290件中 81 - 90件表示
  • 富士急行5000形電車

    富士急行5000形電車から見たカロリーカロリー

    客用扉は、1,300mmの両開扉を片側につき2か所備えている。座席は、扉付近にロングシート、扉間および車端にボックスシートを備えるセミクロスシートである。また、富士急行の車両として初めて、冷凍能力10,000kcal (11.6kW) の分散式冷房装置を屋根上に4基搭載している。定員128名(座席72名)。富士急行5000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘糧食 I型

    戦闘糧食 I型から見たカロリーカロリー

    おかず缶も主に醤油風味の味付けで、和食が充実したメニューである。ウインナー等の洋食もあり、一般的にレトルトの戦闘糧食II型より評判は良い。特に、たくあんの缶詰は隊員達には好評で、演習終了後酒の肴としても食せるためカンメシの傑作との評もある。全体としての内容は、成人男性が運動を行った場合に必要なカロリー(約1,800kカロリー)を元に構成されている。戦闘糧食 I型 フレッシュアイペディアより)

  • LBSC (人物)

    LBSC (人物)から見たカロリーカロリー

    多くの模型機関車に関する著作を遺しており、それらは今尚、愛好家の間で利用される。彼の設計した模型機関車はカロリーが高く、灰が少ない良質のウェールズ炭の使用を前提としたボイラーが多く、ウェールズ炭の入手の困難な地域では蒸気発生量が下がる。LBSC (人物) フレッシュアイペディアより)

  • そらジロー

    そらジローから見たカロリーカロリー

    ジャンプによる1日の消費カロリー=300kcalそらジロー フレッシュアイペディアより)

  • JR北海道733系電車

    JR北海道733系電車から見たカロリーカロリー

    空調装置は集中式のN-AU733形を屋根上に1基搭載する。冷暖房兼用で冷房能力は34.9kW (30,000kcal/h) 、暖房能力は20kWである。このほか、座席下に吊り下げ式暖房器を設置している。JR北海道733系電車 フレッシュアイペディアより)

  • トゥインキー

    トゥインキーから見たキロカロリーカロリー

    トゥインキー1個当たり約145キロカロリー(607キロジュール)を含んでいる。トゥインキー フレッシュアイペディアより)

  • オレオ

    オレオから見たカロリーカロリー

    ビッグ・スタッフ・オレオ(1989年開発)……標準的なオレオの数倍のサイズがある。1個単位で販売され、1個当たり316カロリーと13グラムの脂肪分を含んでいた。1991年に生産中止された。オレオ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄18000系電車

    近鉄18000系電車から見たキロカロリーカロリー

    車内設備は、車体幅の関係で大阪線向けの11400系と同等とはできず、680系同様に転換クロスシートを採用しているが、狭い車内で最大限に座席幅を確保すべく2250系からの流用品ではなく新設計品が採用された。内装のカラースキームは同時期設計の16000系に準じており、のちに11400系と同様になった。車端部には、奇数車に車内販売の基地、偶数車にトイレ・洗面所が設置された。冷房装置は11400系や680系などと同じ東芝製のRPU1103(冷凍能力4,500kcal/h)分散式ユニットクーラー5基が搭載された。近鉄18000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • プリップス

    プリップスから見たカロリーカロリー

    カロリーのラガービール。プリップス フレッシュアイペディアより)

  • タコベル

    タコベルから見たカロリーカロリー

    1990年代前半、「」と表記される食品の栄養価に関する圧力から、メニューの改変を余儀なくされる。これは、「」(低カロリー)という言葉が曖昧であり、誤解を招く恐れがあると考えられたためである。そのため、多くの商品がメニューから完全に消えることになった。その内の一つは、牛肉、サワークリーム、レタス、チーズ、トマトを揚げたトルティーヤで挟んだ、「タコ・ライト」という品目だった。栄養価を変えるために、塩分を減らす目的で黒オリーブが材料から外される等、数品目が改められた。タコベル フレッシュアイペディアより)

290件中 81 - 90件表示

「カロリーコントロール」のニューストピックワード