51件中 31 - 40件表示
  • カロリー

    カロリーから見た密度

    一般に、水 1 g の温度をt−0.5℃からt+0.5℃に上げるのに必要な熱量をt度カロリー(、記号:calt)という。ただし例外的に、0度カロリーは、0℃から1℃までで定義される。そのほか、20度カロリー、17度カロリー、4度カロリー(事実上3.98度カロリーと同じ。水の密度が最大になる温度)などが使われる。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た物理単位

    カロリー(, 記号:cal)は、熱量の単位である。「カロリー」という言葉は、ラテン語で「熱」を意味する に由来する。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見たギガ

    カロリーにはSI接頭辞を付けることができる(もちろんSIではカロリーもその倍量・分量単位も認められない)。栄養学ではキロカロリー (kcal = 1000 cal) がよく使われる。大きな熱量を示すときには、メガカロリー (Mcal = 10 cal) やギガカロリー (Gcal = 10 cal) も希に使われる。一方、ミリカロリー (mcal = 0.001 cal) などの分量単位はほとんど使われない。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た小数

    旧計量法カロリーは国際蒸気カロリーに近いが少し小さい。これは、旧国際蒸気カロリーの国際電気単位による定義を、換算なしでそのまま絶対単位による定義 1 cal = 1/860 Wh = 180/43 J ≒ 4.186 047 J としたためである。またさらにその数値を丸めて小数表現にしてある。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見たファストフード

    この用法から転じて、「カロリー」は食品の持つ栄養価としての生理的熱量そのものを指す言葉ともなっている。例「こんにゃくはカロリーが低い」「ファストフードはカロリーが高いから太りやすい」など。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た英熱量

    1888年、英国学術協会 () が、「水 1 g の温度を1℃上げるのに必要な熱量」をサーム(、現在のサーム = 10 BTU とは別)と名づけ、1896年、カロリーと改称した。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た国際標準化機構

    国際標準化機構 (ISO) の ISO 31-4 appendix B と ISO 80000-5 は、太字で示した国際蒸気表カロリー、熱力学カロリー、15度カロリーの3つを(非推奨の単位としてではあるが)挙げている。15度カロリーは実験的に値が決定される単位であり、ISOでは値を定めていない。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見たセルシウス度

    カロリーの元々の定義は、「1グラムの水の温度を標準大気圧下で1上げるのに必要な熱量」である。ただし水の比熱はその温度によって異なり、0℃で 4.218 J/g、34.5℃で 4.178 J/g の最小値、100℃で 4.216 J/g となる。そのため、何度の水で定義するかにより各種の「カロリー」が生まれることになる。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た生理的熱量

    この用途でのカロリーは、日本を含む多くの国で生理的熱量を表す標準単位として広く用いられ、計量法改正でも「用途を限定する非SI単位」と定義され、SI単位への移行からは除外されているが、今後は政策的にSI単位であるジュール(1 cal = (正確に)4.184 J)に置き換えられていく予定となっている。海外(アメリカを除く)の食品では、ジュール表記を併記したものもある。カロリー フレッシュアイペディアより)

  • カロリー

    カロリーから見た燃焼

    摂取する食物から得られる栄養学的熱量と、運動や基礎代謝によって消費される熱量について適用され、生物が生理的に代謝したエネルギー1カロリーは空気中での酸化反応(燃焼)によって発生した熱量1カロリーと等しいと定義される。カロリー フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「カロリーコントロール」のニューストピックワード