前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
790件中 1 - 10件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    25日 - 【日本・高校】旧広島市民球場で広島観音?広島工業の試合終了後に終球式が行われた。最後の一球を第49回全国高等学校野球選手権大会で準優勝した広陵の元エース宇根洋介が投じた。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    「俺は広島初の年俸2000万円捕手になるんだ!」と意気込んで広島市民球場の球団事務所での年俸交渉に臨んだある年、球団側は「達川、これは税金対策だ。この方が君の手取りは多くなる」と年俸1980万円を提示した。それを聞いた達川は、「この20万を足して年俸2000万にして下さい。不足分を私が出す。文句は無いでしょう」と、自分の財布から20万円を取り出して詰め寄った。球団もついにその熱意に負け、達川は晴れて球団初の2000万円捕手となった。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    から登録名を「和広」から「寿樹」に変更すると、同年4月20日の対読売ジャイアンツ戦(広島市民球場福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    4月3日の広島市民球場での中日ドラゴンズとの開幕戦で、史上最年長となる42歳での開幕投手を務めた。同年4月12日に通算146勝目を記録。これにより記録した21年連続勝利はに山本昌に更新されるまではセ・リーグ記録であった。だが、持病となっていた血行障害が悪化し、8月4日の巨人戦において高橋由伸に逆転3ランを打たれたことをきっかけに引退を決意した。9月27日の自身の引退試合(相手球団は同年の日本シリーズを制覇する横浜ベイスターズ)は、既に消化試合であったにもかかわらず球場は満員であった。登板は中根仁に対するリリーフだけであったが、初球のストレートは146km/hを記録し、最後は142km/hのストレートで空振り三振に切って取った。中根は、引退試合の礼儀から対戦前から三振することを決めていた。しかし、初球の146km/hのストレートを見て「これは本気でぶつからないと失礼だ」と感じ、全力で向かい三振に終わった。試合後の挨拶では、大野の人徳からか対戦した横浜の選手までもがセレモニーに参加しその中で「我が選んだ道に、悔いはなし!」と答え、ファンの大歓声を受けた。広島の選手やファン以外に、対戦相手である横浜の選手・ファンも涙していた。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1991年は先発に専念。シーズンを通して17勝・防御率2.44を挙げ、最多勝利、最優秀防御率の二冠に輝き、チームのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、シーズンMVP、沢村賞、ベストナイン(最優秀投手)を獲得。この年、4月25日の阪神タイガース戦の3回から5月11日の中日ドラゴンズ戦の7回まで、4試合にかけて30イニング連続無失点の球団新記録を達成(2009年に大竹寛に更新される)。また10月23日の西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦(広島市民球場)で先発し、8回一死まで無安打無得点に抑えた。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    4月10日 - 広島対巨人第1回戦(広島)の8回表、広島・マーティ・ブラウン監督がストライク・ボールの判定に不服を唱えて暴言を吐いたとして退場。また退場時にホームベースを隠すようにスパイクで土をかぶせた。セ・リーグは11日、これらの一連の行為に対して厳重戒告と制裁金10万円の処分を科した。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    2002年は開幕から先発出場し、4月5日の広島市民球場での対中日戦で、山本昌から約2年ぶりの本塁打を放つ。4月6日の試合中では、前田の走塁に不満を持ったルイス・ロペスに暴行を受けた。4月は5番、5月以降は6番打者として先発出場していたが、8月以降は5番に定着。打率3割を記録し、同年のカムバック賞を受賞した。2003年は移籍した金本知憲に代わってレフトを守る。2004年、開幕戦の4月2日から4月23日まで19試合連続安打(開幕からの連続試合安打としては球団記録。歴代では4位)。シーズンでは2年ぶりに打率3割に到達した。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    巨人・小笠原道大内野手が、対広島第14回戦(広島)の1回表にベン・コズロースキー投手から二塁打を放ち、史上49人目となる通算300二塁打を達成。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    6月の広島戦では球団通算7500号本塁打を放ち、対戦投手は2000年にも球団通算節目の本塁打を放った高橋建だった。8月3日の広島戦(旧広島市民球場)ではフェンス際でジャンピングキャッチを試みた際に左足かかとを強打し戦線離脱。その復帰第1戦となった9月16日の横浜ベイスターズ戦では同様のフェンス際の打球でジャンピングキャッチを決めた。本塁打・打点は前年から大幅に成績を下げてしまうが、2年連続で打率3割をキープした。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た広島市民球場 (初代)広島市民球場 (初代)

    1999年には一時捕手への再転向案が浮上し、公式戦でも4試合捕手を守った。この頃よりユーティリティープレイヤーとなり、この年だけで投手・一塁手以外の全ポジションを守っている。同年は広島市民球場のバックスクリーンにプロ初本塁打を放つなど課題のバッティングも向上し、2000年には1番打者として初の規定打席に到達したのに加え、打率2割8分8厘、10本塁打、30打点、165安打の好成績を残すなど10年目にしてブレイクした。以降は3年連続して130試合出場するなど、チームにとって欠かせない存在となる。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
790件中 1 - 10件表示

「カープファン情報」のニューストピックワード