(J/s)すなわちワット(W)を用いることになるが、冷凍能力は慣習的にキロカロリー毎時(kcal/h)を用いることが多い。1 kcalは、正確に4184 Jであるから、1 kcal/ h = 4184/3600 J/s ≒ 1.162 W である。冷凍能力 フレッシュアイペディアより)

  • スタラグ・ルフト III

    スタラグ・ルフト IIIから見たカロリーカロリー

    通常の健康な活動しない人に推奨される1日の摂取する食べ物は2,150 カロリーである。スタラグ・ルフト IIIは、「非労働」のドイツ人の民間人用に規定されている1日当たり1,928 カロリーの糧食を支給し、残りは英赤十字社からの小包と捕虜の家族から送られてくる品々で補填していたほとんどの収容所では慣習として赤十字社からと個人宛の小包は一旦集められ個々人に平等に分配された。収容所には「フーダコ」(Foodacco)と呼ばれる公式の内部での交換制度もあり、捕虜達はどのような配給品でも「ポイント」で売ることができ、そのポイントは他のもので「使用」することができた。ドイツ側は捕虜の将校に給与と同等額を収容所内通貨(ラガーゲルト:lagergeld)で支給し、ドイツ側の監督下で製造を許可されたものであれば購入することができた。3カ月毎に販売するために酒保で弱いビールを作ることが許可された。下士官は如何なる「給与」も支給されず、収容所では将校が自身の給与の1/3を下士官が使用するために供出することが慣例となっていたが、スタラグ・ルフトIIIでは「ラガーゲルト」の全額が共同利用のために徴収された。英政府は捕虜の軍人給与から収容所内給与を差し引く方針であったため、その他の収容所では共同利用徴収はされなかった。それによりスタラグ・ルフト IIIの英軍の酒保の売り上げの多くは米軍将校によるものであった。スタラグ・ルフト III フレッシュアイペディアより)

  • おやつ

    おやつから見たカロリーカロリー

    食事の間が長時間あく文化において、また昼寝を取らなかった時の眠気覚ましで食べるようになった、とも言われる。江戸後期の戯作者、曲亭馬琴の日記には、まんじゅう、せんべい、団子など菓子が頻繁に登場する。三代歌川豊国 の浮世絵には、魚をかたどった砂糖菓子「金花糖(きんかとう) 」を子どもに与える姿も見られたという。こういった習慣はイギリスにおけるアフタヌーン・ティー(ハイティーとも)にも見られ、日中の栄養(特にカロリー)補給の意味合いからか、甘いもの(糖質)や炭水化物が主体となる傾向も見られる。おやつ フレッシュアイペディアより)

  • 国立病院ダイエット

    国立病院ダイエットから見たカロリーカロリー

    国立病院ダイエット(こくりつびょういんダイエット)とは、日本で流行したダイエット法の1つ。ゆで卵やグレープフルーツを中心とした献立による極端な食事制限によって、摂取するカロリーを落とし、短期間で最大の効果を上げることを主眼に置いたダイエット法である。インターネットでこの方法が流れたことにより盛り上がりを見せ、2002年頃に流行した。しかし、そもそもメニューの出典が不明である 上、その科学的根拠には疑問が多く、特に栄養や摂取カロリーが不足することで生命に危険をもたらすことになるとされる。国立病院ダイエット フレッシュアイペディアより)

418件中 51 - 60件表示

「カロリーコントロール」のニューストピックワード