290件中 61 - 70件表示
  • アドレナリン受容体

    アドレナリン受容体から見たカロリーカロリー

    ノルアドレナリンが褐色脂肪細胞上のβ3受容体に結合すると、UCP1(脱共役タンパク質)が生成され、ミトコンドリアで脱共役が起こり熱が産生される。動物の冬眠時に良く見られる運動に伴わない熱産生の手段である。日本人を含めた黄色人種ではβ3受容体の遺伝子に遺伝変異が起こっていることが多く、熱を産生することが少ない反面、カロリーを節約し消費しにくいことから、この変異した遺伝子を節約遺伝子と呼ぶことがある。アドレナリン受容体 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ政策の見直し

    ドイツ政策の見直しから見たカロリーカロリー

    当時の西側勢力にとって最大の懸念は、貧困と飢餓がドイツ人を共産主義へと追いやることであった。ルーシャス・クレイ将軍は、「1日当たり1,500カロリー摂取できる共産主義者となることと、1,000カロリーしか摂取できない民主主義者となることとの間には、選択の余地などない」と述べた。ドイツ政策の見直し フレッシュアイペディアより)

  • 学校給食ソフト

    学校給食ソフトから見たカロリーカロリー

    それまではワープロを使用してカロリー計算書や食材発注書を作成していた。しかし、各種計算や集計作業などはほとんど手作業であった。ワープロが衰退し、パソコンの普及に伴い、パソコン用学校給食ソフトが登場した。それが「学校給食献立管理システム」である。学校給食ソフト フレッシュアイペディアより)

  • 京都市交通局50系電車

    京都市交通局50系電車から見たカロリーカロリー

    冷房装置は、各車両に三菱電機製集約分散式CU781(能力13,500kcal/h)を2基装備する。京都市交通局50系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道610系電車

    伊予鉄道610系電車から見たカロリーカロリー

    冷房装置は、伊予鉄道の標準である三菱電機製集約分散式CU127R(冷凍能力10,500kcal/h)を1両につき3基搭載する。運転室背面の仕切り構造は大阪市営地下鉄を走行する大阪市交通局66系や北大阪急行電鉄の8000系などと共通である。伊予鉄道610系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西武5000系電車

    西武5000系電車から見たカロリーカロリー

    冷房装置は日立製作所製の集中式冷房装置FTUR-375-203A(冷凍能力28,000kcal/h)を1両当たり1基搭載した。冷房装置の種類決定に際しては、後述の通り本系列はモハ5000・5050形奇数車にパンタグラフを2基搭載することから、分散式冷房装置を採用した場合、搭載スペースの都合上所定の能力を得られないことが懸念され、集中式冷房装置に決定したという経緯を有する。西武5000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 三木鉄道ミキ180形気動車

    三木鉄道ミキ180形気動車から見たカロリーカロリー

    機関直結方式、冷房能力22000kcal/hの冷房装置を装備した。三木鉄道ミキ180形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 北条鉄道フラワ1985形気動車

    北条鉄道フラワ1985形気動車から見たカロリーカロリー

    冷房能力22,000kcal/hの機関直結式冷房装置を装備した。北条鉄道フラワ1985形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄20000系電車

    近鉄20000系電車から見たカロリーカロリー

    空調装置はTc車展望席・M車が床下に冷凍能力12,500kcal/hのヒートポンプ式、Tc車階上席と階下席は乗降扉横に床置きで冷凍能力は15,000kcal/h、Tc車サロンコーナー部は屋根上に冷凍能力15,000kcal/hの分散式をそれぞれ搭載する。近鉄20000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 太平燕

    太平燕から見たカロリーカロリー

    近年は、比較的低カロリーな春雨を使用し、具に野菜を豊富に使うことから、「ヘルシー志向の麺」として注目されており、2005年には東洋水産、エースコック、西日本食品工業からカップ麺として発売された。また同年に、一部のコンビニでも販売された。さらに2006年にヨネザワフーズから国内産春雨を使用したカップ太平燕が発売されている。具をレトルトパックにした商品もあり、味千ラーメンもこのような商品を販売している。太平燕 フレッシュアイペディアより)

290件中 61 - 70件表示

「カロリーコントロール」のニューストピックワード